2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

■親鸞会の大学生サークル◎新入生入会迫る!■

1 :名無しさん@3周年:04/05/25 00:30 ID:gIvT7RVq
御父兄に知って頂きたい『宗教法人浄土真宗親鸞会』
http://homepage2.nifty.com/nonsect/newpage1.htm

浄土真宗親鸞会について考えるページ
http://homepage1.nifty.com/you/

親鸞会同窓会喫茶
http://www.geocities.jp/tearoomclover/clovertop.html


952 :名無しさん@3周年:04/07/11 21:44 ID:Xm6VGxof
>>939
教行信証には「同体の大悲」という言葉が使われているようです。

>諸仏は言行あひ違失したまはず。
>たとひ釈迦一切凡夫を指勧して、この一身を尽して専念専修して、
>捨命以後さだめてかの国に生るるといふは、すなはち十方の諸仏
>ことごとくみな同じく讃め、同じく勧め、同じく証したまふ。
>なにをもつてのゆゑに、同体の大悲のゆゑに。
>一仏の所化はすなはちこれ一切仏の化なり。
>一切仏の化はすなはちこれ一仏の所化なり。
真宗聖典 P219 段落4

>どうたいのだいひ【同体の大悲】同じ真如のさとりからおこった大悲ということ。

仏さまの心のことを「大悲」と言いますが、「同体の大悲」と言う場合もあります。
仏さまは、いつも私たちの苦しみをご自身の苦しみとして同感してくださっています。
衆生が悲しいときには、いっしょに悲しんでやろう、衆生がつらいときにも、
いっしょに苦しんでやろうとされるのが仏さまの「大悲」のお心です。
もちろん、衆生の喜びは、仏さまの喜びでもあります。
そして仏さまは、生きることに苦しみもがく衆生を何とかして救ってやりたいといつも思っておられます。
私たちの心に、常に寄り添っていてくださる仏さまの思いやりの心のことを、「同体の大悲」と言います。
http://www5.ocn.ne.jp/~gokuouji/tayori3.htm

953 :名無しさん@3周年:04/07/11 22:01 ID:Xm6VGxof
>>944
今後、百年以内にT会長は死ぬだろう。
T会長の死後もS会は存続できるだろうか?
危ないんじゃないかな?
百年以内にS会が消滅する可能性が高いので、
その用語が広まる可能性も低いだろう。

954 :名無しさん@3周年:04/07/11 22:03 ID:APPhlHwF
自民党と結託する創価学会にサヨウナラしたいな、俺は。

955 :名無しさん@3周年:04/07/11 22:19 ID:Sq0tPTc6
民主、躍進確実に 自民は不振

956 :名無しさん@3周年:04/07/11 22:19 ID:Sq0tPTc6
>>954
 ま、そういうことだね。

957 :名無しさん@3周年:04/07/11 22:21 ID:Sq0tPTc6
自民党立候補者「私は聖教新聞を2部とっています!」

堂々と言うからね……

958 :名無しさん@3周年:04/07/11 22:21 ID:Sq0tPTc6
>>953

 どうでもいいじゃん。俺たちも100年以内にいなくなるよ。

959 :711:04/07/11 22:24 ID:GZQ9cKMf
皆様、こんばんわ。選挙行かれましたか?
これは私に対してのレスなのでしょうか?
>>942-943-944-945
通行人様へ
残念ながら、私の考究に影響を与えるようなご意見をS会(とみられる?)方々から頂戴
したことがございません。私の勝手な思いです、申し訳ございません。
信心への道は結構ですので、その信心とは如何なるものなのかご教示いただければ
幸いに存じます(できますれば「絶対の幸福」という言葉以外の言葉で
お願いいたしたく思います)。

さて、つづきを書きたいと思います。
>>822->>834->>835

「真の善行といふのは客観を主観に従へるのでもなく、又主観が客観に従ふのでもない。
主客相没し物我相忘れ天地唯一実在の活動あるのみなるに至つて、甫めて善行の極致
に達するのである。物が我を動かしたのでもよし、我が物を動かしたのでもよい。雪舟が
自然を描いたのでもよし、自然が雪舟を通して自己を描いたのでもよい。元来物と我と
区別あるのではない、客観世界は自己の反影といひ得る様に自己は客観世界の反影である。
我が見る世界を離れて我はない。天地同根万物一体である。」(「善の研究」)

風景を見て感動することがおありの方もおられると思います。私は今仕事で長野に
いるのですが、木曽の澄み切ったエメラルドグリーンの色をした水の流れを見たとき、
また、小林一茶の記念館から黒姫の山々を見たとき、言葉では言い表せない感動を
覚えました(語彙が豊富でないので詩的に表現することが出来かねます、申し訳ございま
せん。どうぞ長野にお越し下さい)。
(続く

雪舟【1420(応永二七年)〜1506(永正三年)】はいわずもがな、水墨画で知られる方で




960 :711:04/07/11 22:33 ID:GZQ9cKMf
>>959つづき
ありますが、雪舟が山々を描いたとき、果たして雪舟が山々を描いたのか?
山々が、雪舟をしてその絵画を描かしめたのか?
(続く)


961 :名無しさん@3周年:04/07/11 22:43 ID:Sq0tPTc6
民主党って、立正佼成会に票を依頼したんだっけ?

962 :名無しさん@3周年:04/07/11 22:44 ID:Sq0tPTc6

爽やかに語ろう親鸞会

http://life6.2ch.net/test/read.cgi/psy/1089260970/l50


963 :711:04/07/11 22:52 ID:GZQ9cKMf
>>952 名無しさんへ
ありがとうございます。今、教行信証を読ませていただいているのですが、気づきませんでした。
引用された文章は、私の意図している「同体の慈悲」を指し示しているものとは違いますが、

>仏さまの心のことを「大悲」と言いますが、「同体の大悲」と言う場合もあります。
>仏さまは、いつも私たちの苦しみをご自身の苦しみとして同感してくださっています。

仏陀というのはかくあるべきであると同感いたします。





964 :名無しさん@3周年:04/07/11 23:23 ID:Sq0tPTc6
>>961

信者数の多さでは、本願寺派が一番なんだよな?

選挙での何か、すりよりがあったかな。

ないだろうなあ。

965 :名無しさん@3周年:04/07/12 00:05 ID:/Q17/aWB
>>961

 さっき日テレで、やってたね。そのこと。

966 :名無しさん@3周年:04/07/12 00:06 ID:/Q17/aWB
立正佼成会の会合に、菅が出ていたこと。

967 :名無しさん@3周年:04/07/12 00:07 ID:/Q17/aWB
創価学会を糾弾しながらも、巨大組織に頼らざるをえない政治家は、あわれ。

968 :名無しさん@3周年:04/07/12 00:23 ID:/Q17/aWB
まあ、どうでもいいか。

969 :名無しさん@3周年:04/07/12 00:24 ID:/Q17/aWB
>>964

 つまり組織の強いところに、選挙応援の依頼がくるわけ。

 本願寺の組織は、強いと思いますか?

970 :名無しさん@3周年:04/07/12 00:25 ID:/Q17/aWB
>>957

 小泉が、池田○作の写真を褒めてたよな。

 票が欲しければ、何でも言うよ。

971 :名無しさん@3周年:04/07/12 07:35 ID:aUX5jHG0
>>970

 はあ。

972 :名無しさん@3周年:04/07/12 09:11 ID:aUX5jHG0

爽やかに語ろう親鸞会

http://life6.2ch.net/test/read.cgi/psy/1089260970/l50



973 :名無しさん@3周年:04/07/12 14:03 ID:aUX5jHG0
みなさん早く移動して爽やかに語ってくらさい


974 :名無しさん@3周年:04/07/12 14:09 ID:aUX5jHG0
sage

975 :名無しさん@3周年:04/07/12 18:13 ID:aUX5jHG0
975


976 :名無しさん@3周年:04/07/12 18:15 ID:aUX5jHG0
976

977 :名無しさん@3周年:04/07/12 21:14 ID:aUX5jHG0
さわやか〜

978 :名無しさん@3周年:04/07/12 21:15 ID:aUX5jHG0
>>966
 白のことですね。

979 :110:04/07/12 23:55 ID:MLYYEMUL
久しぶりに来てみると専用ブラウザが必要なくなってる…

>>651
>私のころはまだ大学のダミーサークルの名称も「歎異抄研究会」で、
>現在のように詐欺的手法も洗練して百花繚乱のダミーサークルが溢れか
>えっているような時代ではなかったですし、ネット対策で親鸞会批判
>サイトのダミーサイトを山とつくるような姑息な空気はなかったです
>からそういう疑問が起きるのも尤もかもしれませんね。

当然ですが私は教義の話をしています。それがそんなに察しづらいことでしたか。
やはり、あなたが誤解できないように書くことは極めて難しいようですね。
あなたの教義(もちろん本会で話されているところの)の理解が、無さすぎだと言っているのですよ。
まるで、聴聞に行ったことがないか、または行っても何も聞いていない人のように、です。

>>653
>以前もお尋ねしましたが、「横超の法門と横出の法門は別々でない」とする珍説のお聖教上の根拠を
>上げてください。あなたの主張は「自力と他力は別々のものとはいえない」といっているのと同じですよ。
連携しているのは19願、20願、18願のことです。
「19願によって救われようとする」横出と、「18願によって救われる」横超は別々です。

>真宗は凡夫直入ですよ。「難行の小路迷い易き」と教えられているのに親鸞会はどうして往生のた
>めにといって機教相応しない六度万行を勧めるのですか?332さんが>>664で解説しておられるよ
>うに「善行」は「三業相応」しなければ善ではありません。
親鸞聖人は三願転入された、と言われています。その聖人が、直入された、と告白されている。
されば、直入とは、三願転入して救われた、ということであるとは明白です。
また、19願の対機は、十方衆生です。「善ができると思っている」全ての人に対して言われているのです。
微塵の善もできない、と知らされるのは信後ですから。



980 :110:04/07/13 00:08 ID:Du+91zaL
上げてしまった。不覚。

>>653
>そうでないとあなた方が思われるのは「法門」に対する理解が無いか
>らです。証に対する信に対する行なのであって、「できないと知らされるために善を行じる」などという
>空観の欠落した教えは真宗ではありません。
その通りですね。そんな目的でやっていてはいけません。
やはり、三願をばらばらに考えると、訳が分かりませんね。
19願はひとえに専修(20願)に衆生を送り出し、20願は果遂(18願に入れさせる)の誓です。
聖人が御和讃でそのように仰る通り、三願は連携しているのですよ。

>>善に励めば励むほどご恩報謝になり、弥陀が喜ばれるのです。
>真宗において一番勧められる善は何ですか?根拠をもってお示しください。
聴聞に極まる、です。

>>一刻も早く信を獲るには、どうしたらよいのか。
>こういう考えをもって妙好人を訪ねられた同行がたは、どのように一喝された
>か思い出してみてください。
妙好人の伝承は、都合のいいように解釈されるので危険なのです。
その考えが起きるのは、宿善の厚い人なのです。
そういう気持ちの起きない、薄い人はどうしたらいいのですか?
あなたがたの説では、真宗の対機に非ず、で終了ですね。
厚くなるように、(一番は聴聞ですが)努めることが大事だ、ということですよ。



981 :110:04/07/13 00:26 ID:Du+91zaL
>>654
今生除外云々の件
未来の救いに向かって、宿善が厚くなるように心がけることが間違いだ、とあなた方は主張しているのです。
それは当然、その宿善は宿善ではない、という主張になるのですよ。
今宿善が厚くなるよう心がけた人が、一年後救われたとすると、振り返ってその善を喜ぶのかどうか。
救いの障りになるのなら、獲信の因縁どころではありませんから、喜ばないでしょう。
獲信の因縁(宿善)になるから、喜ぶのです。

>「雑の言は、人、天、菩薩等、解行雑せるがゆえに雑といえり。本より往生の因種にあらず。回心
>回向の善なり、かるがゆえに浄土の雑行というなり。」
これは、雑行を説明された根拠です。

>信前の「宿善を求める心がけ」は「はからい」であって、「宿善を求める心がけ」による善行は雑行であり、
>「回心回向の善」であって、「往生の因種にあらず」と祖師は教えられています。
>ただ今の救いの妨げになります。

雑行をしていては救われない、という根拠ですね。全く的外れです。
最後の一文が浮いているのが分かりませんか。
宿善が厚くなるように、とは、当然、宿善開発に向かって、ということです。
そこまで進まなければ、助かりません。当然です。
その当然のことを示してくださったのですね。ありがとうございます。
本会の主張が、雑行をしていれば助かる、という主張だと思われているのでしたら、
ご自分の読解力を反省して下さい。


982 :110:04/07/13 00:46 ID:Du+91zaL
>>655
>「諸行(諸善)を廃して」、「諸行(諸善)は機にあらず、時をうしなへり」と仰せです。
>真宗は自力のものに往生のために諸善を勧める「すっとぼけた教え」ではないのです。
なるほど、それで思わず諸善を止めてしまったんですね。
諸善で救われる人はいませんし、できる人がありません。ですから念仏をお釈迦様がお勧めに
なっておられる、というお言葉です。

そろそろ混同をやめましょう。
信心正因ですから、我々の諸善が往生の足しになるのは、間違いです。
往生の因は、信心一つなのです。
しかし、遠く宿縁を喜べ、と言われた宿縁は、聖人が言われている通り、
「獲信の因縁」なのです。
往生の足しになることと、獲信の因縁になることは別なのです。
我々は、今、因縁になるかどうかの話をしています。
しかしあなた方は、根拠を出されるのは結構ですが、
どうもそれを混同しているとしか思えない根拠を出してこられるのです。

983 :110:04/07/13 01:11 ID:Du+91zaL
>>655
>私は「親鸞会の教えが浄土真宗であるかどうか」を検証しようとしているのです。
>「自力しかない者が、自力を原動力にする」教えがなぜ横超の法門であるのかをもう少し説明してください。
教えというよりも、信前は自力しかないのは事実です。

>>そして、我々にできることは、「行」だけです。
>これも特記すべき記憶に残る発言のひとつですね。
>「五濁悪時悪世界 濁悪邪見の衆生には弥陀の名号あたへてぞ 恒沙の諸仏すすめたる」(浄土和讃)
>末法五濁の衆生である我々に「行」ができる、とする真宗のお聖教上の根拠をあげてください。
これも、とは文脈もへったくれもありませんね。
ここで行といっているのは、行い、行為、の意味です。仰るとおり、業の意味ですね。
善行、修行、ではありません。

>>656
私1人が助かっていればいいと思っているのがあなた方の信心です。
これを我利我利根性といいます。
私だけでなく、1人でも多くの人に救われてもらいたい、という
自利利他の大乗の精神に乗っ取るならば、真宗の衰退を危惧して当然なのです。
仏教のイロハも分からないのでは、深遠な真宗の教えは分かるはずがありません。

>>564、何かと思ったら、あなたが議論のすり替えで出してきた主張じゃないですか。
何をそんなに堂々とされているのでしょうか?
無視だ、とは、あの文章を最後まで読んでいないことがよく分かります。



984 :110:04/07/13 01:18 ID:Du+91zaL
>>657
>>それなら、どんな人や団体に対しても尊敬してかしずけばいいことになります。
>必ずしもそうはいえませんね。もうすこし頭を冷やして自分の頭で考えてみてください。
あなたが、日蓮を尊敬するようなことを言っているのが、親鸞聖人と同じだと
主張しているのなら、それは身の程を知らないことですよ、と言っているのです。
聖人が日蓮を誉めておられましたか?
島流しにした権力者を尊敬していましたか?
真実の仏法を謗る者を、誉めることがどうしてありえるのか。
仏敵を尊敬するのは悪いことである。
こんなことも分からない子供の無責任な放言でしょうが、報いは必ず来ますよ。
ダイバに対する聖人の認識は、それを超越したものであり、我々が真似できることではないのです。

その上で、ですが。(これは発展的な内容を含みます、よく考えてください)
あなたが日蓮には上人とかしずくのに、そして正当性を主張するのに、
私たちに対しては全く逆です。尊敬、畏敬の心は微塵も見えません。

どちらも、あなたから見れば、仏法を謗る輩です。
その使い分けはどうやって決まっているのですか?
答えは簡単ですね。あなたの都合です。気に入らない相手は尊敬しない。
全て尊敬するなら首尾一貫しているのですが。

985 :110:04/07/13 01:38 ID:Du+91zaL
>>657
>虚仮の報謝・虚偽の報謝でも、報謝は報謝である、という思想ですか?イエスか、ノーか?お答えください。
>>根拠は、「信前でも感謝し、ご恩返しとして、万分の一にもならないが如来聖人の喜ばれることをさせていただく」
>ということが、事実ある、ということです。
>こういうのを根拠とはいいません。
事実は根拠にならないのですか。だから非現実的で事実に反する教義解釈がまかり通っているのですね。

>>657
>ジャンヌ派って誰のことですか??常々思いますが親鸞会のかたは、ラベリングが好きですよね。「本願寺」とか
>「ジャンヌ派」とか。本願寺の学僧がたの教義理解にしても東西で既に相違点はありますし、教義解釈は決して
>一様ではありませんが、親鸞会は「本願寺」と実体視していますね。「無我」説を学んだ仏教者の態度ではありま
>せん。「ジャンヌ」は、様々の立場のかたが親鸞会教義について議論される掲示板と認識しています。

自分はラベリングなんてしてない!という思いがあふれていますね。
若い人が多い2chではよくあることですが…。自分は特別、というのは無しにして下さい。
似たグループは一くくりに出来るのですよ。似ても似つかないのでは出来ませんが。

>在家のものが法施せよ、という教えは本来仏教にないわけですし、そもそも機教相応していないと真宗では
>教えられているのにかかわらず凡夫が「破邪顕正」などという本来聖道門の難行を往生行として実践すれば
>勝他という煩悩に囚われて悪業をつくる、といっているのです。あなたは「他人を説き伏せて親鸞会教に改宗
>させること」が法施になると思っているようですし、宿善になる、と理解しているようですが、私はそう見なして
>いない、そういうことです。
信前の法論は害が多い、という主張ならば、ある意味その通りです。
しかし、だからといって「法施にならない」とは絶対になりません。
人間の善は雑毒の善ですから、煩悩が入るのはいつでも同じことです。
「毒が混じったら雑毒の善にならない」とは、ならないのは当然です。

986 :110:04/07/13 01:44 ID:Du+91zaL
>>658
>>その表現に違和感があるとは、謗法罪の恐ろしさを全く知らないのですね。
>というよりも、
あなたのことを言っているのです。あなたのことについて、レスを返してください。

>あなたは「謗法罪」は「わたし」に向かって説かれている、という視点が見事に全く欠如していて、
>謗法して五逆をするのは他者だ、と理解しているかのような発言が多すぎるからです。専任講師の陥りやす
>い弊でしょうね。在家の凡夫に対して「破邪顕正せよ」と勧めることがいかに弊害があるかを端的に示す好例
>といえるでしょう。
そういう視点は全く欠如していません。あなたが知らないだけ、です。
仏法を人に伝えたらいけないと思っている人には分からないでしょうが。
他人に説くまま、自分に跳ね返ってくるものです。やってみたらわかりますよ。



987 :110:04/07/13 02:03 ID:Du+91zaL
>>659
自分も勝他と自覚しているなら、結構です。そういう旨を書きましたが。
読まれましたか?

>このあいだに門徒が爆発的に増えたのは、決して蓮師や門徒が「大衆を説き伏せて改宗させ」た成果ではなく、ひとつが
>「おふみ」による書簡伝道の成果、もうひとつは門徒・他流・他派が蓮如上人の徳に引かれて全国から吉崎に
>集まってきたことによる、というのはすでに定説です
概ね正しいでしょう。で、間違っているのはあなたの認識です。
説き伏せて改宗させた、とは一体なんですか?
私が言ったのは、御文を受け取った人が、自分だけではもったいないと、
口から口へ、胸から胸へ、その御文を読んで聞かせ、仏法を広めたのだ、ということです。
真実開顕イコール説き伏せて改宗させること、という認識は、極めて貧弱ですね。

>あなたの「内外廃立=自他共に徹底すべきこと」説のお聖教上の根拠が未だ挙がっていないようです
>が忘れずに挙げてください。特に「他」の部分について。
親鸞聖人のみ教えは自他共に徹底すべきことではないという主張をする人に
初めて会ったもので、対処法が分かりません。私の手に負えませんね。

>>人のことばかりで、自分を省みることがないあなたは、そもそもベクトルが存在しない。(中略) ベクトルがあるだけです。
>ベクトルは存在するのか、しないのか??意味不明です。
ネガティブで受動的なベクトルだけはありますよ。そういう意味です。

>>19願、20願に永久に留まるのなら、そういうこともありましょうが、 如来のお慈悲によって、 (以下略)
>・・・とあなたが思っておられる(思いたい)だけですね。
19願、20願は弥陀の願です。仏様の願には力があるのです。
それを認めないことがあなたの迷信の基幹のようですね。



988 :110:04/07/13 02:18 ID:Du+91zaL
>>661
>「御同朋」、「御同行」、「四海の同朋皆兄弟」に日蓮上人は含まれるのですか?
>ダイバダッタ尊者は含まれますか?
私や、本会は含まれますか?

>>662
>で、どこの部分が浄土真宗なのですか?教えてください。
>全部、とおっしゃるのなら、私は「横超とは〜」のご文で反論いたしますが。
全部です。
化身土巻は真宗じゃないのですか。ご和讃は真宗じゃないのですか。
親鸞聖人のみ教えが真宗なのです。

>観経顕説が真宗という主張ですか?
顕義は方便であると解釈するのが真宗です。
方便は真実に導くためのものであり、方便なくして真実には絶対入れません。



989 :110:04/07/13 02:38 ID:Du+91zaL
>>694
1)「信心正因、称名報恩」を親鸞会的には「信心正因、破邪顕正報恩」と
言い換えてもいいのですか?

駄目です。イコールではありませんし、仏語を我々が言い換えていいはずがありません。

2)祖師の「大行とは、無碍光如来の名を称するなり。」(行文類)の仰せ
は、親鸞会的には「大行とは、破邪顕正なり」 と言い換えても構わないと
いうことですか?

上に同じく。

3)横超の法門と横出の法門は同時に修行できるのですか?

19願の行人が18願に入るときは、19願を出るのですから、同時ということはありません。

4)「もし、この書を見聞せん者は、信順を因となし、疑謗を縁となし、
信楽を願力にあらわし、妙果を安養に あらわさん」(教行信証・後序)
質問:疑謗は宿善か否か?

宿善といっても、因と縁に分けて説明されることがあります。
疑謗は宿縁になります。謗ることが、そのまま縁となりますから。


990 :名無しさん@3周年:04/07/13 03:45 ID:gSzjesii
10

991 :名無しさん@3周年:04/07/13 03:47 ID:gSzjesii
9


992 :名無しさん@3周年:04/07/13 03:47 ID:gSzjesii
8

993 :名無しさん@3周年:04/07/13 03:48 ID:gSzjesii
7

994 :通行人のプロフィール:04/07/13 04:37 ID:z/EGJPGx
昭和45年 島根県邑智郡石見町に生まれる

[石見町のホームページ]
http://www.web-sanin.co.jp/local/iwami

かつてNHK特集「寺が消える」で過疎問題が報道されたのが舞台が邑智郡であった。交通の便も悪く、産業も無い。しかし、目の前に展開される石見町の自然の美しさは、人間の営みなど関係なく、変わらず存在している。
おやつなんていらない。学校帰りの道ばたに、野いちごやあけびなど無尽蔵に実をつけている。
猿が荒らす畑、猪が稲をなぎ倒す田んぼ、ひいじいさんはマムシに噛まれて死んだ。しかしそんな石見町が、私はとても大好きである。



995 :名無しさん@3周年:04/07/13 04:37 ID:z/EGJPGx
さて、 なんでも我が家は、太田道灌を祖先とするらしい。
長州征伐で浜田の戦いに参加した太田多吉郎氏が残した古文書によると、
太田道灌の孫である太田道杉入道が、豊臣秀吉の朝鮮出兵に従軍して帰国後、
先祖の菩提と弔うために各地を回り、この石見の地に住み着いたということらしい。
実家の近くには太田道杉入道の墓があると、亡くなった祖母から確かに教えられた。
真偽の程は、よく分からないが、太田道灌公が先祖とは、何とも光栄なことである。
いつも、東京国際フォーラムにある太田道灌銅像の前に立つと、
胸に込み上げてくるものがあるのだ。

絵心が芽生えたのはいつだったろう。保育園時代に日本地図を書く子供だと人気になったことがあるが、たぶん、そのころだったろう。
以来、小学生のころより学校の教科書はスケッチブックと化した。
特に分厚い国語の教科書は、パラパラまんがに最適だ。歴史の教科書などは、どの時代をめくっても、「太田帝国」が世界を統一していた。

将来は『マンガ家』を目指した。夢があった。
しかし「食べてゆけないよ」の先生の言葉で断念。でもそれは正しいと思う。




996 :名無しさん@3周年:04/07/13 04:38 ID:z/EGJPGx
石見町立矢上小学校卒業
石見町立石見中学校卒業
特に中学時代はいたずらばかりして周囲を困らせた。
まともに勉強した記憶などない。

そして、島根県立矢上高校入学。
高校3年では生徒会長に。
その権限を利用して、生徒会は好きな女性で占めようとして怒られた。




997 :名無しさん@3周年:04/07/13 04:39 ID:z/EGJPGx
受験勉強を早めに切り上げたいが為に、推薦入学を狙う。
冒険として名古屋大学理学部を受験。それがなぜか受かってしまった。
今でもなぜ受かったか、分からない。ここで石見町を離れ、名古屋へ。

農家生まれで米に不自由しない下宿生活。
おにぎり持参でおかずだけ学食で頼むのは自分だけだったか?
学食のおばちゃんに名前を覚えられたもんだ。 さすがに、持参のご飯にカレールーは掛けてもらえなかった。


998 :名無しさん@3周年:04/07/13 04:55 ID:z/EGJPGx
理学部分子生物学科へ進む。
研究室では研究用ビデオでアニメを見ていて叱られた。
Macとの出会いはこのころだった。マウスでお絵書きして楽しんだものだ。
休憩所で米を炊いてねぐらとした。
ビーカーでオレンジ寒天を作って食べた。さすがに研究題材が「ビブリオ菌」なので、腹を壊さないのが不思議だったが。今から考えれば、ハチャメチャな大学生活だった。

この研究室時代、恩師・今栄教授が突然亡くなられた。人の死とは、こんなにもあっけないものかと、さすがに驚いた。諸行無常・老少不定の生業は、どうすることもできないのだ。
絵心再燃で、大学卒業後に美術専門学校へ行きたい旨相談した時、「いいじゃないか」と喜んで下さった教授。
こんな私を押し出してくださり、本当に感謝しております。


999 :名無しさん@3周年:04/07/13 04:55 ID:z/EGJPGx
理学部分子生物学科へ進む。
研究室では研究用ビデオでアニメを見ていて叱られた。
Macとの出会いはこのころだった。マウスでお絵書きして楽しんだものだ。
休憩所で米を炊いてねぐらとした。
ビーカーでオレンジ寒天を作って食べた。さすがに研究題材が「ビブリオ菌」なので、腹を壊さないのが不思議だったが。今から考えれば、ハチャメチャな大学生活だった。

この研究室時代、恩師・今栄教授が突然亡くなられた。人の死とは、こんなにもあっけないものかと、さすがに驚いた。諸行無常・老少不定の生業は、どうすることもできないのだ。
絵心再燃で、大学卒業後に美術専門学校へ行きたい旨相談した時、「いいじゃないか」と喜んで下さった教授。
こんな私を押し出してくださり、本当に感謝しております。


1000 :名無しさん@3周年:04/07/13 04:57 ID:z/EGJPGx
次スレ

爽やかに語ろう親鸞会
http://life6.2ch.net/test/read.cgi/psy/1089260970/l50



1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

373 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)