2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

死後の世界は存在しない!? Part 17

1 :死後の世界信じないよ:04/08/01 20:00 ID:OqxdYz1d
死後の世界はあるのでしょうか? また在るとしたら、それはどんな世界なんでしょう?
特定の神に祈り、肉体を持って修行し、神と称する教祖にひざまずけば、
夢の様な天国にいけるものなんでしょうか? 彼らは天国で何がしたいのでしょう?
また 輪廻転生とは何でしょう。
日々変わる人間の人生を 誰がどんな基準で、転生先を決めるというのか。

世界の成り立ちの不思議、自分の存在の不思議は 自己の存在に特別な意味を持たせたくなります。
神がいて 世界を作り出し、あなたを作り出したとして、
神はあなたの人生を見つめ続け ついでに天国まで用意してくれるのでしょうか?

自分を救うキッカケは大地であり自然であり 教えであり、人間であるのかもしれません。
でも 最後に自分を救うのは 自分しかいない。
他人の言葉を信じることは正しいとは思うけど、なんでもかんでも信じるな。

輪廻転生 先祖霊、カルマ 因縁 解脱 etc 全て金儲け主義といわれる宗教のよりどころ。
矛盾でいっぱいな事ばかり。こんなものに騙されない為にも 皆で一緒に考えましょう。

人生の不安を煽り、純粋な人達を取り込もうとする カルト、似非主教などにだまされるな。
またそんな 宗教の手先になって、信者勧誘などやめれ。。こんな気持ちでこのスレ立てました。

似非宗教、カルトに 取り込まれない人間を作ろう。 これがコンセプトです。
皆さんのいろんな知恵を貸してください。

 前スレリンクは >>2 以降に      よろしく。。。。


2 :死後の世界信じないよ:04/08/01 20:00 ID:OqxdYz1d
前スレ 死後の世界は存在しない!? Part1 〜 Part16

 http://life.2ch.net/psy/kako/1025/10251/1025176684.html
 http://life.2ch.net/psy/kako/1027/10271/1027122733.html
 http://life.2ch.net/psy/kako/1029/10294/1029420229.html
 http://life.2ch.net/psy/kako/1032/10320/1032050715.html
 http://life.2ch.net/psy/kako/1035/10350/1035018467.html
 http://life.2ch.net/psy/kako/1036/10362/1036224439.html
 http://life.2ch.net/psy/kako/1039/10392/1039234874.html
 http://life.2ch.net/psy/kako/1041/10416/1041646403.html
 http://life.2ch.net/psy/kako/1042/10424/1042421333.html
 http://life.2ch.net/psy/kako/1043/10433/1043306335.html
http://life.2ch.net/psy/kako/1043/10439/1043918198.html
 http://life.2ch.net/psy/kako/1044/10443/1044328962.html
 http://life.2ch.net/psy/kako/1045/10450/1045055486.html
 http://life.2ch.net/psy/kako/1046/10466/1046678118.html(途中で切れてます。)
http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1069394269/
 http://life6.2ch.net/test/read.cgi/psy/1072512266/(前スレ)

3 :死後の世界信じないよ:04/08/01 20:01 ID:OqxdYz1d
「個人の自我がそのまま存続できる死後の世界は存在しません。」

二年ほど前より このスレにて、いろいろな立場の皆さんといろいろな角度から、
死後の世界についてかなり議論しました。そしてその1万以上のレスを踏まえたうえでの
自分なりの結論が 死後の世界は存在しないというものでした。。。

死んだ途端 自分は魂だけの存在となり、空中に浮き出る?!
これでは 生存を維持するための 精緻で巧妙な肉体のシステムの意味がなくなってしまいます。

また 先祖霊や背後霊 輪廻転生や、肉体を持った解脱 などは存在しませんし、
個人を助ける神の存在も意味がありません。

ご先祖様は自分達の心に存在し 輪廻や解脱、死後の世界は、人間本位の価値観で
世界を眺めた世界観により生み出されたものです。
人間は宇宙の中心に存在するのではない!!ってこってす。。。

人間にとって都合の良い「死後の世界」は存在しませんが、
でも不思議なことってこの世の中には確かにあります。

世界を支配する不思議な力、別の世界などあるのかもしれない。
当たる占いもあるし、信じられない偶然や、運、不運の偏りってのも局部的には、確かにあります。

異世界 異空間、未知なる力、未知なる理があるのかもしれません。
今回は、そこを追求するのも面白そうです。


4 :Wise :04/08/01 20:42 ID:4lAd1vds

ごくろう。


5 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/08/01 21:13 ID:JxXuPJQ5
死ぬ間際になって、他人の死を体験するのと、
自分自身が死ぬこということの意味の余りの
落差に気付いて慌てふためいたりしないこと
を祈るよw

6 :Wise :04/08/01 21:32 ID:4lAd1vds

>>5
いや、死のタイミングによって、慌てふためいたりすることも予想できる。
死ってそういうものだ。
決して、重い道理にならない。
おれが、平穏な死を望んでも、あわてふためく死になるかもしれない。

ただ、それと死後の世界は関係ない。


7 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/08/01 21:36 ID:JxXuPJQ5
タイミングの問題ではなく、癌のような期限の定まった
「死に至る病」について。

8 :名無しさん@3周年:04/08/01 21:37 ID:s1rGMQFw
ぱーと16は無いの?

9 :Wise :04/08/01 21:47 ID:4lAd1vds

>>7
それだと、穏やかにしねるよ。
俺の家系は80歳を少し超えたくらいで癌で死ぬ人が多いな。
たった一人だけ、SAHで死んだ人がいる。
あとは、80後半で自然に衰弱して穏やかに死んだ。
比較的長寿の家系だ。
癌は、受け入れてしまえば穏やかに死ねるぞ。
「幸せな死に方」という人すらいる。
家族との別れも楽しめるからね。


10 :名無しさん@3周年:04/08/01 21:49 ID:dJzyjcmu
死後の世界があって欲しいのか、それともあると思うのか?いずれにせよ
死んでみなくちゃ判らん。くよくよ考えても仕方ない。

11 :Wise :04/08/01 21:51 ID:4lAd1vds

さっき現れた、医学生君、本物なら、SAHわかるよね。
あと、
そういう思いは、資格をとって実際に働くようになっても、もっててね。
俺が、死を軽く見ていると感じたようだけど、
それが、常識の世界だから。
まぁだれも、内心は暖かいものがあるんだけど、現実がそれを押さえ込むよ。


12 :名無しさん@3周年:04/08/01 21:51 ID:xZQCkkoK
Wiseは騙り。Wiseは嘘つき。

13 :名無しさん@3周年:04/08/01 21:51 ID:dJzyjcmu
>>9
「天寿癌」という言葉もある。

14 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/08/01 21:52 ID:JxXuPJQ5
>>9
お前みたいに自身満々に唯物主義だった人いるのか?w

15 :Wise :04/08/01 21:53 ID:4lAd1vds

そうだね。
70後半からの癌の発病で死んだとしても、病死って感じより、寿命って気がする。

俺は嘘は一つも言っていないと思うけどね。
ただ、自分の考えを言っているから、間違ってることはあると思う。


16 :名無しさん@3周年:04/08/01 21:58 ID:yeC3H0Gx
けど、誰もが、死後の世界はあってもらいたいって信じてる。
だって魂を否定するってことは、人間そのものどころか自分を否定してる
ってことにも繋がるから。人間が今で終わるなら、そんなに苦しまなくても
いいし、そんなに魂の存在とか宗教を強く求めることなんてする必要ない。
ないものを作りだしたんじゃなくて、あるから、強く求めるの。
愛もあるから、愛を欲する。もともとゼロなものを人間は強くなんて
求めやしない。求めるものそのものが、魂の存在。

17 :名無しさん@3周年:04/08/01 22:00 ID:y+a+Ktxt
ところで
「死に至る病」の使い方を間違えていることは
どうでもいいのか?

18 :Wise :04/08/01 22:00 ID:4lAd1vds

俺は、あると証明されず、無いかもしれないものを、
何の疑いも無くあると信じ込んでしまうのはなぜか?
と問いかけるスタンスなんだけどね。
わかってる?


19 :名無しさん@3周年:04/08/01 22:05 ID:0kQcMFCQ
木内鶴彦氏の“死後”体験
http://tekipaki.jp/~gon/park//A020928B.kiuti1.htm

20 :名無しさん@3周年:04/08/01 22:05 ID:yeC3H0Gx
>>18 証明証明っていうけど、あなたはどれだけのことを証明できるの?
自分の遺伝子がなぜ自分の中にあるのか?とかってことも証明できるの?
どうして自分なのか、ってことも証明する必要があるの?
証明などする必要のないものなんて山ほどあるよ 
それに、出来ないものもね あんたはなぜあなたの両親から生まれて
日本男児?として生まれたの?証明してよ。理由、あるの?

21 :名無しさん@3周年:04/08/01 22:06 ID:dJzyjcmu
>>16
宗教の人からそう言われただけでしょ。
現世で終わることを認めないで現世を軽視することこそ、自分の否定ですよ。
若しも来世がなかったらどうするの?一度きりの現世はもう帰ってこないのですよ。

22 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/08/01 22:08 ID:JxXuPJQ5
どうやって使うのが正しいんだ?w そもそもパウロの
ローマ書は創世記についての誤読があると思うんだが、
とか振ってみるw

23 :Wise :04/08/01 22:09 ID:4lAd1vds

>>16
それは、言い分を反対にしてもほとんど似たようなことがいえる。
「死後の世界などを信じ、有るかどうかもわからないものに
思いを寄せることは、今の自分を否定している。
人間は二度とない今、一度しかない人生だからこそ、自分や
他のものを尊い悔いの無い生き方をしようとするのではないだろうか?」
ってね。


24 :名無しさん@3周年:04/08/01 22:09 ID:le5YA2Nc
>>20
「証明」と「説明」を混同している。辞書を引いて意味を調べろ

25 :名無しさん@3周年:04/08/01 22:11 ID:yeC3H0Gx
>>21 現世を軽視する?現世を見れば、今を見れば積み重ねてきた
もの課題が業が全てが分かる。今を生きれない人間は、死んでも
また同じ生まれ変わり。今生きるのと、来世を生きるの、どちらも
あなた自身に変わりはない。問題は、全て外にあるんじゃないよ。
魂の境涯に問題があるんだよ ないってことは絶対にないから安心して。
そして、今の自分の業、エゴ、苦しんで傷ついて皆で削っていけばいい。


26 :Wise :04/08/01 22:13 ID:4lAd1vds

>>20
俺は、両親がSEXしたから両親から生まれた。
そして、それが日本だったから日本男児として生まれた。
稚拙ながら、事実だけを単純明快に説明できる。
「死後の世界」はそれが出来ない。

さっきの医学生、どこいった?
SAHは?DAは?CHFは?
そっちが本物かきになるよー。



27 :Wise :04/08/01 22:15 ID:4lAd1vds

>>25
エゴや、欲望があるからこそ、人間はここまで進歩したんだけどね。
それを否定することは、現代の人類を否定することとも取れるな。
あちこちに矛盾だらけだ。
所詮、宗教の教えじゃどうしてもつじつまが合わないことが多すぎる。


28 :名無しさん@3周年:04/08/01 22:16 ID:le5YA2Nc
>>25
ないってことは絶対にないと言い切れる根拠は?
あんたがそう思ってるだけで根拠はないんじゃない?

29 :名無しさん@3周年:04/08/01 22:16 ID:yeC3H0Gx
>>26 理由なんてないってことか。
なぜ人間は、子孫を増やすなんて本能をもって生まれてきたの?
必要ないじゃない。別に。自分だけでいいじゃない。
それすらも、理由なんてないってこと?証明できるんでしょ?
説明でもいいけど

30 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/08/01 22:16 ID:JxXuPJQ5
>>26
橋の下で拾ったのかも知れねーしw

31 :名無しさん@3周年:04/08/01 22:21 ID:yeC3H0Gx
>>28 だからあるよ。言ってるじゃん何度も。たまに、見えるから、
理由はそれだけだよ。何で見えるのか?それが幻覚なのか?を
証明しろって言われたら私にも証明は出来ない。けど、見てるものは
その人そのものの過去性だよ。

32 :名無しさん@3周年:04/08/01 22:23 ID:0kQcMFCQ
木内鶴彦氏の“死後”体験
http://tekipaki.jp/~gon/park//A020928B.kiuti1.htm


33 :Wise :04/08/01 22:23 ID:4lAd1vds

>>29
簡単。
たとえば、風邪を引いた時、抗生物質を使って細菌をやっつけるが、
倒しきれなかった細菌は、その抗生物質に強い傾向があり、次回そこから
繁殖した、細菌は、全体が以前以上の抗生物質への抵抗力がある。
そして、より強い、耐性菌が出現する。
馬鹿じゃなきゃ、これを人に当てはめて考えられるよね。
自然に営まれる優生学ってかんじかな。


34 :名無しさん@3周年:04/08/01 22:24 ID:le5YA2Nc
>>29
生物は自己複製と変異と適応・淘汰によって進化してきて人間はその結果できたから

35 :Wise :04/08/01 22:25 ID:4lAd1vds

>>31
いや、立派だ。
「死後の世界は有ると思うけど、自分が見ているものは幻覚かもしれない」って
認めるのは、なかなか立派だ。


36 :名無しさん@3周年:04/08/01 22:27 ID:le5YA2Nc
>>31
その過去性ってのが本物だと確かめたの?

37 :名無しさん@3周年:04/08/01 22:28 ID:yeC3H0Gx
>>33 だから、そんな必要ないものをどうして作りだす必要があるのよ?
別に今世だけ、自分だけが生きてればいいじゃない。
どうして人は子供を残したい、進化を望んでるの?
教えてよ。そんなに知識があるなら。

38 :Wise :04/08/01 22:28 ID:4lAd1vds

>>29
より、強く、より欲深く、より行動力があり、より種を残す能力が高いものが
繁栄する環境あり、そのなかで人間がここまで生命をつないできたのだから
そういう質があるってことだよ。
そして、現代では、たくさんの種族を残すより、経済的な力が一族の繁栄に
つながるようになっているから、その能力に優れたものが力をもっているんだよ。

はい、死後の世界の説明をよろしく。


39 :名無しさん@3周年:04/08/01 22:31 ID:yeC3H0Gx
>>36 うん、その人の墓地にいって名前も確かめたことあるよ。
同じ名前が印されてたよ。信じるか信じないかじゃないよ。
あるから。人間、科学的根拠ってことに弱いからね。そもそも。

40 :名無しさん@3周年:04/08/01 22:32 ID:yeC3H0Gx
>>38 だから、どうして強くなって進化する必要があるの?
生命残して、何か意味があるの?

41 :Wise :04/08/01 22:33 ID:4lAd1vds

>>37
世話がやけるねー。
原始生物のときから、生命を後世につなぐ能力に長けた者、そういう質を
もった種族のみが現在まで生を保っている。
その能力が低い種族は現在に存在しない。
原始生物の前の段階では、
地球の環境バランスが、生命を育む環境になり、なんらかな科学反応で
生命が生まれた。


42 :Wise :04/08/01 22:34 ID:4lAd1vds

>>40
意味無いよ。
そういう質のものが、たまたま今に存在しているだけ。


43 :名無しさん@3周年:04/08/01 22:36 ID:yeC3H0Gx
>>41 だってさ、別に今世だけ生きるなら別に優れた人間を作りだして
いかされる必要もないでしょ。そんな本能いらないじゃない。
進化して能力の長けた者が、人間達が環境破壊?皮肉な結果ね

44 :名無しさん@3周年:04/08/01 22:38 ID:yeC3H0Gx
>>42 たまたま?説明になってない。じゃあ、魂の存在も
たまたま存在しただけって言えるかも。私だって、どこに最終的に着地点が
あるのかなんて分からない。魂が生まれ変わることは分かっても。
そこまでなら見える人はたくさんいるみたいだけど。霊感といっしょで。
けど、その先に見える何かがなんなのかが分からない。

45 :Wise :04/08/01 22:41 ID:4lAd1vds

>>43
その環境破壊って感覚も、人間のスケールで考えてるでしょ。
なぜ人間がそうあるのか?を考えるときに
人間の都合で考えて理解できるとは思えないよ。
それについての答えは
>>42だ。


46 :名無しさん@3周年:04/08/01 22:41 ID:mtb8ab1j
素朴な疑問なんだけどさ、
なぜそんなに必死になって死後生を否定しなきゃならんわけ?
その本当の意図が聞きたいな。
それと、このスレでは死後生があると仮定すると・・・という話をしてもダメなわけ?

47 :Wise :04/08/01 22:43 ID:4lAd1vds

「どうして強くなって進化する必要があるの?」って言ってるけど
その考え方の順番が間違ってることに気付いて。
「強く進化して、生き残った」のではなく
「生き残ったものが強く進化者だった」ってことだよ。


48 :Wise :04/08/01 22:46 ID:4lAd1vds

>>46
ダメじゃないよ。
ただ、死後の世界について説得力のある説明が一度たりともないだけ。
死後の世界が無いことも証明は出来ないが、
「ある」いう意見より、現実的な回答が多い。


49 :名無しさん@3周年:04/08/01 22:47 ID:mtb8ab1j
>>47
典型的な唯物論だよね。博物館行きみたいな。

50 :Wise :04/08/01 22:50 ID:4lAd1vds

>>47
それに太刀打ち出来ない物がなにをいう!
なんちゃって。


51 :名無しさん@3周年:04/08/01 22:51 ID:yeC3H0Gx
>>47 じゃあ、強く進化者が生き残る、人間が生き残る理由もあるの?
ないでしょ。どうして親は子供を可愛がるの、愛があるの?
ない人もいるけど。あるのは何で?
別に生きるだけなら、愛も悲しみも感情もいらないよ。
たまたまそういう人間に生まれた割には随分面倒な感情が揃いすぎてると
思わない?
いらない不必要なもの、この世に存在する理由ないでしょ

52 :名無しさん@3周年:04/08/01 22:52 ID:le5YA2Nc
>>39
過去性とやらを見たらその人がどの墓地に入ったかまでわかるのか?
非常に嘘くさいな。
信じるか信じないじゃなくあるから。が通用するのはあんた自身だけ。

53 :名無しさん@3周年:04/08/01 22:55 ID:le5YA2Nc
>>43
必要があるからそうなってるわけじゃない。
生存するために都合がいい本能を規定する遺伝子だから生き残り、
生き残ったからそういう本能がある。それだけのことだ。

54 :名無しさん@3周年:04/08/01 22:56 ID:yeC3H0Gx
>>52 ううん、どこの墓地に入ったかが分かるんじゃないよ。
名前に例えば佐藤さんって方がたくさんいる村があって、その人の名前に
佐藤って名前がつけられてた。その村に生まれたことは分かったよ。
彼は昔も日本人だったから。そうしたら、その村のお墓は95%が
同じ名前の人しかいなかったの。だから郵便物が大変なんだって。
うん、そういうこと言う人はたくさんいるから別に安心して。あなただけじゃないし。
まぁいいよ、信じるか否かは、本人次第だから。

55 :名無しさん@3周年:04/08/01 22:59 ID:mtb8ab1j
>>ただ、死後の世界について説得力のある説明が一度たりともないだけ。

なぜ説明がなきゃダメなわけ?
あなたが運営管理している掲示板じゃないんだから、別にいいじゃない。
なぜあなたを説得しなきゃならないのさ。

56 :名無しさん@3周年:04/08/01 23:00 ID:le5YA2Nc
>>51
なぜ理由がないとだめだと思うのか?あんたは自然を擬人化してる。
何らかの意志によって起こったことじゃないんだから、
「理由」じゃなくて「原因」があればよい。

57 :名無しさん@3周年:04/08/01 23:00 ID:yeC3H0Gx
>>53 本能、遺伝子…じゃあ、面倒な感情なんてオッパらってしまえば
いいのにね。生き残った、ただそれがあるだけなら、
たまたま感情がある、愛を求めたり、宗教を求めたり、
そんな感情はじめからつけなきゃいいのにね。機械みたく。
もっと楽だったかも
しれないじゃない。生きたい、とか、何かを楽しみたい、幸せになりたい、
なんてあまりにも面倒な感情がたまたまできたにしては多すぎると思わない?

58 :名無しさん@3周年:04/08/01 23:04 ID:le5YA2Nc
>>54
うん、嘘だな。
どの地方にある何ていう村で何ていう名前だったのかをハッキリ言わない時点で怪しすぎ。

59 :名無しさん@3周年:04/08/01 23:06 ID:yeC3H0Gx
>>58 何で嘘だって思うの?インターネットで調べれば。
嘘ついて私に徳ある?別にあなたたちから
お金なんてとってないけど。そんな村、きっと一つか二つしかないよ。
調べなよ。私は、小学生の時だったし覚えてないだけ。

60 :Wise :04/08/01 23:08 ID:4lAd1vds

>>57
親が、子を可愛がらず後世を残せない種族は現在まで存在することが出来なかった。
そして、それが出来る人間が、生き残ってる。
簡単なこと。
>>53が言ってることがただしい。
そして、人間がその基本の上に、いろんな文化を持っているだけに過ぎない。
>>57
その感情をもつ者が進化する傾向にあったから、人間が今そんざいしているんだよ。
もう少し違う角度から見る練習をしてね。


61 :名無しさん@3周年:04/08/01 23:08 ID:mtb8ab1j
要するに、19世紀ドイツ的な唯物論を振りかざし、
相手を(屁理屈で)コテンパンにやっつけて、
いい気分に浸りたいだけなの? 意図するところは。
普段の日常生活では随分鬱憤が溜まっていそうな人たちだよね。

62 :名無しさん@3周年:04/08/01 23:10 ID:mtb8ab1j
でも、最後は謙虚さが勝つんだよ。
奢り高ぶる者は必ず淘汰される。

63 :名無しさん@3周年:04/08/01 23:10 ID:le5YA2Nc
>>57
愛や友情と言う感情は仲間や家族との助け合いや子育てを促して種全体の生存を後押しする。
恐怖は敵からの逃走を促す。
怒りは自らの妨げになるものの排除を促す。
悲しみはそれを感じさせる出来事を忌避することを促す。
進化の過程において、生存の役に立っていたぞ。

また、感情は物事の即決にも不可欠だ。
実際、脳手術で感情を取り去った男性は生活が破綻したそうだ。

64 :名無しさん@3周年:04/08/01 23:10 ID:uS/LSANa
>なぜそんなに必死になって死後生を否定しなきゃならんわけ?

カルトがあることないことでっちあげて、利用するから。
そもそも死後生って言葉そのものが意味不明。
電源の入ってないパソコンは朽ち果てるだけ。

>>51
感情の基本は本能と遺伝子と環境です。
不必要でないから存在し、人類は増えつづけているのです。
不必要なら、あなた個人的には捨てることも可能でしょう。

博物館逝きは>>49でしょう。
現代社会に適応できない人のようです。
それとも天動説を支持している古代人ですか?

65 :名無しさん@3周年:04/08/01 23:11 ID:yeC3H0Gx
>>60 そうかな?感情がない生き物で頭脳が発達していたら
もっと強く進化すると思うのは私だけ?

66 :名無しさん@3周年:04/08/01 23:14 ID:yeC3H0Gx
>>64 そっか。ということは、不必要じゃないあなたが生きたいとかって
願うのは何でなんだろう?両親も、あなたにとっては必要な存在では
ないのかもね。

67 :名無しさん@3周年:04/08/01 23:14 ID:le5YA2Nc
>>59
小学生の時わざわざその能力で見た名前が合ってるかどうか確かめに
日本に一つか二つしかないような村に墓を見にいった?
ほーお。ふーん。

信じないよ。

ところで>>54で信じるも信じないもその人次第とか言ってたのに信じさせようと必死だね。

68 :Wise :04/08/01 23:19 ID:4lAd1vds

>>61
見たいに、結局逃げる。
たぶん、君を相手にしている人は、コテンパンに使用なんて思っていない。
あまりに荒唐無稽なことを信じ込んでいるのが滑稽で面白いと思っているはず。
そして、そういう人と話すのは、それなりに楽しくいい娯楽にもなる。


69 :名無しさん@3周年:04/08/01 23:20 ID:yeC3H0Gx
>>67 ううん、必死じゃないよ。ただ、何で魂の生まれ変わりが
ないって思うのか不思議だから探ってるだけ。
私は、もう子供の時からあるって思ってたから。それが皆普通に見えてるとも
思っていたし。
脳を取り去って感情がなくなった人間は生活が破綻した?
けど、その両親達は、喜んでその人が死んでくれることを願ったのかな?
経済的にしかたなく?それでも生きて欲しいって思うかね?自分の両親
子供なら。どうだろうね。魂を取り去って感情がなくなった?
それでその人の存在は不必要になる、のかね。大切な人の中の愛まで
なくなるの?

70 :Wise :04/08/01 23:21 ID:4lAd1vds

>>65
それは無いな。
もし、そうならば、感情を持たず脳が発達している強い生物が
現代に繁栄しているはずだ。


71 :名無しさん@3周年:04/08/01 23:24 ID:uS/LSANa
魂の生まれ変わり=遺伝子の伝承

72 :名無しさん@3周年:04/08/01 23:25 ID:le5YA2Nc
>>65
エリオットと言う感情を全く感じられなくなった男の例がある。
生活が全くうまくいかなくなったそうだよ。

73 :名無しさん@3周年:04/08/01 23:26 ID:mtb8ab1j
>>68
逃げてないけど。それにそもそも何であなたから逃げなきゃならんのよw
逃げる理由なんてない。あなたは自意識過剰もいいとこだね。
現実の社会でも恐らくは嫌われ者であることだけはわかるよw
だからこういうところで屁理屈を捏ねくり回して悦に入るしかないと。
それに看護師は医師から馬鹿にされてる職業だから日々劣等感に苛まれ続けてるんだよね。ご愁傷様。


74 :名無しさん@3周年:04/08/01 23:28 ID:mtb8ab1j

みなさーん、ここは自称・看護師のWise専用スレになりました。

Wiseの気に入らない意見はすべて排斥されるWise独裁スレです。

Wiseのリハビリのためにしばらくご辛抱くださいww

75 :名無しさん@3周年:04/08/01 23:29 ID:Gw9UTwjS
議論とは無関係な煽り、人格攻撃か。
ほんとキモイな儲は。

76 :Wise :04/08/01 23:31 ID:4lAd1vds

>>73
ほら、死後の世界を説明してくれ。
逃げないで。
俺の個人攻撃は聞き飽きたよ。
>>74のように、ちょっとまじめに話すと毎回言われてるから。


77 :名無しさん@3周年:04/08/01 23:32 ID:uS/LSANa
死んでも生きていたいなんて、煩悩丸出しで強欲な感情を理性で抑えないと
変なカルトに漬け込まれるよ。
まるで火の鳥の生き血を求めてさまよう亡者みたいだ。

78 :Wise :04/08/01 23:32 ID:4lAd1vds

じゃぁ相反する考えを歩み寄って見る方法として、
「死後の世界は有ると思う人の脳内に有る!」ってところで
手を打たない?
これなら、俺も納得できる。


79 :名無しさん@3周年:04/08/01 23:34 ID:mtb8ab1j

言われてみれば、自分のことを「ERの看護師だ」なんておかしくね?

「ER」なんて言うか!? 単なるERオタの可能性も十分ありだな。


80 :名無しさん@3周年:04/08/01 23:36 ID:uS/LSANa
>>78
うん、ファンタジーとしてならokってことで。

81 :名無しさん@3周年:04/08/01 23:36 ID:mtb8ab1j
>>76
独裁者の自称・看護師Wiseさん、
その前に俺が死後の世界をあなたに説明しなきゃならん理由を説明してくれ。
俺はただの一度も死後の世界ありなんて言ってねーぞwww

82 :名無しさん@3周年:04/08/01 23:39 ID:mtb8ab1j
>>80

Wiseが自分のことを「ERの看護師だ」と自称してるのも、脳内ファンタジーかもしれんぞw

83 :Wise :04/08/01 23:42 ID:4lAd1vds

>>81
あれ?俺はいつの間にか相手を間違ってたか?
親鸞マニアのように、死後の世界を信じ込んでる人は
コテハンにしてください。よろしく。

あと説明しなきゃならん理由などない。
説明する力量があなたにあるかどうかが問題なだけ。


84 :名無しさん@3周年:04/08/01 23:44 ID:yeC3H0Gx
別にありでもないでもいいんじゃない。
なかったとしても、仮にあったとしても、あなた自身であることは
変わりないから。本人が本人なら、それ相当の人生だ、ってことだから。
今の行い、生き様、古今東西男女、生まれ変わったとしても
あなた自身だから。それは、今変えれないものを次別な人間に生まれることも
ないよ。たんに、生まれ変わりはサ、今、日本にいたのをアメリカで
生活するってことに変わりはない。アメリカにいてもwiseはWISE
なわけで。嫌われるものは来世でも嫌われるってことだよ。
少し謙虚になりな。自分の魂との戦い じゃね!

85 :名無しさん@3周年:04/08/01 23:44 ID:mtb8ab1j
>>83
説明しても、あなたにそれを理解できる力量があるかどうかが問題なんだろうなw

86 :名無しさん@3周年:04/08/01 23:48 ID:wNgLNu9J
>>85
どうせちゃんと説明できないくせによく言うぜw

87 :Wise :04/08/01 23:50 ID:4lAd1vds

まず説明して。
集狂用語を使わずに、誰にでもわかりやすい文法でが条件。
集狂用語で煙にまくような説明は、説明じゃない。
できるよね。
君の力量で。


88 :名無しさん@3周年:04/08/01 23:54 ID:mtb8ab1j
>>86
俺は死後生肯定派でも否定派でもないから説明する義務なんかないの。
ただ、否定派の日恋路の悪さをからかって遊んでるだけなの。
わかったかな? 坊やwwwww

89 :名無しさん@3周年:04/08/01 23:56 ID:mtb8ab1j
>>87
何、それ俺に対して言ってるわけ?
さあ、俺も宗教嫌いだからわかんねーなwww
科学教という宗教も含めてねwww

90 :名無しさん@3周年:04/08/01 23:58 ID:2G7S7Wby
>>88
はいはい、わかりましたよオッサンw


91 :Wise :04/08/01 23:58 ID:4lAd1vds

俺は、科学でも宗教でも唯物論でもなく
「俺論」です。
>>88
にげてるにげてる。


92 :名無しさん@3周年:04/08/02 00:00 ID:tluTBp6j
ありゃ、なんで日恋路なんてなってんだ? 底意地の悪さね。
俺は底意地の悪いイジメっ子が誰かを苛めているのを見かけると、
そのイジメっ子を苛めてやりたくなる習性があるわけ。
だから、これからもどんどん肯定派をねちっこく苛めて
盛り上げてくれよ。横からチャチャいれてお前たちをイライラさせてやるからwww


93 :名無しさん@3周年:04/08/02 00:01 ID:tluTBp6j
はいはい、俺みたいなのが絡んでくるとイライラしていつもの冷静さどこへやらだなwww
ざまーーーーーーみやがれwwwwwwwwww

94 :名無しさん@3周年:04/08/02 00:03 ID:wx5kP9uL
死後の世界などないと
昔から、エホバの証人はいっているわけだが。

95 :Wise :04/08/02 00:08 ID:dwAPP1cD

>>92
と、いじめられて悔しがってイライラる人が言っているように聞こえる。
>>93
最後っ屁?
何一つ、答えることも出来ずに・・・。
答える必要はない・・・・って、ここはいったいどこ?
>>94
潔い宗教だ。


96 :Wise :04/08/02 00:10 ID:dwAPP1cD

親鸞マニアって、いつも一方的に話すだけなの?
今日はいないようだけど、
何度質問しても、反応がないんだよ。


97 :名無しさん@3周年:04/08/02 00:16 ID:tluTBp6j
>>96
お前のために応えてやる義務などないからだろうよwww

98 :名無しさん@3周年:04/08/02 00:18 ID:tluTBp6j
それにしても、看護師っていい仕事だよな。
暇で暇で毎日2ch三昧なんだもんなwww

99 :Wise :04/08/02 00:18 ID:dwAPP1cD

いや、誰からの質問も答えようとしない。
常に集狂用語連発。
って
逃げちゃったわりに、話し相手になってくれるのね。


100 :Wise :04/08/02 00:19 ID:dwAPP1cD

まぁね。
二交代だから、実質月に、13〜15回しか出勤しない。
親にすら、お前、働いてるのか?って聞かれるよ。


101 :A:04/08/02 08:45 ID:Di7fQtgT
遅くなりましたが新スレおめでとうございます。

102 :名無しさん@3周年:04/08/02 09:21 ID:JCHtjJil
>>19のリンク先は「体験談」だけだが、
他の頁は『ありがとう教』のHPなので注意!!
(その頁もありがとう教HPのコンテンツの一部だが。)


103 :名無しさん@3周年:04/08/02 11:11 ID:k0mWgqim

頭の固い唯物論者は死ななきゃ治らない。

104 :名無しさん@3周年:04/08/02 11:25 ID:n/sF12yn
頭がとろけてる信者もなw。

105 :Wise :04/08/02 13:04 ID:dwAPP1cD

いや、かたくなに信じてる者のほうが頭が固いのではないかい?
「死後の世界は、信じている者の脳内にのみ存在する。」って言うふうに
信じる人のことも認めてるよ。俺は。
その上で、なんで、それ有ると信じ込めるのだろうと考えているのだよ。
物事をしっかり捉えて、吟味するようにしていれば、
集狂の教えなど、とるに足らないものだと思うし、
死後の世界についても、子供に「夜遊びすると幽霊が出るよ。」って程度の
たとえ話の一つと気付くと思います。


106 :名無しさん@3周年:04/08/02 13:14 ID:gf5xIOuV
頼むから、死後は完全なる虚無に還りたい。
死後まで意識があるなんてイヤすぎ。

107 :Wise :04/08/02 13:28 ID:dwAPP1cD

>>106
後悔のない人生ってのは不可能にちかいだろうけど、
満足できる生き方をしている人は、
次の世界を夢見たり、想像しなくても生きていける。
それが、十分でない人が多いからこそ、死後の世界を夢見て信じ込む人が多いのだろう。
ただ、どう信じていても今の段階では
「死んだら無」の可能性が高いと俺はおもうぞ。
あと、たとえ「死後の世界がある」としても
「今は辛くても、我慢してまじめに生きてれば次の世界で幸せになる!」程度の生き方の人は
その次の世界でも似たような苦労をするんだろうね。
想像できるよ。


108 :名無しさん@3周年:04/08/02 13:32 ID:07Ytgrgt
>>103
>頭の固い唯物論者は死ななきゃ治らない。

過去生があるんだったら1度は死んでるんでしょ。
でもちっとも治ってないというのは何故?



109 :Wise :04/08/02 13:40 ID:dwAPP1cD

>>108
おお。冷静な発想。
その考え方だと、俺の
たとえ「あの世」が有ったのしても
「死後の世界や集狂を信じてまじめに生きてれば・・・」レベルの者は
次の世界でも、そのレベルの生き方だってことだな。
まぁ社会にはそういった、あまり向上しないタイプも必要だ。
全員が強い向上心をもつと、ギスギスした世界になるからね。


110 :亀仙人:04/08/02 13:57 ID:I9dxuxh4
死後の世界を信じられないからといって地獄におちる
わけではありませんが、地獄を恐れるものを死後の世界が
ないといって洗脳すれば、極限地獄か魔界地獄におちます。
死後の世界がある明白な証拠はありますが、
あえてみせないのが亀仙人ーアイカクシンラ党の政策です。

111 :Wise :04/08/02 14:28 ID:dwAPP1cD

>>110
と、明白な証拠を出せない人が言い訳しています。
まぁ可愛い抵抗ですね。


112 :語るゴミ:04/08/02 16:01 ID:nLWjo4OX
結局人間、その他の生命を通うものは地球にわいた虫だね。みんな死ぬまで暇だからいろいろする。神様も無限とある地球と地球外に死んでいく生命の数は捌ききれないだろう。だから死んだらそれでおしまい。

113 :名無しさん@3周年:04/08/02 16:58 ID:4PjTbnD+
臨死体験や死後生を否定している人たちは、それらに関する文献を実際に自分自身で当たってみましたか?
で、何という文献のどの部分が矛盾しているとか、おかしいとか、そういう具体的な指摘をしたほうがいいんじゃないですか?
頭ごなしに肯定派をやり込めようとするような某大槻教授みたいなことを繰り返していると、
そのうち自分たちもトンデモDQN扱いされることになりますよ。

114 :名無しさん@3周年:04/08/02 17:01 ID:n/sF12yn
文献も何も、まともな論文一つ出てないだろうが。

115 :名無しさん@3周年:04/08/02 17:15 ID:4PjTbnD+
>>次の世界を夢見たり、想像しなくても生きていける。
>>それが、十分でない人が多いからこそ、死後の世界を夢見て信じ込む人が多いのだろう。

こういう決め付けもいかがなものかと。
臨死体験や死後生の可能性について興味を抱いている人のすべてがすべて、
今の人生に満足できていない結果として、そういう分野に関心を抱くのかどうか。
では、否定派はなぜこのスレにいろいろと書き込んでいるのか。
宗教やカルトに騙されないように警告するため、というもっともらしい主張だが、
単に臨死体験や死後生の可能性について関心を示すことが、
なぜ宗教やカルトと直結してしまうと言えるのか。
そもそも何の権限があって他人の関心事に干渉できると思っているのか。
中立的立場から眺めていても、疑問点がたくさんある。
やはり、臨死体験や死後生があっては、自分たちの教義なりイデオロギーが
崩壊してしまうような何らかの別の宗教なり教条をベースにしている連中による、
嫌がらせの可能性もあるのではないか、と考えてしまうのだが。
否定派の文章の端々から、秘めた敵意のようなものがひしひしと感じられる。
否定派の皆さんは、自分たちもカルト宗教の狂信者のようになっていることに
気付いているのだろうか。それともやはり確信犯ということなのだろうか。

116 :名無しさん@3周年:04/08/02 17:17 ID:n/sF12yn
勝手に同一化するなよ、否定派は教義やイデオロギーなんて持っちゃいない。

117 :名無しさん@3周年:04/08/02 17:19 ID:4PjTbnD+
>>114
臨死体験に関する文献は山ほど出ているではないですか。
そもそも、あなたのいうまともな論文とは具体的にどういう文献のことですか。
自分たちの意見に沿うような結論を述べた論文のことをまともな論文というのでしょうか。
いずれにしても、様々な文献に逐一当たってからの批判でなければ何の説得力もありませんよ。
むやみやたらに自分の信じている訳のわからない宗教の教義を持ち出してきて、
死後生はあると主張している人たちと何ら変わらないじゃないですか。

118 :名無しさん@3周年:04/08/02 17:24 ID:4PjTbnD+
>>116
でも、中立的な立場から眺めていると十分に宗教的カルト的熱情をもって、
肯定派狩りを繰り返しておられますね。
私のように、純粋な興味の対象としての臨死体験議論を見てみたい者にとっては、
なかなか入っていきづらい鬼気迫るような雰囲気ですよ。
明らかに背後に何かがあって、それを守ろうとしているのが感じられますね。

119 :名無しさん@3周年:04/08/02 18:00 ID:gqA4TO0A
現在の科学ではあるとも無いとも断定できないだろう。
くだらない議論を続けるのはストップして、別の視点から
話をしてみないか?

死後の世界があると思う奴は、なぜ「ある」と思うように
なったんだ?
一方、無いと思う奴はどういうきっかけで「ない」と思うように
なったんだ?

ちなみに俺はないと思っている方だが、その理由は、
認知科学や脳科学の進歩によって、人間の意識が
脳の中の物質的な働きによって営まれているということが
解明されつつあるから。それでもまだまだ科学は完全に
脳を解明するには程遠い段階にあるが。

おそらく「ない」と思う派は大体俺のような理由の奴が
多いと思う。「ある」と思う奴にも理由があるはずだ。
それを知りたい。


120 :名無しさん@3周年:04/08/02 18:01 ID:KJClZ2yH
http://life6.2ch.net/test/read.cgi/psy/1084280716/l100誘導します。死後の世界あるに決まってるじゃないですか?虹より。

121 :名無しさん@3周年:04/08/02 18:01 ID:gqA4TO0A
「なんとなく」とか「そんな気がする」程度の理由でもいいから
理由を教えてくれ。


122 :名無しさん@3周年:04/08/02 18:12 ID:g+A3YwU7
俺はロバート・モンローの影響が大きいかな。
あとは、ホイットンとかいう人の臨死体験の本。
でも信じているわけではなく、あるかもしれないな、という程度。
日本人の書いたものでは死後体験、死後体験Uという本も面白かった。



123 :名無しさん@3周年:04/08/02 18:15 ID:gqA4TO0A
>>122
「あるかもしれないな、という程度」

ここが重要だと思う。確かに立花隆とか、その他の臨死体験の
本を読んで、「やっぱ死後の世界ってあるかもなー」と思うのは
全く正常だと思う。

しかし、「死後の世界は絶対ある!」って断言する奴は頭が
沸いてるんじゃないか、と思うんです。

もちろんこれは、「ない!」と完全に断言する側にも当てはまる
ことなのだが。


124 :亀仙人:04/08/02 18:33 ID:I9dxuxh4
あの世をこの世の科学で立証しようとしてもできません。
この世に、あの世は存在しないからです。
視点をかえて、あの世があるという前提にたって、
あの世とこの世との違いは何かと問うと、
これも大変難しい問題になります。
どちらも、経験するしか、普通、その存在がわからないからです。
ただ、カルトにひっかからない確実な方法は一つしかありません。
それは、現世利益を信じないことです。
無神論になるか、彼岸での救いだけを信じることです。
現世利益を求めるならば、冒険しなければなりません。
当たり前のことですが、マトモな宗教とカルトの間をわける
線引きはありません。
現世利益を求めるなら、どんな宗教でも金はいります。
だいたい、2割程度の出費は覚悟しなければなりません。
10円や100円のお賽銭でかなう願いはその程度の利益しか
ありません。
さらに問題なのは悪霊の問題があります。
これは、カルトの温床ですが、現実に必用な人もいますし、現に
般若波羅密多心教は、その多くを悪霊払いに費やしています。

125 :名無しさん@3周年:04/08/02 18:42 ID:n/sF12yn
臨死体験≒死後の世界の存在

全く別のものとして考えるべき。
臨死体験=死後の世界の存在という論理は、
夢を見るから夢の世界が存在すると主張するようなもの。

126 :名無しさん@3周年:04/08/02 18:43 ID:n/sF12yn
臨死体験≒死後の世界の存在
ではなく
臨死体験≠死後の世界の存在
の間違いでした。訂正します。

127 :名無しさん@3周年:04/08/02 18:54 ID:gqA4TO0A
「臨死体験」=死んでないっつーことだからな。


128 :名無しさん@3周年:04/08/02 18:58 ID:mkdJE/G5
「ある」と断言している人は、所属する団体名を教えてください。

129 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/08/02 19:24 ID:bslNWQZH
「ない」と断言してる人は檀家の宗派を教えて下さい(笑

130 :亀仙人:04/08/02 19:26 ID:I9dxuxh4
愛覚新羅党ー昨日結成


131 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/08/02 19:27 ID:bslNWQZH
白根。

132 :名無しさん@3周年:04/08/02 19:41 ID:eawv2TGn
坊さんでも死後の世界など「本気で」信じている人はいない。あくまで営業
用。「そんなこと死んで見なくちゃ判らん」と言ってたそうだよ。

133 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/08/02 19:47 ID:bslNWQZH
「大霊界」みたいなのに本気になってたら気持ち悪いがな。

134 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/08/02 19:49 ID:bslNWQZH
丹波哲郎召還するぞ、コルァ

135 :亀仙人:04/08/02 19:51 ID:aWxVujhV
追加

大権現大坊主強魔大聖帝である小生の布教団体である。
なお、密教中の密教なので、会員は募集していない。

136 :名無しさん@3周年:04/08/02 19:55 ID:ICt35Ii6
臨死体験=脳内麻薬体験

137 :名無しさん@3周年:04/08/02 19:56 ID:2b/vnc5a
いやぁ楽しく読ませていただきました。
私も、死後の世界や神様は、個人の脳内妄想だと思っている派なんですが。
ID:yeC3H0Gxさんは小学生にして、自分なりの世界を築き上げておられたなんて、
素晴らしいですね。
だいたい、目に見えるものって、脳のフィルターを通して処理された世界だから、
(自分だけが)見えているものを信じる、っていうのは危険なのでは?脳はリアルな
夢を見せるほどの能力があるんですから。
人間が存在し続ける理由は単純に、遺伝子の乗り物としてだけではないでしょうか。
個の存在意義などは特にないと思います。
だからといって、人生を諦めるとか、そういうのとは全然違いますけどね。


138 :名無しさん@3周年:04/08/02 20:11 ID:6LKEs2Of
すべては神の意志であります。
意志というのは、水が高いところから低いところへ流れるのと
同じ意味での意志であります。


139 :名無しさん@3周年:04/08/02 20:12 ID:n/sF12yn
つーかさ、
科学者とかに対して
「人間は全てを理解できるわけでない!」
「目に見えるものだけが真実ではない!」
とか言いながら、
私には死後の世界が感じられる〜これは感じた人にしかわからないー、とか
私は霊を見たんだ!他の人も見てるし、霊がいないわけが無い!
とか言い出すから、儲は馬鹿だと思われるんだよ。
自己矛盾してるから、反論の必要も無い。

140 :名無しさん@3周年:04/08/02 20:25 ID:DZ8iBegG
>>139
そうやって「信者」と一括りにしてしまうから、ダメなんだよ、厨房。
肯定派、あるかも知れない派をひっくるめて「信者」なんてレッテル貼るから、
逆に否定派、ないんじゃないの?派も一括りにされるんだろうが、馬鹿め。

141 :名無しさん@3周年:04/08/02 20:29 ID:07Ytgrgt
私はイスラムの自爆テロとか見て
利用されてる(搾取?)人が可愛そうで。
宗教の圧力で子供までが犠牲になっている。
神の名を利用しエゴを満足させようとする者がいる。
悲しいかな、それも無意識のうちに。
これは宗教かぶれの、個人の責任である。
強いて言えば自然が神で、エネルギー保存の法則が輪廻か。

142 :バモイドオキ神:04/08/02 20:41 ID:bslNWQZH
>>137
君はなかなか話の分かる人のようだね。

143 :名無しさん@3周年:04/08/02 20:43 ID:eawv2TGn
>>141
未だ宗教擁護してるのか。犠牲者に対する同情が全く感じられない。
自爆テロリストは、「神を利用してる」のではなく、「神と来世を信じる」
からこそ、人間としての自然の良心が麻痺され、平気で自他の生命が奪える
のですよ。これが「神の摂理」などと言うのか。むしろ正反対だろ。

144 :バモイドオキ神:04/08/02 20:45 ID:bslNWQZH
カミカゼ・テロはわが国が故郷ではあるんだが。

145 :名無しさん@3周年:04/08/02 20:52 ID:eawv2TGn
>>144
カミカゼも宗教の弊害の顕著な実例。

146 :バモイドオキ神:04/08/02 20:54 ID:bslNWQZH
その宗教とは?

147 :名無しさん@3周年:04/08/02 20:59 ID:eawv2TGn
>>146
元がたまたま台風シーズンに来襲したに過ぎないのに、単なる自然現象を
「神風」などと言い出したのは、日蓮宗あたりではないか。これが無謀な
太平洋戦争に繋がった。

148 :バモイドオキ神:04/08/02 21:01 ID:bslNWQZH
太平洋戦争の無謀なことはそれだけでは説明は付かないが。

149 :亀仙人:04/08/02 21:03 ID:I9dxuxh4
「神風」といいだしたのは、当たり前ですが、
神道です。
無神論も結構ですが、宗教的常識はもってください。

150 :バモイドオキ神:04/08/02 21:05 ID:bslNWQZH
靖国は死後の世界だろうか?w

151 :名無しさん@3周年:04/08/02 21:08 ID:eawv2TGn
>>148
主要な原因だ。あのころは、日本は「神国」だから必ず勝つとさんざん
言われたものだよ。

>>149
日蓮の「祈り」も大きな役割を果たしてるよ。太平洋戦争も日蓮宗が熱心
だった。日本史を読め。

152 :141:04/08/02 21:10 ID:07Ytgrgt
>>143
ん?誤解してるぞ。
私はイスラエルで爆弾を着けられた子供が
保護された件、イラクで自爆者が出かける前に
泣き言たれてる映像をみて言ってるのです。
彼らを上のものが利用してるということ。
宗教社会の中でイヤイヤ従わされているという現実。
妄想にすがりつくしかない社会状況。そう仕向けるシステム。

153 :バモイドオキ神:04/08/02 21:11 ID:bslNWQZH
神道には黄泉の世界があるな。

154 :バモイドオキ神:04/08/02 21:12 ID:bslNWQZH
そこから帰って来ることを「黄泉帰り(よみがえり)」と言う。
このネタ元については、知ってるヤツは多いと思うがw

155 :名無しさん@3周年:04/08/02 21:18 ID:eawv2TGn
>>152
その「上の者」も、熱心な信者ではないのか。

>>150
靖国は、自らの命をす棄てて今日の平和と繁栄の礎となった先人に対する
追憶と感謝の場所。死後の世界などではない。

156 :バモイドオキ神:04/08/02 21:18 ID:bslNWQZH
「英霊」は存在しない?

157 :亀仙人:04/08/02 21:23 ID:I9dxuxh4
>151
日蓮宗熱心だったんですか?
反対だったのは、日本共産党だけですか?

158 :名無しさん@3周年:04/08/02 21:24 ID:eawv2TGn
>>156
勿論「英霊」が実在するわけないだろう。「霊」とは死者に対する生者の思い
出、即ち情報に過ぎない。


159 :バモイドオキ神:04/08/02 21:25 ID:bslNWQZH
つまり思い出としてしか存在しない、ということだな。
「靖国で会おう」も、無意味だったと。

160 :名無しさん@3周年:04/08/02 21:29 ID:eawv2TGn
>>159
死んでから会えるわけないじゃん。宗教によってそう信じ込まされていた
だけ。

161 :バモイドオキ神:04/08/02 21:32 ID:bslNWQZH
反・宗教の立場からすると、まぁ、そういうことだな。

162 :名無しさん@3周年:04/08/02 21:37 ID:eawv2TGn
>>161
宗教でも反宗教でも、居ないものは居ない。
しかし、生者としては、死者の思いを無視することはできない。死者には
判らないのだから、生者の自己満足に過ぎないが。

163 :バモイドオキ神:04/08/02 21:40 ID:bslNWQZH
死者は「存在する」のか?

164 :名無しさん@3周年:04/08/02 21:48 ID:2QtygP3x
>勿論「英霊」が実在するわけないだろう。「霊」とは死者に対する生者の思い
>出、即ち情報に過ぎない。

それをどうやって証明するんだね?


165 :名無しさん@3周年:04/08/02 21:50 ID:2QtygP3x
根拠も何も示せず、一方的に断定しているID:eawv2TGnの書きこみのようなものを宗教というのだ。


166 :名無しさん@3周年:04/08/02 21:53 ID:eawv2TGn
>>164
「証明」など要らない。人間界では、(必要な場合には観測装置を使って
でも)五感で知覚できないものは、「実在する」とは言わない。日常生活
での経験から帰納すれば自明である。

167 :名無しさん@3周年:04/08/02 22:00 ID:eawv2TGn
>>165
超越的なものを「信じない」のは、宗教とは言わない。

168 :名無しさん@3周年:04/08/02 22:01 ID:2QtygP3x
>>166
ははあ、そうやって逃げますか。
肯定派と同じ穴の狢ですな(冷笑)

169 :名無しさん@3周年:04/08/02 22:04 ID:2QtygP3x
>>167
正当な手順を踏まず断定する物言いを宗教という。

170 :亀仙人:04/08/02 22:05 ID:I9dxuxh4
>166
その議論は、理論物理学否定の論理ですよ!
論理的破綻ですな。
レーニンの幼稚な認識論モドキの・・・

171 :名無しさん@3周年:04/08/02 22:05 ID:2QtygP3x
君には、贔屓の引き倒し、という言葉を送ることにしよう。

172 :名無しさん@3周年:04/08/02 22:13 ID:eawv2TGn
>>170
理論物理学でも何でも、人間界における物体の実在は、最終的には五感の
知覚による。さもなければ想像の産物に過ぎない。

173 :名無しさん@3周年:04/08/02 22:22 ID:2QtygP3x
>>172
その五感による知覚の正当性をどのように実証するのか?


174 :名無しさん@3周年:04/08/02 22:26 ID:mkdJE/G5
統合失調症は治る病気ですよ。

175 :名無しさん@3周年:04/08/02 22:30 ID:2QtygP3x
民主主義も科学も面倒な手続きを経ねばならず、時間がかかるものだ。
なるほど全体主義は忌み嫌うべきものであるし、空想似非科学もまたしかりだ。
しかし、だからといって性急に走り、政治においては民主的手順を一切無視し
ファシズムを攻撃しこれを葬り去ろうとの意図を持ちこれを推進する行為は
最早民主主義とは言わず、皮肉にも最も忌み嫌っていたはずの全体主義そのものに
自らが堕落することを意味する。同様に、空想似非科学や宗教を排斥し、
これを攻撃せんがために、冷静且つ謙虚な姿勢をかなぐり捨て、
極端な断定や根拠のない教条を振りかざす行為は最早科学などとは呼べない。

176 :親鸞学徒:04/08/02 22:32 ID:OybQDJQQ
どんなに、「苦しみのどん底」におちている人であっても、また、生きる希望を失っている人であっても、「本当の仏教」を真剣に聞き求め、「阿弥陀仏」に救いとられた「一念」で、たちまち、「世界一の幸せ者、宇宙一の幸せ者」になれます。
「人生の大勝利者、本当の大成功者」ということになります。

それに対して、一見、あらゆるものを手にいれて、幸せいっぱいの生活を送ったように見える人であっても、死ねば「無間地獄」に堕ちなければなりませんので、仏教を真剣に聞き求めない人は、生まれてすぐに死んだ赤ちゃんと、実は、なんら変わらないのです。

世間で、どんな「大人格者」といわれている人でも、「仏教」を聞かなかったなら、地獄に堕ちます。
反対に、人から「あんな殺人犯が、地獄に行かなかったら、誰が地獄に行くんだ。」と批判されている人でも、心を入れかえて、真剣に仏教を聞き求めていけば、「阿弥陀仏」に救いとられるときが必ずあります。
阿弥陀仏にハッキリと救いとられた一念で「極楽行き間違いない身」となります。

私たちが、「地獄におちるか、極楽に生まれるか」は、阿弥陀仏に生きているときに、「救いとられているか、どうか」で決まるのです。


177 :亀仙人:04/08/02 22:34 ID:8NPc1Stp
>172
とすると、あの世の実在は、粒子の実在が証明される前の、
湯川秀樹の中間子理論と同じ程度のものというわけですな。
一応筋はとうりますな。
ただし、何もいってないのと同じですが。

178 :名無しさん@3周年:04/08/02 23:29 ID:xNcsCkFt
>>173
あなたは飯食うとき、「この飯は果たして実在するのか」と一口ごとに証明して
食べるの?それこそ統合失調症でしょう。
「存在とは知覚されることである。」(バークレー)

179 :名無しさん@3周年:04/08/02 23:41 ID:xNcsCkFt
>>177
湯川博士の中間子理論と違って、来世の存在は人類の歴史始って以来証明されて
いないのですが。証明不能と考えるべきでは。

180 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/08/02 23:45 ID:bslNWQZH
最近、或る福見ねえなぁ・・・。

181 :名無しさん@3周年:04/08/03 00:06 ID:54E6tkN1
>>178
>「存在とは知覚されることである。」(バークレー)

その通り。だから知覚する主体によって世界はいかようにでも変化するということ。


182 :名無しさん@3周年:04/08/03 00:12 ID:54E6tkN1
カン師 「自分の世界をよく見るのだ。この池の中には12匹の魚がいて12の世界がある。」

ケイン 「池はたったひとつです。」

カン師 「違うな。お前が見るのと私が見るのとそれぞれ別の世界だ。
     お前の世界には未知のもの、楽しいものが溢れている。わしのは見慣れた穏やかな世界だ。
     お前はわしの世界を永久に見ることはできん。」

ケイン 「なぜ?」

カン師 「お前がわしの目でものを見、考えることができるか?」

ケイン 「でも先生、私たちは同じ宇宙に住んでいます。」

カン師 「そうだ。しかしやはり違う。百万の生き物には百万の世界がある。
     自分が宇宙の中心だと考えてはならんぞ。自分の考えを押し付けてはいかん。
     人それぞれ見方考え方が違う。それを尊重することが大切だ。」

183 :名無しさん@3周年:04/08/03 00:13 ID:54E6tkN1
ポー師 「どっちが悪なのかな? 鼠は穀物を盗むのが商売だ。ところが猫は鼠を殺すように生まれついている。」

ケイン  「鼠は盗みます。でも鼠にとって猫は悪です。」

ポー師 「猫には鼠が悪だ。」

ケイン  「ではどちらも悪ではないのですか?」

ポー師 「鼠は盗むのではない、猫は殺すのではない。雨が降る、川が溢れる。が、山は沈まぬ。
      ひとつひとつが自然にかなっているのだ。」

ケイン  「では悪は無いのですか? 何をしてもそれがその人にとって善なら許されるのですか?」

ポー師 「コオロキ゛、人は自分に都合のいいことだけを言う。
      しかし宇宙にはその人間ひとりが住んでいるわけではあるまい。」

ケイン  「私に悪をなす者を私が懲らしめれば、二度としなくなるかもしれません。」

ポー師 「懲らしめなければどうなるかな?」

ケイン  「好きなことをしていいのだと思うでしょう。」

ポー師 「そうだな。だがもうひとつ、悪に報いるにすなわち善をもってす。その心も教えるのだ。」


184 :名無しさん@3周年:04/08/03 00:15 ID:jffyLq7u
>>176
根拠はありますか

185 :名無しさん@3周年:04/08/03 00:37 ID:0FxW6v/c
>>181
それは間違い。人間界は共同体であるという事実を忘れている。物体の知覚に
ついては、不特定多数の正常人の知覚はほぼ同一である。これを客観という。
物体が実在するとはそういうことである。さもなければ社会は瞬時に崩壊する。
電車も止まれば飛行機も落ちる。路上も歩けない。

186 :名無しさん@3周年:04/08/03 00:55 ID:Kru02M+9
ここには死後の世界を
1・純粋に知的好奇心の対象としてる人と
2・それにすがっている人とがいますね。
2の人は
死後の世界がなくては困るが
1と自認する人は
無くても平気ですか?

187 :名無しさん@3周年:04/08/03 01:03 ID:54E6tkN1
>>185
そうだ。しかしやはり違う。百万の生き物には百万の世界がある。
自分が宇宙の中心だと考えてはならんぞ。自分の考えを押し付けてはいかん。
人それぞれ見方考え方が違う。それを尊重することが大切だ。




188 :名無しさん@3周年:04/08/03 01:15 ID:0FxW6v/c
>>197
ここでは物体の実在(死後の世界を含む)について話している。
観念の世界については、百人百様であるのは当たり前。観念に過ぎない宗教には、
唯一の神、教義、真理などは存在しないということ。

189 :名無しさん@3周年:04/08/03 01:26 ID:54E6tkN1
いや、観念の世界もあなたが実在だと思っている世界も本質は変わらない。
変わらないからこそ、あなたは死後の世界などないという現実により多くのリアリティを感得し、
それがあなた特有の世界を形成している。あなたの世界はあなたの世界でしかない。


190 :名無しさん@3周年:04/08/03 01:49 ID:0FxW6v/c
>>189
五感の知覚(物体の存否)と観念の世界とは全く異なる。例えば、違った宗教の人
々が百人集合した場合、目の前に聳える山が宗教によって存在したりしなかったり
しますか。
宗教間対話は不可能と言われているが、話題を物体、例えば身体に限ったらどうか
というアイデアも出されています。身体に限れば、それから生じる本能や自然の
感情にも及び、合意の形成が期待できます。

191 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/08/03 02:11 ID:B1L0hU0m
今更ながら>>137の書き込みを見ていると、一見、社会的に
良識的に見える連中が何考えてるのか分かり易くて良いよな。
個の否定の全体主義、物質主義、利己的な遺伝子で弱肉強食
のダーウィニズム、等々。

192 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/08/03 02:12 ID:B1L0hU0m
これに、靖国の神棚飾って、日の丸、君が代を力で
押し付けて、改憲して九条に墨塗ったらたらもう死
んでも良いって風。

193 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/08/03 02:16 ID:B1L0hU0m
「神道は習俗であって宗教ではない」、は宗教法人法で
得してんだから卑怯な言い訳だってことだが、実際、体
制イデオロギーとしての神道は戦時中から、内容的には
ずっと物質主義なわけだね。

194 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/08/03 02:21 ID:B1L0hU0m
この宗教でも何でもないものにアタマを一色で染められて
(お好みならば「洗脳されて」という言葉を使っても良い
が)、いざ戦場に出て、自分の死が現実感のあるものとなっ
て立ち現れると、突然、我に返って「わだつみの声」みた
いな内省的な文章を書き始める、と。

195 :名無しさん@3周年:04/08/03 03:21 ID:Kru02M+9
>194
今皆が求めてるのは
そのレベルの話じゃないんだ

196 :名無しさん@3周年:04/08/03 03:35 ID:Gm4Ig5hn
dana

197 :名無しさん@3周年:04/08/03 03:40 ID:LFfqsAMO
>>137ってめちゃくちゃふつうの事しか言ってないのに
ふぁびょって過剰反応するのはな〜ぜ?>処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2


198 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/08/03 03:44 ID:B1L0hU0m
コヴァ厨を発見しますた!

199 :名無しさん@3周年:04/08/03 04:02 ID:m6cyqEjQ
天国と地獄は存在します。
どうすれば天国にいけるか?
答えは簡単で、以下のステップをクリアするだけです。
1.自分は罪人であることを認める。
2.イエスキリストが自分の罪の身代わりとなって死んだことを認める。
3.イエスが死んでよみにくだり、3日目によみがえり、天にのぼったことを認める。
これさえクリアすれば、あなたの霊は新しくキリストの霊に生まれ変わります。
新生した後、罪を犯しても、新しく生まれ変わった霊は決して罪を犯しません。
(ココが重要なポイントです。)
よって、一度イエスを信じたものは、どんな生活を送ろうが天国に絶対行けます。
ただし、天国には以下の3つのゾーンがあり、地上での生き様により区分されます。
1.第1の天国
 イエスを信じたが、世に流されて、自分の欲のままに生きた者が入る。
 (世の中で、偉大な牧師と言われている人でも、第1の天国に入るのが殆どである。)
2.第2の天国
 イエスを信じ、クリスチャン生活をまっとうした者が入る。
3.第3の天国
 イエスを信じ、神の働きの為にクリスチャン生活をまっとうし、尚且つ御霊の実がなっている者。

地獄はサタンのために用意されたもので、本来人間の行くとこではないので、イエスを信じることをお勧めします。


200 :名無しさん@3周年:04/08/03 05:14 ID:QVpYdgEx
例えキリスト教を知らなくても、自分の良心に従って正しく生きようとする人は、
神とともに歩む人です。
信者だけが救われるわけではありませんよ。


201 :名無しさん@3周年:04/08/03 06:16 ID:sOXLhjMx
自分の良心に従って正しく生きようとするならば
宗教なんて信じられません。

202 :名無しさん@3周年:04/08/03 06:57 ID:QVpYdgEx
>>201
自分の良心に従って生きることが大事なんです。
宗教を信じようと信じまいと。
それを実際にやるなら、あなたは素晴らしい。

203 :名無しさん@3周年:04/08/03 08:49 ID:0FxW6v/c
>>処刑ライダー氏へ

人間は社会的動物であり、お互いに依存し合わなければ生存できない。独立した「個」
などありえない。「個」は「他者(他物)」との関連においてはじめて存在し得る。

>>200

「良心」とか「正しく生きる」とかは何を基準とするかの視点が不可欠。
イスラム自爆テロリストも、「良心」に従い「正しく生きる」ために自他の
生命を奪っているのですよ。

204 :Wise :04/08/03 09:48 ID:Y6iRlZZ4

俺のいない間に、キリスト教まで出てきたか。
とりあえず、今の時点で死後の世界を証明することも、誰もが平等に確認することも出来ない。
よく「無いことも証明できないじゃないか」と低俗な反論をしてくる者もいるが、
何もないテーブルの上に「ケーキがあります」と言っても、誰もが「無い」と確認できるように
実際に「無い」ものは「無い」のだと思う。
周りに、いいように虐待された程度の、愚かなキリストにが、
地獄や天国や神や悪魔を妄想し、さらに愚かなものがそれを信じ、
一部の利口な者がそれを利用して利益を得ている。
それが現代まで続いているだけ。
どの宗教も、似たようなもの。


205 :Wise :04/08/03 09:59 ID:Y6iRlZZ4

事実だけを冷静に捉えて
   有るかどうか、存在するかどうか、それをまったく証明することが
   出来ないのにもかかわらず「神・死後の世界」を信じる。
ということが、なぜなのか気になっている。
それぞれの集狂の教えなど、取るに足らない。
釈迦もキリストもくだらない。
まず、その前の段階、上に書いたことが一番の面白いところなんだから。


206 :名無しさん@3周年:04/08/03 10:19 ID:znaSDD22
ある存在が、有る事は証拠を挙げて証明できても、
無いことの証明はできないってのは常識だからな。
「無いことも証明できないじゃないか、だから存在する可能性もある」
なんていいだすのは、不勉強にもほどがある。
死後の世界が存在するというなら、客観的に誰もが納得しうる証拠を、
存在すると主張する側が挙げることが必要不可欠。
まぁ、見たもん!感じたもん!と駄々こねる奴しか見たことないがな。


207 :Wise :04/08/03 10:23 ID:Y6iRlZZ4

>>206
俺は完全否定派ではないから、有ったら面白いだろうねとも思う。
そして、
いつか「なるほどあるんだ!」って
証拠を誰かが示してくれることを楽しみに待ってるよ。
「見たもん!感じたもん!昔の偉い人が言ったもん!」って
幼稚な反論もそれなりに楽しいけどね。


208 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/08/03 10:52 ID:B1L0hU0m
>>203
イラクにおける名も無き油田労働者と私との間の「生産関係」について
述べて見て下さい。

209 :名無しさん@3周年:04/08/03 10:54 ID:jffyLq7u
>>199
根拠はありますか?

210 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/08/03 11:01 ID:B1L0hU0m
あー、吉野源三郎ってラッセルの秘書だったんだなぁ・・・。

211 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/08/03 11:03 ID:B1L0hU0m
2ちゃんねる=私語の世界

↑持ちネタ。

212 :名無しさん@3周年:04/08/03 11:37 ID:Kru02M+9
昔、宇宙の真理みたいなものを
冷静に理解したものが
それを言葉で説明する時に使ったレトリック(この場合、具象化)
を、文字どうり受け取ってしまった者たちが
それをそのまま後世に語り継ぎ、結果
なんとも陳腐化したのが今の宗教じゃないかな?
仏陀は死後の世界についてはあえて語らなかった。
いわゆる仏教で語られる極楽とかは後の創作。

213 :名無しさん@3周年:04/08/03 11:38 ID:T5b9emJ9

“誰かを声高に非難している人を見たら、まずその人自身を疑え”



214 :名無しさん@3周年:04/08/03 11:50 ID:EL2CoUNc
科学教の信者こそが、最も頑迷で救いようのない狂信者なのだから、もう放置しておけばいいだろう。
彼らの誤謬は、人間の知覚、認識の不確実性に対する検証を全く怠っていることだ。
目に見えるもの、証拠を提示できるものだけが全てだという。
知覚の限界を超えた先にどのような世界が広がっているのか、
それを知覚の限界に制限された世界に住む者たちに証明することなど永遠に出来ない相談である。
だから、そもそもこのような話題について議論すること自体無駄なのだ。

215 :名無しさん@3周年:04/08/03 12:42 ID:znaSDD22
>>214
でた。まさに典型的信者w。
科学を知らないものの脳内科学否定だな、
あんたが否定してるのは、あんたの中の科学のイメージであって、実際の科学じゃないよ。
自分で考え出した間違った科学を否定しているだけ。
だいたい、その言葉はそっくりそのまま信者に当てはまるしな。

つーか、知覚の限界を超えた先、とかマジ笑える。
自分らだけは人間の知覚にとららわれないすっごい存在なんですよーとでも言いたいのか?
幼稚な。

216 :名無しさん@3周年:04/08/03 12:48 ID:sGQ+X3yi
>>215
ずいぶん悔しそうだなw
まさに典型的なカルト狂徒の反応だな。
同じ穴の狢。バーーーーーーカwwww

217 :名無しさん@3周年:04/08/03 12:51 ID:sGQ+X3yi
>人間の知覚にとららわれない
>人間の知覚にとららわれない
>人間の知覚にとららわれない
>人間の知覚にとららわれない

とららららららららわれない、焦りよう(ヒャッヒャッヒャッ


218 :名無しさん@3周年:04/08/03 13:00 ID:znaSDD22
反論できないからって、知能障害起こすなよw。

219 :名無しさん@3周年:04/08/03 13:00 ID:jz5lfsI4
>>215
お前のやっていることも、宗教を知らない脳内宗教イメージの否定だな。
お前が否定しているのは、お前の中野宗教のイメージであって、実際の宗教じゃないよ。
自分で考え出した間違った宗教を否定しているだけ。笑わせてくれる。

220 :名無しさん@3周年:04/08/03 13:00 ID:znaSDD22
>>219
宗教は否定していないがw?

221 :名無しさん@3周年:04/08/03 13:04 ID:jz5lfsI4
>>220
死後生の可能性あるかもしれない、という仮定がどうしてイコール宗教になるんだ?
は? だから、お前の脳内宗教ってんだよ。間抜け野郎w

222 :名無しさん@3周年:04/08/03 13:07 ID:znaSDD22
>>221
どうした?大丈夫か?
宗教は「否定していない」んだが?

223 :名無しさん@3周年:04/08/03 13:08 ID:znaSDD22
ああ、信者って言葉で、宗教信者だと勘違いしたのかな?
それなら誤解を招いてすまないが。


224 :名無しさん@3周年:04/08/03 14:35 ID:Kru02M+9
結局、肯定派は死後も今のまま自我が残って
世界を見れる、だね。
でも自我にたいする考察がやや甘いきがする。
そもそも「私はだれ?」を問い詰めると
自我は条件ズけられた記憶の集まりであることが分かる。
たまねぎのような構造。
でもそれを認識する意識はとりあえず存在してる。
永遠かどうかは不明。
その意識に自他はない。世界は一つで、他者などいないから
物語風なものなどありえないと思うが。
これ証明するもなにも
誰でも自分で確認できることだが。


225 :名無しさん@3周年:04/08/03 14:44 ID:VGkNYNdW
昨日指摘したんだが、人類が生まれてこの方繰り返してきた
論争に今決着付けようったって無理な話。
ないこともあることも、現時点の科学では証明できないのだから。

それよりも、ない、ある、両派の人間が、なぜそういう思いを持つに
至ったのかが知りたいものだ。


226 :山本:04/08/03 15:27 ID:LwpxNkBl
死んだ人が生きてる人に悪さしたり語りかけたりするでねえか
死後も生きてるということだべ
そういう不思議なことを感じ取る繊細な感性が不足してるから
死後の世界はないなんてこと言うんだ
僕は鈍い男です、と言ってるようなもんだ
そんなやつの先祖がかわいそうだ

227 :名無しさん@3周年:04/08/03 15:51 ID:DccGZuAh
>>214
「人間の知覚の限界を超えた世界」など、人間にとっては全く関係ないもの、思考
能力の範囲外である。そんな無駄なこと、不可能なことを考えるあなたはほんとに人間?

228 :名無しさん@3周年:04/08/03 15:55 ID:hYTI8Uw3
>>226
俺は魂の存在を信じてるけど、
あなたの言う逆で、この世に生きてる限りそういう霊魂みたいなものを感じる方が異常だと思う。
例えれば、日本放送聴いてるのにハングル放送が聞こえるようなもん。
それに不思議なことと言ってるけど。
今、僕等が生きていることの不思議に比べればそのようなことは全く不思議とは言えないよ。

229 :山本:04/08/03 16:12 ID:LwpxNkBl
>>226
>日本放送聴いてるのにハングル放送が聞こえるようなもん
てゆうか、ニッポン放送を受信できる感度を持ってないということを言ってるわけだが
それと霊魂を感じる人は異常といわれるほど少数派じゃないべ

>>227
んじゃ、科学は無駄なものを目指してるんだな

230 :Wise :04/08/03 16:21 ID:Y6iRlZZ4

科学の信者?
そういうくだらない発想はやめましょう。
誰もが、便利なものを当たり前に利用する。
それを「科学バンザーイ!」と喜んだりはしない。
停電でも起きれば、科学万能じゃないことを誰でも知る。
科学信者みたいな者は、そういないだろう。


231 :山本:04/08/03 16:35 ID:LwpxNkBl
停電から科学を発想するほうがくだらないべ
科学の信者はそういないが2ちゃんには多いぞ

232 :Wise :04/08/03 16:41 ID:Y6iRlZZ4

停電一つとってみても「科学は万能じゃない」とわかる。
そう言っているだけ。
科学信者などという下らない発想はやめなさい。

どちらにしても、現実に「ある」科学の方が
便利さと欠点を理解した上で信じる価値があると思われる。


233 :山本:04/08/03 16:48 ID:LwpxNkBl
>停電一つとってみても「科学は万能じゃない」とわかる。
そりゃ科学というより科学技術の問題だろ
要は、人為的なことを言っている

>現実に「ある」科学の方が
>便利さと欠点を理解した上で信じる価値があると思われる。
これが科学万能主義=科学信者
欠点もやがて科学的に克服されるだろうと暗に思っている

234 :名無しさん@3周年:04/08/03 17:50 ID:5FW75VAV
科学は難しくて良く分かりませんが、
直感的に死後の世界ってのは存在しないという気がします。

235 :ふつうのひと:04/08/03 18:21 ID:LFfqsAMO
デンパ宗教の信者は科学を憎んでいるヤシが多い。
デンパ>>>>>>>科学だと思っている。
科学を否定するくせにパソコンを使うんじゃねーぞ。
天国、地獄、悪魔、悪霊、霊界、生まれ変わり、等が実在すると思っている。
自分の所属する教団だけが絶対善であり、それを批判する者は悪である。
俺なんてどこの教団のスレに逝っても、
悪魔、悪霊憑き、唯物論者、無神論者、仏敵、etcもうさんざんですわ。

236 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/08/03 18:28 ID:B1L0hU0m
哲学板にでも逝け。

237 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/08/03 18:48 ID:B1L0hU0m
ま、いいや。暇潰し。「存在する」とは、「この世に存在する」
ことを常に意味するのだとすれば、「あの世」も「霊」も「存
在しない」というのが正に正解なわけだが。

238 :山本:04/08/03 18:52 ID:+t6sgR2p
>>235
否定しとらんよ

239 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/08/03 18:57 ID:B1L0hU0m
神は存在するかしないかって問題も同じ棚

240 :名無しさん@3周年:04/08/03 20:32 ID:zRZRQI+4
>>239
>神は存在するかしないかって問題も同じ棚

たまにはいいことも言うね。




241 :名無しさん@3周年:04/08/03 20:44 ID:ta7F2Mv4
あの世があろうがなかろうが、物質世界に生きる我々は、この世界で精一杯生きていく。
間違ってもカルトや訳のわからない宗教には騙されない。それでいいじゃん。
あの世があれば、死んだ後、あっやっぱりあったんだ、で終わり。
なければ何も感じないからやっぱり終わり。

ということで一件落着。

242 :親鸞学徒:04/08/03 21:04 ID:BaHF5O7q
親鸞聖人の「教行信証」「正信偈」は、聖人と同じ正信を獲た人でなければ、何としても解し難いのです。
全く聖人と同じ道程をたどり、そして法然上人のように相承血脈せられた善知識に会いたてまつり、その教えを受けた人であってこそ、
「教行信証」「正信偈」を拝読して初めて血となり肉となり、そして教人信のために解釈してこそ、その本意をわからしていただけるのではないでしょうか。
「八万の法蔵を知るというとも後世を知らざる人を愚者とす、たとい一文不知の尼入道なりというとも後世を知るを智者とす」
とあるように真宗では、信心の欠けている人を愚者といわれます。
愚者の身で如来の化身である親鸞聖人の書き給うた書を解釈することは全く危険です。
「盲、蛇におじず」のことわざと同じでしょう。
それがため真宗では古より今日に至るまで、異安心問題が絶えません。
まことに「教行信証」「正信偈」は金山に等しく、ただ発掘して金鉱としてかざるよりも精錬して純金にし家宝として初めて現当二益を得ることができるのではないでしょうか。
正信の方は少なく邪信の方が多い今日です。
しかも正信の方々は、邪信の人々に必ず刃をむけられている今日です。
ですから真に法を求め真に正法を聞かんとする方々は、煙の立ち上がるところに火があるが如く、誹謗の煙のあるところに正法の火のあることを知っていただきたいと切に念じあげます。
よくよく後生の一大事を心がけ、火の中、水の中をかき分けても聞かんとの決心が肝要です。
叩けば門は開かれるのです。
一人でも正信に帰入し、また一人でも多くの人々の手を引き道に入らしめられることを念じあげます。
謗る人も疑う人もやがて阿弥陀如来の慈悲に摂取せられる時の一日も片時も速からんことを念じあげます。
弥陀の本願を聞き求めていただきたいと思います。

243 :名無しさん@3周年:04/08/04 01:22 ID:n9M7hrui
>>242
親鸞聖人の教えが真理であるという根拠はありますか?

244 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/08/04 01:29 ID:4i9E4+eP
>>240
うるせー、馬鹿野郎。最初からずーっとサイトに載せてあったわい。
消したけど。

245 :名無しさん@3周年:04/08/04 01:32 ID:0jl6im7M
そして、この世が存在していないことには、誰も気づかなかったとさ。

246 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/08/04 01:39 ID:4i9E4+eP
俗なるものを安易に聖化すること勿れ、だなぁ。

247 :Wise :04/08/04 08:01 ID:O3K2ugjZ

山本へ
君は勘違いしている。
欠点は克服されるなどどうでも良いことだ。
1+1=2レベルの単純明快な、ことが信じるに値し、
その延長線上に科学があっただけ。


248 :Wise :04/08/04 08:05 ID:O3K2ugjZ

親鸞マニアよ
君が示したサイトを一通り、目を通したが
ありきたりな、宗教の教えに過ぎなかったぞ。
あれを読んだだけで、信じるようになったのなら、単純すぎるぞ。
>>245
その発想も時々見かけるが、根拠はなに?
自分が存在することまで否定しているのか?
かわいそうな境遇で、現実逃避?
くだらなすぎる。


249 :名無しさん@3周年:04/08/04 11:40 ID:AYI0R/JE
信じられる人と信じられない人がいるということから
人は今世だけの生でないという仮説はいかがなものか?

250 :名無しさん@3周年:04/08/04 11:58 ID:7eHfxh8K
wiseさんも宇宙の秩序なり法則は
あると思ってるわけだよね。
それがいわゆる神でしょ。
その抽象的すぎる存在(現象)を分かりやすく
擬人化して説明したものを
文字どうりに受け取ってしまっては
妙なことになるわな。
阿弥陀さんとかを、なじみ無い人に
押し付けても違和感あり。


251 :ユダヤ教科学者:04/08/04 12:34 ID:2OojvqcG
化学的に考えると死は何か他のものに変化するんじゃないかな。
土でもガスでも。死後、宇宙上でどの生きた物に変化するって誰が知る・・
でも化学には規則があるから人の死後も規則があるのかもしれない。

252 :山本:04/08/04 13:40 ID:c9pRpWKI
Wiseへ
おまえが言う単純明快とは
死んだ後の人間が目に見えて声が耳にきこえれば信じるということか?

253 :Wise :04/08/04 16:09 ID:O3K2ugjZ

>>250
「自然の秩序や法則=科学」
「それらを抽象化・擬人化したものが神」
神や死後の世界を信じるものは、なかなかその考えを納得しないと思う。
>>252
そんなことは、ありえません。
ただ、そんなことがあると楽しいだろうね。と思います。
現状では、そういった現象が起こる人は、機能的に正常とは言えず、
それが、生活に悪影響を起こすのであれば病気です。


254 :Wise :04/08/04 16:15 ID:O3K2ugjZ

>>251
死後の世界を冷静にかんがえるなら、
火葬なら、一部は燃えカスとなって墓の下に置かれ、体の多くを占める水分は蒸発して飛んでいく。
土葬なら、長い時間をかけて、腐っていき、いずれ土となる。
風葬なら、動物のえさ。
こういうのが、死後の世界ですよ。
けっして、他の世界で幸せに生活したり、天国や地獄に行ったりはしないと思います。
他の物質になって、この世には存在できているから、十分でしょ。
そこに、人格や魂や心は存在しませんけどね。


255 :ユダヤ教科学者:04/08/04 20:00 ID:2OojvqcG
死んだら他の星にワープして違うものになれないかな・・・
そこは天国と呼ばれていて自分が望んだものがかなう土地。
この世に星は無限大にあるんだよ・・。

256 :Wise :04/08/04 20:09 ID:O3K2ugjZ

>>255
むりやり、ネタをひねり出さなくても良い。
科学者をなのるんなら、特にだ。
あと、無限かどうかはまだ、誰も知らない。


257 :名無しさん@3周年:04/08/04 23:17 ID:7Un1Xqtl
世界中の臨死体験で語られている数多くのケースはすべて妄想なんだね♪
すごいね、妄想だってすぐに見抜いてしまうんだから!
あなたは何でも知ってる。そう何でも。あなたが神だよ、きっと!

258 :名無しさん@3周年:04/08/04 23:21 ID:upxsz7xf
>>257
おちつけ。臨死体験は、「臨死」体験であって、「死後」体験ではない。
言っている意味が分かるか?


259 :名無しさん@3周年:04/08/04 23:21 ID:gPtxlNi2
そうか、世界中で夢を見る人がいるから、
夢の世界は実在するのか、凄いな。

260 :名無しさん@3周年:04/08/04 23:25 ID:upxsz7xf
>>259
マジすごいね。夢の世界、超おすすめ。


261 :名無しさん@3周年:04/08/04 23:34 ID:UGLWZo8L
>>248
Wiseさん、前回紹介したサイトを読まれたようですね。
うれしく思います。
ぜひ、次のサイトも、どうか最後(19ページ)まで読まれて、再び、ご意見等、お寄せください。
http://midanoseigan.hp.infoseek.co.jp/guzei.index.html
少しは、誤解が減ればと思います。

262 :名無しさん@3周年:04/08/04 23:56 ID:SZy1AWIT
臨死体験経験者です。
若い時にドラッグをしこたまやりました。
臨死体験ってケタミンを摂った時のヴィジョンにソックリ。


263 :名無しさん@3周年:04/08/05 00:05 ID:HG6ti4uv
おれ、空飛ぶ夢見た。
おれ、死んだじいちゃんの夢見た。
おれ、神様の夢見た。
おれ、トイレの夢みてもらしちゃった。
おれ、怖い夢みて目が覚めた、心臓どきどきだった。
友達も、飛ぶ夢みたって。
え?君も見たの?じゃ、あれは現実だったんだw

264 :名無しさん@3周年:04/08/05 00:30 ID:Vm/bHHfD
今日、巨人が勝った。神宮に見に行ったもん。この目で見たんだ。
あれ?だけど全部幻覚だったんだね。科学ってすごいね♪

265 :名無しさん@3周年:04/08/05 00:33 ID:Vm/bHHfD
そうか、わかったぞ。
ヤクルトファンにとっては、今日の試合は幻覚だ。
だって巨人が勝ったなんて認めたくないんだもん。
認めたくないものは何が何でも幻覚なのさ♪ ちゃんちゃんw

266 :名無しさん@3周年:04/08/05 00:48 ID:8qFFurx5
ここにたむろしてるお前ら、底意地悪くてホントに最悪の性格だよな。
実生活では鼻つまみの嫌われ者なんだろうな。かわいそうに。

267 :Wise :04/08/05 01:06 ID:lRPvj1HR

馬鹿が多くて困る。
夢は、あるだろ。
ただし、見たものの脳内にな。
それを現実と呼べるとは思えない。
まぁ揚げ足取りの愚か者を相手にしても仕方ないが・・・楽しいから良し。


268 :名無しさん@3周年:04/08/05 01:30 ID:U0N31mKS
たかだか“パラメディカル”の看護師の分際で何を偉そうにwww

269 :名無しさん@3周年:04/08/05 01:32 ID:HG6ti4uv
幻覚と現実の差、それは刺激の量。

270 :名無しさん@3周年:04/08/05 01:53 ID:Emyt1V63
現実など捨ててもいいの。が、現実を見据えて卒のないよう行動する。
そんじょそこらのカルト宗教徒どもは現実を超えるというバランス感覚の欠けた奴ばっかり。
ウンコより汚らわしいバカルト、逝ってくれ。、

271 :名無しさん@3周年:04/08/05 02:01 ID:U0N31mKS
死後生の可能性について関心を示すだけでカルト扱いか。
そういう発想それ自体がカルトそのものだなw

272 :名無しさん@3周年:04/08/05 02:09 ID:HG6ti4uv
ゲームの感覚のまま
人殺しちゃう子供。
おクスリで被害妄想にかられ人殺しちゃう大人。
「だれかが殺せって言ったんだ!」
あとで謝ってもらっても、被害者は浮かばれん。

273 :Wise :04/08/05 03:10 ID:lRPvj1HR

浮かぶもなにも、死んだら無。


274 :名無しさん@3周年:04/08/05 04:21 ID:HG6ti4uv
今思いついたが
善行をなし、体もいたわり、朗らかに暮らすとすると
免疫力は良好。
人が罹った病気にも罹る確立が下がる。
これって守護霊に守られてると
擬人化できるかもw

275 :名無しさん@3周年:04/08/05 04:33 ID:EpyUx+CQ
良い霊が付いたから善行をなしてからだを労わり、朗らかにくらす
ようになったんじゃないか?

276 :名無しさん@3周年:04/08/05 04:44 ID:W0/12BEu
昔から、良い人は早死にするって言うけどね。

277 :名無しさん@3周年:04/08/05 09:09 ID:k/bq3IQD
世の中悪人が幅を利かせていることだけは確かだな。特にこのスレにおいては。
パラメディカルの分際で自分を医療者だとでも勘違いしている馬鹿を含めてw

278 :名無しさん@3周年:04/08/05 11:08 ID:XwjarTC5
死後の世界はないと心の底からそう思っていたらここにこない。
あの世はあるかも知れないという心の声を聞いているから気になるのだ。
自分が考えようとすることとは別に心に浮かんでくる思いがある。
この思いにとことん付き合ってみることだ。


279 :名無しさん@3周年:04/08/05 12:33 ID:HG6ti4uv
コンクリート事件の被害者を
救えないようじゃ、霊や神の影響も大したこと無い。
何人の守護霊が放置してたんでしょう。
それとも彼女も霊界で幸せだからOKですか?
現実逃避傾向の皆さんは悪魔的

280 :名無しさん@3周年:04/08/05 13:05 ID:yaLGuZKv
>>279
善霊ばかりじゃないことをお忘れ?

281 :名無しさん@3周年:04/08/05 13:12 ID:nZD7HTBv
霊なんていませんから。残念。

282 :ふつうのひと:04/08/05 16:14 ID:mE/1IluK
死んでも「無」にはならないよ。

火葬されても灰(C)+水分(H2O)+ニ酸化炭素CO2は残る
灰は地球と一体化し、水分はやがて雨となり川、海と一体となり
二酸化炭素は大気と一体となる。これこそが死後の世界ですね。
輪廻について
遺伝子以外にも、このような物質↑も輪廻していると言っていいでしょう。
我々が殺して食っている動植物も我々の体内で輪廻しています。

霊とか魂とかは上記の概念を昔の人が抽象的に認識していたものと考えるのが自然です。

283 :ユダヤ教:04/08/05 17:42 ID:6gKOxIJ+
↑酸性です
他の星に参りましょう。参拝。

284 :名無しさん@3周年:04/08/05 18:29 ID:PAk8kALC
結局、死後生否定派は怖いんだろ、ひょっとしたら死後生があるかもしれないということがwww
だから、ろくに文献にさえあたらずにどこがて聞きかじった屁理屈を振りかざすだけ。哀れwww

285 :名無しさん@3周年:04/08/05 20:54 ID:Ky/UFTXx
結局、死後生肯定派は怖いんだろ、ひょっとしたら死後生がないかもしれないということがwww
だから、ろくに文献にさえあたらずにどこかで受信した電波を増幅して発信するだけ。哀れwww


286 :キケロ:04/08/05 21:58 ID:XwjarTC5
彼らは他人に向かって語ることを学んだ。
しかし、己に向かって語ることは学ばなかった。

287 :名無しさん@3周年:04/08/05 22:38 ID:XYUElabO
>>285
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!!

釣れた釣れた♪(ヒャッヒャッヒャッヒャッ

288 :ふつうのひと:04/08/05 22:54 ID:mE/1IluK
「死後生」って意味不明で聞きなれない言葉だな。
どこの教団の用語なんだろう。


289 :名無しさん@3周年:04/08/05 23:03 ID:RoU1ihED
>>287
(´-`).。oO(ネタをネタと見抜けなかったんでしょ、必死だから・・・)


290 :名無しさん@3周年:04/08/05 23:05 ID:RoU1ihED
>>288
(´-`).。oO(死後について語る人はみんなどこかの教団に所属してるんだね、新発見・・・)


291 :名無しさん@3周年:04/08/06 02:00 ID:ynuOEVHk
つまんなくなってきてる・・・

292 :名無しさん@3周年:04/08/06 12:32 ID:ynuOEVHk
燃料こめろ

293 :Wise :04/08/06 18:49 ID:DAtyOngj

>>290
君は、セックスが出来なくて困ってるだろ。
なんとなく。

今ある、善悪の基準から法など、すべて人間が作り上げたもの。
で、神も死後の世界も人間が作り上げたもの。
後者は、空想だけだけどね。


294 :名無しさん@3周年:04/08/06 19:41 ID:SH46jFEw
>>293
またお前か。脳内看護師のWise
死後が空想だろうが何だろうが、神が存在しようがしまいが、
劣等感に苛まれて、ここでマスターベーションするしか能のないお前が一番哀れなんだよw
お前は肯定派からも否定派からも疎まれる最も惨めな存在。ゴミ。

295 :Wise :04/08/06 20:07 ID:DAtyOngj

相手にしてほしいのか?


296 :ふつうのひと:04/08/06 20:25 ID:oUFosMb+
>>290
「死後生」なんて特殊で意味不明な言葉ふつう使わないよ
なんていう名前の教団が使っているのか教えてよ。
>>294
Wiseさんもふつうのことしか言ってないふつうのひとだと思うけど。


297 :Wise :04/08/06 23:23 ID:DAtyOngj

>>296
俺への評価はそれが正しい。
ただ、現実的な考えをしているだけ。
俺のような、考えが世の中のどのくらいを占めるのだろう。


298 :名無しさん@3周年:04/08/07 07:55 ID:raNuV8Sp
知られたことのみをもって、知ったと称する人は多い。

299 :名無しさん@3周年:04/08/07 08:16 ID:M9NixKk5
>>298
知らないことを知らないと言えない人がまだいる。
「知らざることを知らざるという。これ知ることなり。」(孔子)

300 :名無しさん@3周年:04/08/07 10:47 ID:+23YytqC

「知っている者は喋らない。知らない者だけがよく喋る。」(バカヴァット・ギータ)

301 :名無しさん@3周年:04/08/07 13:26 ID:ofqJOhb1
「知らないのに 脚色して知った風に言う」(バカばっか・ギータ)

302 :名無しさん@3周年:04/08/07 13:49 ID:+23YytqC
>>301
プッ ギータも読んだことがない無教養w

303 :名無しさん@3周年:04/08/07 13:51 ID:cnXCr0EV
むしろ読んでるほうが恥ずかしいと

304 :名無しさん@3周年:04/08/07 14:17 ID:tfFnynLF
>>303
敵を知らずに敵を批判したり、恥ずかしいと揶揄するしか能のない人間が一番恥ずかしいよw

305 :名無しさん@3周年:04/08/07 14:19 ID:tfFnynLF
批判するなら「具体的に」どこがどうおかしいのか、指摘しなければね。
指摘できないということは、相手を何も知らないからだろう。
何も知らない相手をどうやって批判できるのだろうか。
レッテルを貼ることしか出来ない批判厨、議論厨ほどみっともないものはない。

306 :名無しさん@3周年:04/08/07 14:22 ID:tfFnynLF
>>303
で、僕もギータって読んだことが無いんだけど、どこがどう恥ずかしいのか、具体的に教えてくれないかい?

307 :名無しさん@3周年:04/08/07 16:08 ID:/tOI6kDg
バカヴァットでGoogle検索……5ページ見つかりました

308 : ◆z0xBLbDZeg :04/08/07 18:55 ID:5IKNXrWx
・・・

309 :ふつうのひと:04/08/07 19:25 ID:olskIMCi
>>297
ここの板以外でなら90%越えてるとおもうですよ。

310 :名無しさん@3周年:04/08/07 20:36 ID:ftXdgwdV
自作自演はみっともないぜ、自称・看護師さんw

311 :名無しさん@3周年:04/08/07 20:45 ID:kcDJ6h0Z
人格に問題が有る人が多いな。
議論のルールも守れないならROMってろ。

312 :名無しさん@3周年:04/08/07 21:17 ID:QYg4Vgqt
人格に問題があるというよりも境界例が多い。
議論の仕方を知らず、揚げ足をとって相手を口汚く罵倒するだけ。
冷静さと謙虚さがなければ議論は成立しない。


313 :名無しさん@3周年:04/08/08 02:44 ID:l4zgBS/Z
もし死5世なかったら
信じてる人達、生きる希望なくして荒れた生活するの?
そんな勇気ないでしょ、正直なところ。
それなりに何とか充実させようと考えるのでは。


314 :Wise :04/08/08 11:47 ID:t1BxLzc1

で、死後の世界は、いつごろ証明されると思う?
俺が生きてるうちに証明してほしいな。
ギャフンといわせてください。


315 :名無しさん@3周年:04/08/08 11:54 ID:ozLiRVNE
死後の世界がないということを証明してほしい。
それが証明されたらぶっちゃけなんでもやり放題だろ。
やったもん勝ちだから。レイプ、窃盗何でもあり。
逮捕されなければこっちの勝ちなんだから。
はやく証明してくれよ〜

316 :実存:04/08/08 12:29 ID:vcNhdbVG
死後の世界は存在しない。ただし、光明を得た人にとってはだが。すなわち、
悟りを得た人には今があるのみ。過去を生き、未来を生きる者には死後の世界は
存在する。それは決して終わらない。
それを楽しむか苦しむかはその者の生き方による。

317 :名無しさん@3周年:04/08/08 12:46 ID:l4zgBS/Z
それって
悟りを得た人(ただしくものを見れる人)以外は
妄想、幻想、自己中の世界に生きてる(夢の中)だけと
いうことかな?


318 :名無しさん@3周年:04/08/08 13:10 ID:Kl3RbduG
>>315
あるものが「存在しない証明」は不可能だということすら知らんのか…。

319 :名無しさん@3周年:04/08/08 13:27 ID:wul7Qvcr
>>315
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%82%AA%E9%AD%94%E3%81%AE%E8%A8%BC%E6%98%8E

320 :名無しさん@3周年:04/08/08 13:54 ID:l4zgBS/Z
>319
ためになった

321 :名無しさん@3周年:04/08/08 14:31 ID:aBekWspN
>>315
死後の世界なんて、ないから安心しろ。
善悪なんて、明らかに人間の考えたものだろう。

例えば人を殺してはいけない、ということでさえも、ある場所ある時点で「善いこと」になる。
また、人を殺しても、ボランティアを10回やったら相殺とか、そういうことがあると思うか?
死後の世界の考え方は、このような矛盾を論破することはできない。

それに、上記の矛盾を回避するために、死後の世界はあるけど善悪に関係ない、ということであれば、
レイプ、窃盗何でもありであることに全く変わりはないわけだ。

安心したかい?今からレイプいくか?


322 :ふつうのひと:04/08/08 16:26 ID:AX9x5C2Z
>>315
死語の世界がないなら君は犯罪を犯しても平気なのかな?
そうじゃないでしょ。ふつうのひとはそんなことしないよ。
君はどのようにして「死後の世界がないと、人間は衝動を抑えられず、
刹那的で退廃的な生き方しかできない」という先入観を持つに至ったのですか?
君の所属する教団はそのような性悪説のようなものを唱えているのですか?
カルト臭が漂ってますよ。

323 :名無しさん@3周年:04/08/08 16:36 ID:l4zgBS/Z
そうそう、意外に小心者なんだよ。
現実逃避で引き子守傾向で。
・・・ズバリとスマソ。

324 :亀仙人:04/08/08 17:03 ID:r7ECZuek
死後の世界が存在しない人もいます。
それは、文明が極度に発達して、自らを
神と対等と思う人たちで専有された社会です。
こういう人たちは、別に地獄に送る罪業を犯した
わけではないので、裸の魂(肉体なしでは魂は眠った状態)
のまま、大殺界地獄におくります。
大殺界地獄では、魂は何の自覚もなく約200万年で消滅します。

325 :名無しさん@3周年:04/08/08 18:20 ID:4l7EiL5y
toふつうのひとさん

死後の世界に関心を持つだけで、どこかの教団に属しているとか、カルト臭とか、
なんでそういうレッテル貼りをするんですか?

326 :名無しさん@3周年:04/08/08 19:05 ID:wul7Qvcr
>>325
死後の世界に関心をもつだけの人じゃなくて、
死後の世界がないなら犯罪やったもん勝ちだと考える人への言葉だと思うが

327 :名無しさん@3周年:04/08/08 20:20 ID:laG7gE8l
>>326
どちらにしても死後の世界の可能性のあるなしについて関心を示している。
で、なぜレッテルを貼るのか、と>>325は尋ねているわけだ。
レッテル貼りとは、それ以上反論できない、あるいは議論継続不能に陥った人間のとる、常套手段とも言えるわけだが。
自分たちは証明する必要が無い(無いものを無いと証明することは不可能だからそれはよしとしよう)、
しかし、肯定派は何が何でも証明せよ、と詰め寄る。2chの掲示板で? それが可能だとでも本気で思っているのかね?
現時点では所詮不可能であることを承知の上で、そのようなイジメまがいの詰問をする。
こういうやり方は、否定派の私から見ても理不尽さを感じるし、とうてい承諾できるものではない。
そもそも、なぜ肯定派が否定派のために証明してやらなければならない義務があると言うのだろうか。
そんな義務は誰も負うてはいないし、自由に思いのままに、自らの思いを投稿すればいいだけだ。
気に入らない意見を排除したいのなら、自分で掲示板をこしらえて、そこで思いのままに管理すればいいではないか。

328 :名無しさん@3周年:04/08/08 20:28 ID:2gJqI0gO
死後の世界が存在するとしてその内容や関連事項を
描くなり示すなりしているのが,多くの宗教.
死後の世界の存在を未だ証明できず
そもそも検証すらしていないのでその存在は未知数であり,
有無を明言することが出来ないとしているのが科学.
またコレまでに判明している科学的事実や,死後に関する
情報の少なさからそもそも検証する事自体,
現状では無意味である とする場合が多い.

今の社会で万人を納得せしめる証明手段というのは
やはり科学に他ならず,他の手段では納得しない人間が多い.
科学的推測をするとすれば,死後の世界というのが
現状の科学知識から推測が可能であるかすら怪しいが,
その上で推測するのは面白いかもしれない.

329 :名無しさん@3周年:04/08/08 20:32 ID:Mna+Ps/t
★念仏宗無量寿寺の実態★
社会的地位を利用して断り難い立場の人に狙いを絞り
決して教団名を名乗らずに済度(勧誘)する。
「とにかく良い話があるから京都まで来て欲しい。」と言うだけ。
京都へ2日間行くと意味不明の説法、儀式を受ける。30数万円払う。
(詳しい事は過去ログ倉庫、京都での儀式にほぼ全て書いてあります)
京都での儀式入信した事は例え親家族であろうと口外禁止。
無量壽寺の名バラしたら無間地獄へ落ちると脅される。
同行になってからも出費(護持費、会費、廻向費、御布施など)は重む。
同行になると3人は済度しないといけないとノルマを命じられる。
同行が亡くなったら「涅槃が出たぞ」と近くの同行が集まって
その遺体を触ったり、持ち上げたり、口の中に手を突っ込んで匂いを嗅いだり。
御開祖様(教祖)は元サイコロ占い師で詐欺で告発寸前まで行った分際で
秋篠宮真子様の名付け親だと平気で豪語する始末。
主な著名人同行、皇族全員、聖徳太子、徳川家康、宮沢賢治、手塚治虫、野中広務など
【過去ログ倉庫】
http://dempa.2ch.net/prj/page/nenbutusyu/
前スレ
【死体】念佛宗無量壽寺第二十章【いじり】
http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1059862323/


330 :名無しさん@3周年:04/08/09 01:42 ID:o8gjWsLz
問題は一点、恐怖を利用してること
恐怖の状態の人間に自由はない
自由こそ指標だ。

331 :名無しさん@3周年:04/08/09 09:53 ID:EjFDtQHC
エジソンは霊界と話をできる電話を研究していたとTVでやっていた。
どのような方法で霊界電話をつなごうとしていたのだろう。
その一端でも知ることができたら一歩進展するかもしれない。

332 :名無しさん@3周年:04/08/09 10:50 ID:EV+R+IjY
霊界なんてねぇよ 宗教ってウザイな
ま 頭膿んでるから仕方ないか
死後の世界で鬼畜、地獄に落ちるとか 転生できないとか
運がないのは入信しないからとか 入信しないと不幸になるとか
本当になんだかよ 
ま 宗教なんて自由だからいいけどよ 出来るなら類友同士で争うなよ
ま 宗教団体なんて ないもの 存在しない世界を信じ続ける怖い集団でしかないな
早く人間やめる前に脱会しろよー
と心の中心で不浄の愛を叫んでみる


333 :名無しさん@3周年:04/08/09 12:32 ID:OLeWNWXh
>>332
だから、宗教と死後の世界を勝手に結びつけるなよ。
宗教やカルトが唾棄すべき存在なのは誰もがわかっていることなんだから。
むしろ、以前からこのスレでも再三指摘されていることだが、
死後の世界を認めることで自分たちの教義体系が脅かされると思い込んでいる、
特定の宗教的バックボーンをもった連中が必死になって工作しているように感じられる。
宗教を批判しているが、その批判している宗教の中に自分たちの宗教は含まれていないというわけだ。

334 :名無しさん@3周年:04/08/09 12:56 ID:RarJ9qKI
神様なんて本当に居るの?目に見えなきゃ信じられませんな。信じて欲しけりゃ姿を見せろ神よ

335 :名無しさん@3周年:04/08/09 13:10 ID:o8gjWsLz
電波も空気も見えないが存在してるw

336 :名無しさん@3周年:04/08/09 13:15 ID:oBeU5IH1
電波や空気は誰でも秋葉原で買える程度の器材で観測できるぞ

337 :名無しさん@3周年:04/08/09 13:43 ID:RarJ9qKI
そうか!神とは実は電波や空気の事だったのか〜!
電波や空気が無けりゃ人間は生きてけないもんね
あー電波さまさま空気さまさまやーありがたやー

338 :名無しさん@3周年:04/08/09 14:21 ID:o8gjWsLz
他にもあるぞ、人間は色々なものにお世話になってるーありがたやー

339 :名無しさん@3周年:04/08/09 14:31 ID:zSqtPbBq
死後の世界にお世話になった人間は、今まで誰一人としていない。

340 :無宗教者:04/08/09 17:32 ID:rxKgDOUh
>>334
見えるものしか信じられない原始的な脳みそでは
原子分子やクォークすらも信じられないのでしょうね.
無論それらを疑うのは大事,常に疑うのも大事だが
それは疑うことを検証に繋げられる者にのみ有意義なこと.

死後の世界や神という宗教的な概念的存在が
仮に実在するとした場合,その存在は
まず現在の物理学的に実在しているとは考えにくい.
しかし,現在の物理学とは全く違う体系の系が存在する
と仮定することは十分に可能だし,その前提なら十分に存在しうる.
例えば見えもせず聞こえもしないはずの死後の世界や神を
人間が知っていること自体,それらが人間の空想の産物である
などと結論づけるのは「存在しない」という前提で語っているからで,
全く別の系で「存在している」からこそ,その存在に喚起され
過去の人間が神や死後の世界を宗教的世界観で説明したとも考えられる.
まぁつまり,死後の世界を含む全く別の系は,私達の観測する物理的世界に
何かしらの方法で影響力を持っていると考えるべきだろう.
さてそこで,魂の話.
ここでは魂を「人間らしさの素」として話そう.ゾンビに無く幽霊に有るもの.
魂を現在の科学的検証で最も近いもので表すとすれば,脳内神経ネットワークにより
形成される「過去から現在を判断する複雑なシステム」になろうと思う.
生物なぞ脳があろうが無かろうが,生物的に大差はなく全て生物であるのに
そこに現れる「法則」というものには何か段階を感じる.
これは物理学的法則全般に言えることで,何々なる理由はこの法則による と
説明は出来てもその法則がその法則である理由,法則の上に法則が重なる理由というのは
科学では説明の難しいところだ.
ここに 別の系 というモノを見ることが出来るのではないだろうか.
そもそも所謂「世界」と言う物は一つだろう.物理的観測が可能な領域を指す言葉でもあるから,
そうでない世界というモノを仮定するなら,物理的観測が可能な世界を分割するか,
物理的観測以外のものにわざわざ世界観を考え世界と名づけるということになる.
ある法則の集団が何かしらの条件で「上位」に昇華したりする.こういったシステムを・・・

341 :無宗教者:04/08/09 17:39 ID:rxKgDOUh
こういったシステムの関連を一つの世界として捉えれば,
或いは死後の世界というモノをその世界に見れるのかもしれない.
ある複雑な神経ネットワークにより喚起された 魂 (思考)は,その神経ネットワーク
即ち脳内の神経細胞の状態に拠る.
これは物理的観測が可能な存在で,我々の魂は脳という存在に拠ると言える.
脳が破壊された場合,脳内ネットワークは消え,魂は物理的に観測不可能となるが,
別個に仮定した法則と法則による世界観では,出来上がった一つの複雑な法則は
物理的存在に拠るわけではないのだから,消えるとは思えない.
単に物理的観測が可能な世界とのつながりが切れるだけである.
コレこそが死後の世界であり,古来 物理的観測とは別に
ヒトの魂が感じていた世界なのではないのだろうか.

342 :名無しさん@3周年:04/08/09 17:42 ID:oBeU5IH1
>まぁつまり,死後の世界を含む全く別の系は,私達の観測する物理的世界に
>何かしらの方法で影響力を持っていると考えるべきだろう.
影響力を持っていると考えるべき根拠が示されていないのに唐突にこの文が出てきている。
「つまり」を使ってるわりに前の文と繋がっていない。

>生物なぞ脳があろうが無かろうが,生物的に大差はなく全て生物であるのに
大差が無いとは思えない。
大差が無いという意見の根拠を明確に示してほしい

343 :名無しさん@3周年:04/08/09 18:23 ID:Tvf/WfOh
仮に実在するとした場合,実在しているとは考えにくい.
仮定することは十分に可能だし,その前提なら十分に存在しうる.
したとも考えられる.考えるべきだろう.
になろうと思う.表すとすれば,何か段階を感じる.科学では説明の難しいところだ.
ではないだろうか. 一つだろう.でもあるから,仮定するなら,
かもしれない.可能な存在で,消えるとは思えない.なのではないのだろうか.

わけわかめ

344 :無宗教者:04/08/09 18:23 ID:rxKgDOUh
>>342
>「つまり」を使ってるわりに前の文と繋がっていない。

繋がってるだろう.
影響力を持っていなければ完全に私達には観測不可能.
つまり死後の世界的なものと私達の世界をつなげるものは無くなる.
事実としてどうとか言うのではなく,そのような仮定は無意味だ.

>大差が無いという意見の根拠を明確に示してほしい
差がある差が無い などというのは人間の感覚であるからして
明示できるようなものではないが,
生物学において脳が形成されているかいないかというのは
行動様式が僅かに変化するだけで,それほど大きな事としては扱われない.
進化の過程を図示する再にも,脳の形成度によって分けることは稀だ.
また,脳の形成度によって分ける際も,どの程度の神経ネットワークの中心が
集まれば脳とするのかはさほど明確ではない.

345 :名無しさん@3周年:04/08/09 18:27 ID:RarJ9qKI
ノミやダニの霊を見てみたいw

346 :葉山:04/08/09 18:45 ID:ryy3uNyk
宗教とは、極端な人間中心主義の表れである。

347 :名無しさん@3周年:04/08/09 19:08 ID:oBeU5IH1
>>344
>見えもせず聞こえもしないはずの死後の世界や神を
>人間が知っていること自体,それらが人間の空想の産物である
>などと結論づけるのは「存在しない」という前提で語っているからで,
>全く別の系で「存在している」からこそ,その存在に喚起され
>過去の人間が神や死後の世界を宗教的世界観で説明したとも考えられる.

上記の前者の可能性を否定しないならば、完全に私達に観測不可能でもかまわないはず。
観測不可能ではないと考えるべきであると結論しているということは、
後者である
>全く別の系で「存在している」からこそ,その存在に喚起され
>過去の人間が神や死後の世界を宗教的世界観で説明したとも考えられる.
と言う部分を既に採用していなければならない。
つまり、
「全く別の系で「存在している」からこそ,その存在に喚起され
過去の人間が神や死後の世界を宗教的世界観で説明した『と考えるべきだ.』」と結論していないと
その後の文章で
「観測不可能ではないと考えるべきである」と展開はできない。
このことを踏まえて、あなたが
「全く別の系で「存在している」からこそ,その存在に喚起され
過去の人間が神や死後の世界を宗教的世界観で説明した『と考えるべきだ.』」
と結論するに至った根拠を示してほしいというわけだ。

348 :無宗教者:04/08/09 19:17 ID:rxKgDOUh
>>347
>完全に私達に観測不可能でもかまわないはず
だから,340ではそもそも死後の世界を仮定することを目的においている.
前者の可能性は確かにあるが,それを一つの結論としたのでは話が進むまい という事.
『と考えるべきだ.』というのは別に万人そのように考えるべしという
事ではなく,340のように考えを展開するならば,
そういう方向で仮定をすすめるのが良いのではないか という程度の事です.

結論に至ったもなにも,そもそも340はただの推測でそれ自体仮定のようなもの.
『と考えるべきだ.』 というのは私が私に対して念を押したのだと思って流してください.

相手の言葉尻を捕まえて批判するというのは
非生産的な行為だと思いますよ.
多少の語弊は流すか確認する程度にすべきでしょう.

349 :名無しさん@3周年:04/08/09 19:22 ID:oBeU5IH1
>>348
仮定の話か。OK。理解できた。

350 :無宗教者:04/08/09 19:41 ID:rxKgDOUh
このままでは科学者なのに死後を仮定する変人になりそうなので
一応,死後の世界の否定もしておきます.
そもそも否定といったって科学で非存在を証明できるはずもないのですが.

ヒトの精神・心・思考というのは脳内ネットワークのみならず体全体の
細胞を使ったネットワークの上に成り立っているものです.
したがって体を失った後に生前と同じネットワークが形成されたまま
なはずが無いのです.
魂なるものが意識を持ったまま天国へ行く というのは
行ったとしても見る聞く感じるなんて事はそもそも感覚器がないのだから有りえないわけで.
一種のエネルギー体として魂が輪廻転生だかに巻き込まれる──心や思考は失われる
というのであればコレは死後の世界があるとはいえませんし.

やっぱり無駄ですね・・・存在しない事を証明するのは無理だ・・・
魂が「実在する」というのであれば必ず物質であるはず.
しかし,そのようなものは検出されない・・・はず(魂が何グラムとか言うのがあるらしいですが)

351 :自我の終焉:04/08/10 12:08 ID:5w60F4b0
ヒトの精神・心・思考を
皆さんかいかぶってるのでは。
パソコンの前にいる様な状態が
意味深く絶対と思われがちだが
毎晩寝てる時どれほどの意識が保たれてますか?
夢の中でおしっこしちゃった事もあるでしょ。
刺激強すぎれば気絶しちゃうし。
自我を構成してる条件付けを一つ一つはずしていけば
個人もなくなる。
ヒトの精神・心・思考は
単なる体が効率よく機能する上での
仮想のフィールドでは。
個人の死後には
まだ生きてる人の世界があるだけ。



352 :ユダコ:04/08/10 13:06 ID:0cg1EOSF
死んだら水素ガスになろう・・・

353 :名無しさん@3周年:04/08/10 13:47 ID:8+wXDWU1
死後の世界は絶対存在しますよ〜
ねーねー、なんで皆もっと素直になれないんですか?
バカな理屈ばかり並べないでもっと素直になりましょうよ〜
ワカランチンの天邪鬼さんばかりで困ったもんですよね〜
かつて古代人たちは研ぎ澄まされた感性で死後の世界を感じ取っていたんです
ルールがあるんですよ、大宇宙を貫く普遍的なルールが。
よーくご自分の人生を観察して御覧なさい、きっとあなたにもわかるはずだから。

354 :名無しさん@3周年:04/08/10 14:44 ID:URDQu0Tr
「研ぎ澄まされた感性で感じ取った」ことが後に科学的に誤りであるとされた例は多々ある

355 :名無しさん@3周年:04/08/10 15:28 ID:BPyLv+xb
死後の世界が存在するなどと言う者は、一度死んでからにしてくれ。万一無くても
責任は負わんが。

356 :名無しさん@3周年:04/08/10 16:27 ID:5m1yan47
>>354 >>355








いまどき、縦読みに引っかかるとはwww


357 :名無しさん@3周年:04/08/10 16:28 ID:5m1yan47
>「研ぎ澄まされた感性で感じ取った」ことが後に科学的に誤りであるとされた例は多々ある

では、多々あるというその具体例を示してください。


358 :名無しさん@3周年:04/08/10 16:41 ID:tXj/eJbH
実例出したら、それは研ぎ澄まされた感性で感じ取った例ではなく、
ただの思い込みで勘違いしてるだけ、適当ではない。と反論できるな。

359 :無宗教者:04/08/10 16:45 ID:cYZiN91e
>>357
精霊や妖怪の仕業とされていたことが
地震や竜巻,台風といった自然現象として証明されたものはある.
上記自然現象は発生のメカニズムが科学的に有る程度解明されている.

しかし,そもそも科学は真理を 求める 証明機構で,
必ずしも証明結果が真理であるとは限らない.
研ぎ澄まされた感性で感じ取った事に後から科学的裏づけが成されることは多々あるし,
また科学的に証明されたことが間違いであった事例というのは数え切れない.
科学は説得力のある証明機構というだけで,真理であるわけではない.

360 :名無しさん@3周年:04/08/10 19:20 ID:TodK5MH7
デンパ人間達は少しは生物学を学んだ方がいいぞ。

http://science3.2ch.net/test/read.cgi/life/993373062/

361 :名無しさん@3周年:04/08/10 19:22 ID:HUgIX951
現代の科学と最もマッチしている宗教って何だろう。

362 :無宗教者:04/08/10 19:34 ID:cYZiN91e
科学そのものが宗教的になっている.
359で挙げたとおり科学は真理ではない.
科学者はそのことを理解しているし,常に念頭に置き
検証などをする.
しかし,非科学者の中には科学こそ真理,
科学的に証明されたことこそが真実
などと考えているヒトもいる.
そういったヒトにとって世界というモノを認識の中に固定し
現象について考えずに結論をあらかじめ決定しておく
という意味で,科学は宗教となんら変わらないものであるのだと思う.

363 :名無しさん@3周年:04/08/10 23:41 ID:Hx+1QVPh
>>362
宗教の定義にもよるが、人を安穏へと導くことを最低限の要件と考えるならば、科学はそれを満たしているとは言えない。
また、科学の成果を信じることはできるが、それは科学的態度でもなんでもない。
よって、科学が宗教的になっていることなどあり得ない。

>>361
釈尊は物事を偏見無く見据えることからはじまる安穏を説いた。
原始仏教、初期仏教がこの態度を色濃く残しているといえる。
仏教は元来不可思議な仮定を廃した論理的な教えであり、現代でも通用する数少ない宗教であると言える。
ただし、部派仏教は多くの不合理な議論を肯定したため歪んだ体系を包含している。
これを初期仏教であると考える誤謬を犯すことの内容注意されたい。

364 :名無しさん@3周年:04/08/11 00:12 ID:imylY1Zy
>>363
そう、釈尊は死後の世界のことなどは
話さなかったそうです。


365 :無宗教者:04/08/11 01:11 ID:aWfRWBXx
>>363
そうかな?
安穏へ導かれてる人も居るよ.
それに科学的態度でないからといって,
科学を妄信的に信じている人にとって
科学が宗教的でないということにはならないだろう.
>また、科学の成果を信じることはできるが...
科学が宗教に成っているわけではないな.
ここは言葉の端々を細かくつつく人が多いですね.
科学の成果か・・・

366 :名無しさん@3周年:04/08/11 02:23 ID:imylY1Zy
つまり
自分に不利益な死を受け入れる態度か、
何とかごまかして永遠に逃げたい態度かでしょ。
何千億という命がそっと生まれ静かに死んでいった。
現象としてはこれだけ。

367 :亀仙人:04/08/11 16:56 ID:kg22ne+4
私は、すでに憑依体験で地獄も浄土もあることを経験しています。
でも、ときどき、死んだらそれで終わりという固定観念が頭を
もたげます。
この世にいる限り、死後の世界を絶対視できないのは、人間一般の
業なのかもしれませんね。

368 :亀仙人:04/08/11 17:09 ID:kg22ne+4
憑依した神仏
ルビルシャナ仏、日蓮、法然、親鸞、一休
豊臣秀吉、徳川家康。明智光秀、徳川吉宗(無間地獄)
坂本竜馬、牧口常三郎、戸田城西(2名は当時阿鼻地獄、現在浄土)
その他多くの神仏

369 :名無しさん@3周年:04/08/11 17:53 ID:Td4rxnPL
ここの板では「真理」「真実」という言葉が頻繁に見受けられますね。
統計を取ったわけではありませんが、カルト教スレほどその頻度が高いようです。
私は最近では「真理」「真実」という言葉に対して、
物凄く胡散臭いイメージを持つようになってしまいました。
いつから「真理」「真実」という言葉はこんなに安っぽくなったのでしょうか。


370 :名無しさん@3周年:04/08/11 18:18 ID:zwNd8pQb
なんか糞難しい話してるな
死後の世界は無いなら、霊も当然居ないよな

371 :名無しさん@3周年:04/08/11 20:22 ID:imylY1Zy
憑依って・・・
私は仏陀の生まれ変わりだ、とか
言ってるの何人もいるよね。気をつけないと。
麻Oも言ってたし、エルカンターレとかも(`・・_´) 許さないよー
そうそうブルースリーの映画見た後
自分もカンフーマスターの気分になってたw

372 :無宗教者:04/08/11 20:41 ID:Qw8lohR3
>>370
まぁ死後の世界が有るという前提に立てば,
霊も当然居るのでしょう.

373 :名無しさん@3周年:04/08/12 01:17 ID:cgGIXSmT
wiseまだ?

374 :名無しさん@3周年:04/08/12 04:51 ID:8y+LbZEJ
WISEさん、ありがとう
死後の世界にビビってる私はヘタレですが
Wiseさんのレスは一瞬でも励まされるよ・・・

375 :名無しさん@3周年:04/08/12 05:40 ID:nmcr80z8
死後の世界が無く、永遠の無の中で、
感情も感覚も無しにすごせるのならば、
それは最高の天国だな…

376 :名無しさん@3周年:04/08/12 09:35 ID:hAaVQnnp
死んで、もし火葬とかせずに、野ざらしで放置したとしたら、肉体が朽ちて、塵となって
そこに肉体があったと完全にわからなくなるまで数ヶ月(詳しくはしならない)かかると
思うんですよ。
それと同じで、死んだからって心(精神)も一気に消えてしまうんじゃなく、だんだんと
朽ちていくんじゃないかなと、思っています。
体の大きい人や骨の丈夫な人の肉体は完全に風化するまでに時間がかかる
だろうし、たまには化石になってずっと残る人もいるのかもしれない。
同じように、精神も、人それぞれで、すぐに風化する人もいれば、未練やら恨みやら
あってずっと残ってる人がいるんじゃないのかな。
最終的には、「自分」という意識はなくなって、大きな流れのようなものになれたら
いいなと、思ったり。



377 :名無しさん@3周年:04/08/12 10:30 ID:eumvylGL
精神は肉体みたいに存在としてあるものでなく活動としてあるものだから
活動が止まった時点で消えるのでは
完全に壊れてしまったテレビの物質そのものは長年かけて徐々に朽ちるけど、
画面に映る映像は完全に壊れた時点で映らなくなる

378 :名無しさん@3周年:04/08/12 12:12 ID:j+b9GGYu
★念仏宗無量寿寺の実態★
社会的地位を利用して断り難い立場の人に狙いを絞り
決して教団名を名乗らずに済度(勧誘)する。
「とにかく良い話があるから京都まで来て欲しい。」と言うだけ。
京都へ2日間行くと意味不明の説法、儀式を受ける。30数万円払う。
(詳しい事は過去ログ倉庫、京都での儀式にほぼ全て書いてあります)
京都での儀式入信した事は例え親家族であろうと口外禁止。
無量壽寺の名バラしたら無間地獄へ落ちると脅される。
同行になってからも出費(護持費、会費、廻向費、御布施など)は重む。
同行になると3人は済度しないといけないとノルマを命じられる。
同行が亡くなったら「涅槃が出たぞ」と近くの同行が集まって
その遺体を触ったり、持ち上げたり、口の中に手を突っ込んで匂いを嗅いだり。
御開祖様(教祖)は元サイコロ占い師で詐欺で告発寸前まで行った分際で
秋篠宮真子様の名付け親だと平気で豪語する始末。
主な著名人同行、皇族全員、聖徳太子、徳川家康、宮沢賢治、手塚治虫、野中広務など
【過去ログ倉庫】
http://dempa.2ch.net/prj/page/nenbutusyu/
前スレ
【死体】念佛宗無量壽寺第二十章【いじり】
http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1059862323/

379 :名無しさん@3周年:04/08/12 12:23 ID:cgGIXSmT
>>375
禿同!
それにより今がよりいとおしい物になる。
それなら短絡的な犯罪を犯す、などは
来世信者の精神的弱さ(恐怖)の露呈。


380 :名無しさん@3周年:04/08/12 21:55 ID:xt+Q3HKS
スレ違いかもしれませんが、質問させてください。
エマヌエル・スウェーデンボルグの「霊界日記」という本を読んで
最近、霊界などに興味もったのですが、
この著作品、著者に関して、過去にスレッドがあるかどうか、ご存じの方いらっしゃいますか?
それと、彼の書いた霊界についてどう思われますか?
(スレ違いでしたらスルーでお願いします)

381 :ユダコ:04/08/12 22:19 ID:TnQ3MemB
火葬反対。

382 :名無しさん@3周年:04/08/12 22:45 ID:c48nBQWL
死後の世界を語る人物自身、一度も死んだことのない人物だよ。

383 :名無しさん@3周年:04/08/13 02:48 ID:cup3CQya
>382

誰でもそうじゃんか。

384 :名無しさん@3周年:04/08/13 12:40 ID:VCoFmZUt
wise,お盆休みか?

385 :名無しさん@3周年:04/08/13 23:19 ID:Q/0eENMW
全ての精神活動が脳に起因するものと仮定すると、
「全ての精神活動は脳に起因する」と認識しているのは一体何者なのでしょうか!?
機能そのものが、機能それ自体を認識し得るものなのでしょうか?
さらには、
「全ての精神活動は脳に起因する、と認識しているのは一体何者なのでしょうか!?」
と問いかけている「私」とは一体何者なのでしょうか?

386 :名無しさん@3周年:04/08/13 23:43 ID:bazllkaq
精神活動は脳
科学によって明らか
地球上で唯一、人間だけがたどり着いた境地

神を造ったのは誰か?
人間の脳
霊の気配とかいう胡散臭いものを感じるのは
人間の脳

私を私と認識しているのも脳
脳こそ最も偉大と知れ
神も霊も人間の分だけ、人間の脳の中に居る
逆に言えば、脳の外に神も霊も存在しない

最終結論



387 :名無しさん@3周年:04/08/14 00:53 ID:8uyDpS2/
>>386
科学によって明らか、ということですが、ではその研究者の名前と文献名を具体的にお教え頂けますか?
私の問いかけは、私を私として認識しているもの、をずっと無限に追及していけるのは何故か?ということです。
脳という限定された機能の内部のみにそれを求めることは無理があるのではないかということです。
数に限りがある神経細胞の働きでそれは説明できません。
私は誰か、という問いかけをずっと続けてみた経験はありませんか?
それをずっと追求していくとある時点から「視点」が逆転します。
「反応させられている私」から、「反応を作り出している私」への転換です。
私は誰か? 私は誰かと問いかけているこの私は誰か?
私は誰かと問いかけているこの私は誰かと問いかけている私は誰か?・・・・・
機能とは機能している器官の内部のみで完結する閉じた系です。
そのことと、そのことに対する認識はまったく別で、認識とは機能というシステムの外にあると私には思えます。
それを証明することはできません。なぜならそれは「機能の外」だからです。
しかし、それは「認識」としてそこに顕われ続けているようです。

388 :名無しさん@3周年:04/08/14 01:09 ID:E1VYe8/t
無限ループくらいコンピューターにでもできるわな。
OSがOSの状態を監視する機能だってあるだろ。
おんなじだ。

389 :名無しさん@3周年:04/08/14 01:17 ID:tRxPgxZl
やっと面白くなってきたね

390 :名無しさん@3周年:04/08/14 01:44 ID:8uyDpS2/
OSがOSの状態を監視する機能は、人間が付与しました。
では、意識を意識として認識するという現象はどこから生じるのでしょうか。

391 :名無しさん@3周年:04/08/14 02:28 ID:yF7p+FOS
脳の発達からじゃないか?

392 :名無しさん@3周年:04/08/14 02:56 ID:7vOx8Lns
>>337
どうも難しく考えすぎている
私は誰かと問い掛ける私は、私以外では有り得ない
猿が自問するか?
なぜ人間だけが自問するか考えればいい
何が違う? 機能、つまり脳となる
神話を作ったのも天国・地獄の存在を説いたのも人間
人間が居なければ、地球上に神や霊は居たか?
おそらく何もないままだ

哲学するだけでは何も見えん
それと脳の外側に何かあると仮定するとして、
やはり神や霊では有り得ない要素が多すぎる

393 :名無しさん@3周年:04/08/14 04:10 ID:tRxPgxZl
ブシツの存在は有機的なつながりの上にある。
いかなるエネルギーもつながりを持っている。
思考も電気信号。
肉体はたんぱく質等のかたまり。
どれも単独で存在出来ない。
すべてはエネルギー現象。
387の言う、認識もエネルギー現象。
そしてそのエネルギー源はビッグバンにある。
我々はビッグバンで発生したエネルギーの
一つの途中形態であるのでは。

394 :名無しさん@3周年:04/08/14 04:47 ID:f99WEi3O
現在正しいとされる科学や諸々の事実に矛盾せず、
かつ神の存在を認めるような体系を作ることは出来るだろうけど、
なんか「屋上屋を架す」って感じで好きじゃないなあ。

395 :名無しさん@3周年:04/08/14 10:07 ID:Jax/FSgo
>>386
>科学によって明らか、ということですが、ではその研究者の名前と文献名を具体的にお教え頂けますか?

これはいい質問だ。是非教えて欲しい、>>386君。
どこの何という研究者がどういう研究の結果、それを明らかにしたのか。
そして、その文献名をここに明らかにする義務が君にはある。
それが出来ないというのなら、君もいい加減な肯定派と同様、
はじめに結論ありき、の単なる思い込み信者に過ぎないということになる。
科学のかの字も知らない人間に、軽々しく科学科学と喧伝してもらっては困るしな。
さあ、是非納得のいく説明を頼むよ、>>386君。

396 :名無しさん@3周年:04/08/14 13:29 ID:tRxPgxZl
横スレスマソ
>科学によって明らか、ということですが、ではその研究者の名前と文献名を具体的にお教え頂けますか?

医学的にも人間の死は肉体の死、と確定されてると。また脳科学で多くの学者が
実験で認識のシステム等を明らかにしているのでは。
もしこれらが明らかでないならば、死んだ人を今まで人類が火葬や土中に埋葬することを
了解してきたとは思えない。
常識として、そこに一つのシステムの終焉を認めてると思うが。
死5世を語るにしても、上記のポイントは譲れない。



397 :名無しさん@3周年:04/08/14 14:32 ID:7vOx8Lns
ちょっと検索すれば誰でも何か見つけられるんだが・・・
http://www2.health.ne.jp/library/0800/w0801003.html

研究者名と文献を示せと言うが
脳という複雑な器官を、一人の学者が解明できるわけではない
科学は一人一人の研究発表を無数の学者が検証する事が重要
検証ありき
カリスマや哲学者のように一人で導き出せる答えではない
あまり有意義な質問じゃないなコレは

あと神はどうかと思うが、宇宙は何かありそうな気もせんでもない

398 :名無しさん@3周年:04/08/14 15:01 ID:WUksYSP/

誰も1人の研究者とは言ってないと思うが。

科学によってすでに解明さている、というなら、
その代表的な文献くらい「検索で調べなくてもw」すぐに回答できるだろうよとw
すぐにそれが出来ないんならやっぱりオカシイべ
科学で解明されているはずだ、そう信じたい、と素直にかけやと

399 :名無しさん@3周年:04/08/14 17:02 ID:EiZXxa8a
こんな風に既知外ばかりだから、オカルトはオカルトとしてしか扱われないわけで。。。

400 :名無しさん@3周年:04/08/14 17:23 ID:8jdtyIK5
>>398
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi
ここの検索窓に
cerebrum and conscious
の様な検索単語を入れて、好きなだけ根拠ある大脳と意識の関連論文をご堪能くださいませ。


401 :名無しさん@3周年:04/08/14 17:42 ID:E1VYe8/t
物理板で相対性理論についての議論中に

英語の時点で根拠がありません。
日本語のソースをお願いします。

といわれたときにはどうしようかと思った。

402 :名無しさん@3周年:04/08/14 18:12 ID:yF7p+FOS
相手が中学生だったんだろ
ネットは相手の顔が見えないからおそろしいな。

403 :名無しさん@3周年:04/08/14 18:47 ID:WUksYSP/
痛いところを突かれると、すぐに相手を基地外とかオカルト呼ばわりとかさ。
いさたいどっちが中学生みたいなんだか。いや、本当に中学生なのかも知れんがw
訳知り顔で大風呂敷広げるんだったら、検索しろ、じゃなくて自分の言葉で説明してみろよw

404 :名無しさん@3周年:04/08/14 19:02 ID:7vOx8Lns
ID:WUksYSP/
何を興奮しているんだろう
ソースを示したのに、どうして揚げ足とりに終始しているのか
議論するにはあまりに幼稚
とりあえず、心霊について何か自分の考えを言ってみてくれ

405 :名無しさん@3周年:04/08/14 19:04 ID:e5Nt4BGf
2

406 :名無しさん@3周年:04/08/14 19:17 ID:WUksYSP/
>>404
は? なんで俺がお前の為に心霊について自分の考えを言わなきゃならん?
ま、世の中の心霊現象とやらは、ほとんど人間の脳が作り出した幻覚だろうがな。
しかし、俺はお前と違って断定はせんぞ。所詮証明不可能だからな。
で? 何が言いたいんや? 勘違い厨房クンwww
自分に対して突っ込み入れてくる人間は全員、心霊現象を肯定し、
どこかの宗教団体に属しているとでも思ってたんか、アホwww

407 :名無しさん@3周年:04/08/14 19:39 ID:E1VYe8/t
つまらん技だ…

ナッパ避けろー!!!!!!

って感じだなw。

408 :くろしろ ◆oP1E0fjvmE :04/08/14 20:38 ID:upKaZ5PR
それにここにもコピペ貼っとくね。

みんな、過去のいきさつはどうであれ、俺が本出したら、
好奇心で絶対買ってくれ、2冊、3冊勝って俺に対する呪術用
にしても良いぞ。キャンプファイヤーにすると良く燃えるから
15冊くらい買って燃やしてくろしろダンスするとキャンプも
盛り上がるぞ。2ちゃんでくろしろ祭りもイイね。くろしろ
の本を買って燃やして遊ぼう。

飢 え 死 に と ホ ー ム レ ス は イ ヤ だ。

まず無いと思うが、新人賞とってしまったらどうするんだ?

怖いよー作家怖いよー。俺飛行機もダメなんだよー。
死ぬの怖いんだよー。

いや、まず無いとは思うがね。新人賞。



409 :名無しさん@3周年:04/08/14 20:47 ID:tRxPgxZl
やれやれ、いくらか面白くなってきたのに・・・

410 :名無しさん@3周年:04/08/14 21:05 ID:7vOx8Lns
んーどうもつまらない
劣化燃料だったようだな
>>385とかまた戻って来てくれれば面白くなりそうだ



411 :名無しさん@3周年:04/08/15 00:43 ID:zFJNgres
385は
自我を越えたところに認識する本体の様なものが別にあり、
それが脳の作用以外のものでは?、
という示唆だと思う。
ユングの集合的無意識的な考えか。
そうであれば個人をを越えた人類規模で広がる
場があると考えられる。
小魚が大魚から逃れるために巧みな集団行動をとる事、
バクテリアなどの集団行動など、まるでテレパシーによる
意思疎通にも思える。
テレパシーがあれば空間を越えた情報交換が可能。
テレパシーのエネルギー形態が未知のものであれば話題はひろがる。
ただ発信源が生体に限定されると死後の話にはつながらない。
このテレパシー、レスの燃料にならんか?




412 :教えて下さい:04/08/15 02:02 ID:j9COc2rg
すいません、何処に書き込んだら良いのか分からず、とりあえずここで聞きたいのですが
今後もし、あちこちで同じレスをしてしまったら、許してください。

何年か前か忘れましたが、安藤優子のやってる夕方からのニュース番組で、
とある外国の山奥にいる、日本という国さえも知らない老人が
葛飾北斎が生前描いた絵と全く同じものを突然描き出し、あまりにも同じ絵なので
生まれ変わりではないか?鑑定をするだのナンダの・・というニュースをやっていたんです
もちろん、その老人は「葛飾北斎」さえも全く知らないそうです。

今、私も死後の生まれ変わりだとかがとても気になっていて、ただ宗教だとかの理論はイヤだし
そのニュースを想い出して、何年も前のニュースだけど、
ググっても中々出てこないので、
誰かそのニュースを覚えていたり、その事について知ってる方はいませんか?
もしいたら、情報頂きたいのですが・・・・・


413 :名無しさん@3周年:04/08/15 02:24 ID:ZiMHgFxk
安藤優子ってフジのアナだったな。
鑑定して認められてるんなら、既にニュースとして扱われてるはず。
そんな話聞いた事ないし、たぶん偽かネタだったんだろう。

414 :教えて下さい:04/08/15 02:44 ID:UACY7FBm
>>413
そのニュースで見たんですよ・・・ニュースとして扱われてて。。
自分の記憶が曖昧で、何年前か分からずごめんなさい
でも、そんな昔じゃなく、5〜6年以内の様な気がします(マジ曖昧だぁ・・
なんか最近、そのニュースの事が気になって仕方が無いんですよ
413さんの言う様にネタだったらショックですが・・・

415 :名無しさん@3周年:04/08/15 03:01 ID:ZiMHgFxk
古いから一ニュースを覚えてる人間探すのは難しいよ。
テレビ・マスコミ・アナウンサー板辺りに行ってみるのもいいかも。

俺が偽かネタかって言ったのは勘じゃなくて
実際に北斎の生まれ変わりが存在したら、
人間国宝を越える扱いを受けるのが当たり前。
大々的に各局で取り上げられるのが普通。
でも、そういう事が無かった=偽・ネタだったというわけ
北斎好きなんだけどな〜

416 :名無しさん@3周年:04/08/15 03:46 ID:/u0JGl8o
2ちゃんねらーなメルとも募集掲示板です!
2ちゃんねらー限定のメルともはいかがですか?
http://jbbs.livedoor.com/bbs/read.cgi/news/96/1027059332/r23
どうぞよろしく!
自動リンクもあります。

417 :名無しさん@3周年:04/08/15 03:59 ID:bZ4Kcfs5
さっきHした後、コンドームの中を見ながら思ったんだけど、

精子は死んだ後どうなるの?精子の霊ってどんなんの?

418 :名無しさん@3周年:04/08/15 05:51 ID:zZcl3HRG
〜( ´∀`) こんなん

419 :名無しさん@3周年:04/08/15 10:57 ID:HZ1lDf2C
宗教的経験を理性で推論できないのは、同じ地盤の上で行われていないことを
意味しているのではないか。
このことから、この世は多元的につくられているのだろうと思う。

420 :名無しさん@3周年:04/08/15 16:32 ID:jzudZqH+
池沼は霊魂が捩れてるのか霊魂の宿る肉体が壊れてるのか?

421 :名無しさん@3周年:04/08/15 18:54 ID:fKhOe47s
明らかに脳みそぶっ壊れてるだろ。

422 :名無しさん@3周年:04/08/15 19:48 ID:/kLXZJP7
>>419
「脳はいかにして〈神〉を見るか 宗教体験のブレイン・サイエンス」という本があるけど

423 :教えて下さい:04/08/15 19:55 ID:SCFojwlT
>>415
曖昧な疑問にも関わらずありがとうです!

424 :名無しさん@3周年:04/08/15 20:04 ID:ZhEzZ83w
テレビに売っている映像は、すべて元を辿れば電気信号だ。
だから、現実にはテレビに映っているようなものはこの世には存在しないんだよ。

425 :名無しさん@3周年:04/08/15 20:22 ID:fKhOe47s
>>422
そういえば、脳腫瘍かなんかの手術の時、
脳に電極つけていろいろ試すそうだけど、
ある部分を刺激すると、神キタ―――(゚∀゚)―――――!!
って状態になるらしいな。

426 :名無しさん@3周年:04/08/15 20:40 ID:F3Q2v1Mz
残念ながら霊界は存在しますし、
転生うんぬんかんぬんも存在します。
悪いことをすれば、地獄へ行きますし、よいことをすれば、天国へ行きます。
人間は、こんな簡単なこともわからないようになってしまったのでしょうか・・・。
ちなみに、僕はカルトではありません。

427 :名無しさん@3周年:04/08/15 20:42 ID:fKhOe47s
ツマンネ。

428 :名無しさん@3周年:04/08/15 21:03 ID:zFJNgres
>>426
はやく目覚めてください。
いつまで眠り込んでるんですか。
妙な寝言言ってましたよ。
皆はもう起きてますよ。さあさあ、朝ごはんですよ!

429 :名無しさん@3周年:04/08/15 21:11 ID:F3Q2v1Mz
でも、僕テレパシー使えるんですけど・・・。

430 :名無しさん@3周年:04/08/16 08:35 ID:e7uC5hLp
霊的世界に目覚めるためにはどうすればいいの?

431 :名無しさん@3周年:04/08/16 09:36 ID:J9Hb8jx5
まずは真剣に信じることだろう。

432 :名無しさん@3周年:04/08/16 12:12 ID:jiIt99Ad
霊的なものがわからない状態が異常なんだそうです。
だから正常に世界を見れるようになれば、感じれるようになるんじゃないの?

433 :名無しさん@3周年:04/08/16 14:06 ID:Pa5csCR+
信じると感じるは大違い
信じるの基盤は信じてない状態

434 :教えて下さい:04/08/16 15:34 ID:n6sLqlln
http://www.fujitv.co.jp/unb/contents/p7_2.html

ちなみに見付かりました・・・

435 :名無しさん@3周年:04/08/16 16:00 ID:6aR1RCbX
>>429
板違いです。
メンヘル板か丘板へ移動しましょう。

436 :426:04/08/16 16:23 ID:0Dvc0uT2
かごめかごめ 
かごのなかのとりは 
いついつでやる
夜明けの晩に
つるとかめがすべった
後ろの正面だあれ (笑)。

437 :名無しさん@3周年:04/08/16 16:57 ID:6xIJCbsU
ネタはネタ帳にでもかいてろ、なっ?

438 :名無しさん@3周年:04/08/16 17:43 ID:0Dvc0uT2
脳が考えるのはもちろん科学的に見て正論といえます。しかしながら、
一体全体、誰の脳が考えるのですか??他人の脳はあなたの考えを
考えますか?あなたの脳が物事を考えるのでしょう。
それでは、ここでまず第一前提にある、あなたとはなんでしょうか?
主観とは、また客観とはなんでしょうか?外界と内界を隔てている
ものは何でしょうか?外界を定義する理性とは何でしょうか?
徹底的に考えた人間のみが真理に達することができると思います。



439 :名無しさん@3周年:04/08/16 18:36 ID:PeIhZdBP
自分という主体が前提としてあってその自分の脳が考えているというわけではなく
脳の活動の結果発生しているのが自分という主体だと思うが

440 :名無しさん@3周年:04/08/16 20:26 ID:Pa5csCR+
そう、主体とは脳が
体の生き残りの最効率化のために必要だった
仮想の中心でしょ。
突き詰めればそこに明確な核の様なものはなく
あるのはその個の漠としたエネルギー現象。

441 :名無しさん@3周年:04/08/17 04:00 ID:pPFkJeZk
ホムンクルスがどうのこうのってやつか

442 :名無しさん@3周年:04/08/17 04:20 ID:lJJBPymh
おいおい、墓参りに行ったおばあさんが
同行した息子の車にひかれて亡くなったとよ。
バックでアクセルとブレーキ踏み違い。
神も仏もないな。

443 :名無しさん@3周年:04/08/17 04:55 ID:MGYHMfJ6
墓になんか参るからだ。

444 :名無しさん@3周年:04/08/17 09:17 ID:EAaehG5p
墓参りに行ってその帰りに事故って多いですなあ。
というよりそういう事故だからネタになって余計報道されるのか。


445 :名無しさん@3周年:04/08/17 11:14 ID:b0K7HOys
知るかばか

446 :名無しさん@3周年:04/08/17 11:24 ID:qlg8tP77
脳と自己とは違います。

447 :名無しさん@3周年:04/08/17 12:35 ID:/WWv+4QE
脳が扇風機としたら自己はそれで起こされる風みたいなもんかな

448 :名無しさん@3周年:04/08/17 12:35 ID:BdZmJQj4
カトリックが唯一の真理である証拠。

神のご出現 主キリストの言葉
http://www.i-chubu.ne.jp/%7Enowaksvd/jiai/jiai003.htm

449 :名無しさん@3周年:04/08/17 16:14 ID:FOvCVZ4l
死後の世界あったらおかしいな、やっぱり。
本当にあったら、義務教育中にあの世の話するって。
そういうの無いって事は、誰も霊界を証明出来ない=真の霊能者は居ない。
天国、地獄の概念がいかにも昔の人間風で短絡的。

450 :名無しさん@3周年:04/08/17 16:18 ID:3BLaIHAn
天国、地獄という概念は確かに作り話に過ぎませんが、死後も意識は継続します。

451 :名無しさん@3周年:04/08/17 17:14 ID:Bjx5bHUb
意識は脳によって作り出されるので、死後は消えてなくなります。

452 :名無しさん@3周年:04/08/17 17:46 ID:AAXzb5Xk
眠ったり、失神する程度で意識はなくなってしまうのに、
死んでしまってまで意識が継続するとは考えにくいなあ。

453 :名無しさん@3周年:04/08/17 19:58 ID:xWb2OkSK
生きているときは、肉体による制約がありますから、肉体のコンディションによっては、
状況によって意識が消えるように感じることもあります。

しかし、肉体の制約から解き放たれれば、意識は完全に覚醒します。

肉体を持って生きている、ということは、意識の側からすれば半覚醒状態なのです。

我々は肉体という乗り物に乗って、共同の夢を見ているのです。

454 :名無しさん@3周年:04/08/17 20:04 ID:/WWv+4QE
その根拠は何ですか

455 :名無しさん@3周年:04/08/17 20:17 ID:xWb2OkSK
マインドと意識を混同するところから誤解が生じるのです。
マインドとは構造としての肉体の機能面のことです。
意識は違います。意識は肉体という構造を機能させている何ものかです。
意識は常に見ています。
厳密には意識は未だかつてただの一度も生まれたことはありません。
だから死ぬこともないのです。
意識は常にここにありすべてを見ているのです。
1ドル紙幣に描かれたピラミッドを見下ろす一なる目を思い出してください。
始まりのないものは終わりもありません。
私はアルファであり同時にオメガなのです。それが意識です。

456 :名無しさん@3周年:04/08/17 21:02 ID:Bjx5bHUb
で、それはどうやって立証されたの?

457 :名無しさん@3周年:04/08/17 21:14 ID:9pOdMTsL

その根拠は何ですか? どうやって立証されたんですか? それを証明してください

とさえ言い続けていればいいんだから楽でいいよねw

本当はまともに議論する頭もない馬鹿のくせに(プゲラ    Ψ(`∀´)Ψケケケ  

458 :名無しさん@3周年:04/08/17 21:16 ID:Bjx5bHUb
脳内妄想ならチラシの裏にでも書いてろ、なっ!

459 :名無しさん@3周年:04/08/17 21:28 ID:9pOdMTsL
>>458
お前にそんなことを指図する権利なんかねぇーだよ、ヴォケ!

460 :名無しさん@3周年:04/08/18 00:50 ID:TnDJR9zt
>>455
全体像は理解できます・・・
ところで自我をもつ意味は何だと思いますか?
また、「あなた」「私」という(↑の様に、ちょっとしたことで
言い争うw)物は無く、全てが一つの意識ということですね。
その場合、今起こってる戦争などにはどう対応するのが良いと
思いますか?
所詮死ぬ実体はないのでほって置くのですか?
そのあたりの考察をお願いします。


461 :名無しさん@3周年:04/08/18 07:04 ID:Z29NSFZX
ていうか、なんで「マインド」は英語で、「意識」は日本語なん?
英語の mind とは別ものなの?

462 :434:04/08/18 10:36 ID:cKSpmFkQ
難しくてよく分からないけど、私は死後の世界があって、
生まれ変わりがあってくれる事を強く願ってます
だって自分の心が無くなっちゃうって怖いもん
心って脳ミソなのかな?←否!心って目に見えない魂であって欲しいです
で、魂が生まれ変わるのが私の切なる願い・・死ぬ事に恐れるヘタレなんですが・・
450さんとか辺り、その辺について教えて貰えたら嬉しいです
でも宗教的観念での話しは好きじゃないです
何故なら宗教には人間の都合の営利目的が働いている理念だから・・
でもって、生まれ変わり説があったとしたら、恐竜時代からの事とか考えたら
辻褄は合わなくなっちゃうんですが・・もしかしたら恐竜時代にも人類が存在していたとか、
恐竜時代以前にも実は人類が存在していたとかという事ってないのかな??

とにかく、死後に「無」の状態になるってゆう事が
私は恐ろしくて受け入れられないんです
誰か教えて下さい・・・・・・・・

463 :名無しさん@3周年:04/08/18 10:43 ID:fzU7mJ9h
死後の世界を信じる方にとって、痴呆の老人はどの様な扱いになっているのでしょうか?

464 :名無しさん@3周年:04/08/18 11:32 ID:+BfzSNq7
>>462
恐ろしくとも受け入れろ

それがイヤなら耶蘇でも怪しい新興宗教でも何でもどーぞ
あそこで群れて多少の寄付さえしておけば、洗練された詭弁と
馬鹿げた儀式で来世の確信とそこへの切符、良心の満足、精神の
安定など全て得られます

465 :434:04/08/18 12:05 ID:cKSpmFkQ
>463
ちょっと理解力なくて、詳しく意味が飲み込めなくてごめんなさい・・
痴呆になるのは、人間の潜在意識にある死への恐怖からの逃避だという説もありますよね
スレずれしちゃってごめんなさい
>464
>恐ろしくとも受け入れろ
もっともな意見ですよね
分かってても恐ろしくてどうしようもない弱い人間で情けないです
一日一回は考えてしまって鬱になりそうになる馬鹿女です
考えても時間は同じなんで、考えない方がいいのに、、ホント馬鹿ですよね
宗教とかにも絶対入る気も無いので、464さんみたいになれたらいいんですが
それでも生まれ変わり説を求めてPCで検索かけちゃって
結局怪しい宗教とか霊的なサイトとかにしか行き着けず、、、ウンザリしちゃって
でも生まれ変わりがあって欲しいし、やっぱ願ってしまうし信じたい。。。
ぁあ;;;ごめんなさい、馬鹿なレス入れてm(__)m

466 :名無しさん@3周年:04/08/18 12:31 ID:TnDJR9zt
>>462
誰でもその恐怖から出発すると思います。
でも現実を見れば死はあきらか。
仮に死5世があったとしても
死者と(あなた、またはあなたが死んだ場合にはあなたと他者)の
普段のコミュニケーションは断たれます。
(交霊とかの不自然な交流でなく)
このことは寂しくツライく避けたいことです。
時には生きがいをも無くします。
さて現実のあるがままの姿とあなたのこうあってほしい世界があります。
毎日の新聞記事を見れば、どこかで人が死に、どこかで人が生まれてます。
この淡々と変化して行くのが現実です。
間違っているのはあなたの願望です。
正しく言えば願望(欲望)を生む自我という仮想物を実体と
とらえているあなたの状態です。
死は受け入れなければならない事実かと。
それがいやなら464の言ってる方法しかないと思います。


467 :名無しさん@3周年:04/08/18 12:41 ID:FsGuwYqn
>>465
死後何もない、これは必然です。
しかし必然性は人間的地平・思考の限界であり
人間を閉塞させるのでは・・・。
だから可能性という物を私は信じたい。
死後の世界、永遠の命、復活・・・。
無いかもしれませんが、無いと証明は出来ていません。
たとえ死後が無だとしても、その可能性を信じて死ぬ事が出来たら、
その人にとって、それは存在することになるのでは・・・。
だって死=無なら、何にも感じないんだし。
信じても損はないんじゃないでしょうか?



468 :434:04/08/18 12:47 ID:cKSpmFkQ
ありがとうございます;;;
馬鹿なので難しい表現などは理解仕切っていない部分があったらごめんなさい
死後の世界について根拠が欲しくてたまらなくて・・・
でもその根拠を求める事自体、罪なのかもしれないという事ですよね

469 :467:04/08/18 12:58 ID:FsGuwYqn
>>465
ごめんなさい、補足です。
私はキリシタンなので普通に使ってしまいましたが
永遠の命=不死の事ではありません。
復活=蘇生・よみがえりの事でありません。
まぁ、両方とも肉体の死の後に何かがあるよって話です。
小難しい話は辞めときます。
私自身、完全に信じる事も出来てませんし・・。
又、宗教へ勧誘する気もありません。
ただ、あなたが昔の私と同じ不安で悩んでいたので
つい、書き込んでしまいました。

470 :名無しさん@3周年:04/08/18 13:32 ID:TnDJR9zt
>>468
>死後の世界について根拠が欲しくてたまらなくて・・・
でもその根拠を求める事自体、罪なのかもしれないという事ですよね
<なんか味気ない世界と感じられるかもしれませんが、
じぶんが空(から)になった瞬間、満たされた世界が現れる。
究極の絶望が悟りへの道とも言われます。
その道の大家達の語ることはそんなことだと思います。
恐怖を逃れるために、来世や天国を安易につくりだしてごまかしても
感性の鋭い人達をごまかしきることは出来ません。
正しい道の指標はあくまでも「自由」だと思います・
恐怖のあるところに自由はなく、よって真の愛もありません。
恐怖のないところに神も来世も天国も不要です。



471 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/08/18 13:51 ID:B82huZ/r
「自由」とは「自らに由る」とかく。つまり本然の自分自身であること。

472 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/08/18 13:59 ID:B82huZ/r
死後の世界云々も、その上でってことかな?w

473 :名無しさん@3周年:04/08/18 14:11 ID:Z29NSFZX
漏れが死んだら漏れの意識は残らないし、
体は当然灰になるか土になるかして消える。

しかしまあ、漏れが生きているうちに他者や世界に与えた
ちっぽけな影響(行動の結果とか、誰かに伝えた考えとか)は、
漏れが死んでも残るだろう。別の誰かが世界に別の影響を与える
きっかけにもなっているだろう。

大昔からの色々な生き物(生き物以外もかな)が影響し合った
結果としてこの世界が今あるのであるからして、
死んでもすべてが無になるわけではないと思う。

まとめると、
・死後の世界なんてないです。
・あらゆる宗教はクソ。

474 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/08/18 14:14 ID:B82huZ/r
やがて、太陽は膨張し、地球は飲み込まれ、この世の全ての
痕跡は跡形もなく消え去るだらう。

475 :名無しさん@3周年:04/08/18 14:22 ID:FxTvaVRO
>434さん
奇妙に思えるかもしれませんが、痴呆と死は、身近な観察者からして見ますと同じように見えます。

>痴呆になるのは、人間の潜在意識にある死への恐怖からの逃避だという説もありますよね
私の父も、以前には同じような事を申しておりました。その父も、今はアルツハイマーの為随分と
痴呆が進みました。もう元気なときの彼は死んでいると表現しても大げさではありません。
潜在意識が欲求だとすれば、痴呆の人は(潜在的とは言え)自ら望んでその様になった
と言う事になってしまいます。
しかし、一部の方が誤解しているように、痴呆の本人が幸せかと言うと、決してそうではありません。

476 :名無しさん@3周年:04/08/18 14:39 ID:FxTvaVRO
死への恐怖とは、一体どういう物なのでしょうか?
事故や災害で致命傷を負うこと、あるいは不治の病への恐れですか? それは苦痛に対する物です。
地獄や延々と続く輪廻への恐怖ですか? それは迷信に対する恐れです。

宗教に属さなくとも感じる死への恐れは、自分が無くなるという事に対する恐れではないでしょうか?
そして、この恐れと苦痛こそ、痴呆老人が日々感じている物なのです。
端的に述べると人は、人でも物でも、あるいは神でも、他のものとの結びつきの中に自分を確立しています。
しかし人は、痴呆に至ると、段々とその結びつきが認識できなくなってきてしまうのです。


477 :名無しさん@3周年:04/08/18 14:50 ID:FxTvaVRO
例えば、子供と、その子供が住んでいる自分の家との関係を考えてみてください。
もし子供が迷子になり、自分の家に返る事が出来なくなるならば、その子供の感情は
どの様になるでしょうか?
これと同様の事が、痴呆の老人にも起こります。しかも自分の家に居て自分の家族
と共に居ながらです。自分の家を認識できなくなるのです。

子供ならまだ、自分の置かれた新たな状況を認識し、じきに新たな自己を確立して
行く事が出来ます。しかし、痴呆の人にはそれが出来ません。脳の機能がさらに
失われるまで、迷子の恐怖と苦痛を感じ続ける事になります。(実際には波がありますが)

478 :名無しさん@3周年:04/08/18 15:03 ID:FxTvaVRO
これは当人にとって厳密に何を意味するのかというのは想像の粋を出ません。
ただ、はっきりと言えるのは、当人にとっても自我の萎縮、言い換えると
自分の一部が無くなっているという事を、痴呆が進むそれぞれの段階で
分かっている(感じている)ようだ、と言う事です。
そして、やがて心臓が止まる前に、当人の自我というものは無くなってしまうでしょう。
それはもうこの世には有りません。容器が壊れているわけですから。

で、死後の世界を信じている方は、これをどの様に考えていらっしゃるのでしょうか?
論理的な会話が一切出来ない今の父がそのまま地獄の門のところに行ったとしたら、
映画カスパーハウザーの謎に出てきた門番の出す問題に答える事は出来ません。

479 :467:04/08/18 15:31 ID:FsGuwYqn
>>473
>漏れが死んだら漏れの意識は残らないし、
体は当然灰になるか土になるかして消える。
・死後の世界なんてないです。
・あらゆる宗教はクソ。
、と言えてしまう、あなたは強い人ですね。
羨ましいです。
一応、キリシタンなんで諸手を挙げて賛同は出来ませんが。。。
わたしは、死は怖いと思います。
自分の死なら、あなたの様に考える事が出来ても、
自分の愛する人の死には、あの世だの来世だの天国だの
都合のいい事を考えたくなってしまいます。
これは、私だけで皆さんはもっと強いんですかね?

480 :434:04/08/18 15:38 ID:cKSpmFkQ
>469
ありがとうです
キリシタン等の宗教は私は否定しないです、、御幣ある書き方してごめんなさい
私が否定するのは営利目的で教祖がいたりお布施があったりする
日本にある訳の分からない宗教団体なんで・・・
私も通常のキリスト教や仏教の理論は大好きです
私も心って脳ミソじゃなくて魂という物があって、生まれ変わりを信じたいです

他にもレスくれた皆さん、ありがとうございました
475さんの様に、自分が実際痴呆の人と関わった事も無いのにごめんなさい


話変わりますが、人間って死後直後に77g体重が減るみたいです
死後、人間のカラダからガスが発生するらしいんですが、
それでも25g以上は77gまでに足りないんだそうです

それが本当に魂って事はないんでしょうか・・・
もう信じたいなら信じるしかないんでしょうけど・・

481 :名無しさん@3周年:04/08/18 15:48 ID:gLy2KVfP
痴呆は、肉体の脳に生じる現象なわけで・・・。
意識は生きている状態のとき、肉体による制約を受けているだけだとすると?
肉体が崩壊したとき、意識は本来の100%の機能を取り戻すのでは?
今生きているときの意識状態そのものが、意識本来のあり方からすると、
脳という、肉体を使って生活しいく上での制御装置によって拘束された、
極めて特殊な状況であると。
どの本だったかは忘れたけど、死後の魂からのメッセージみたいなので
そういうのを読んだことがある。
今の私はかつての私ではない。かつての私は私のほんの一部分にすぎない、みたいな。

482 :名無しさん@3周年:04/08/18 15:54 ID:TnDJR9zt
>>479
横レスですが。
自分の愛する人の死が怖いということは
それなりの年齢にたっした人達によく聞かれますね。(自分もかw)
しかしそれは良く観察すると自己憐憫です。
愛する人を失うことで悲しむ自分が不憫なのでは。複雑ですが。
したがって結局は自分の死の領域では。
考える間もない行為の他の、自我によるものは全て自分発信なんです


483 :名無しさん@3周年:04/08/18 15:55 ID:gLy2KVfP
>482
クリシュナムルティが同じようなことを言ってたね。

484 :名無しさん@3周年:04/08/18 15:56 ID:a2uIW4jJ
>>480
よく死の瞬間に体重減るっていうけど、元ネタはなんなんですか?
あなたはその話をどこで見ました?論文とかあるのかな。


485 :482:04/08/18 16:03 ID:TnDJR9zt
>>483
まったくの受け売りですw

486 :名無しさん@3周年:04/08/18 17:41 ID:zCKqXLEp
人が死んだら、いろんな汁が出るから体重減るよ

宗教は文化としてはいいと思うよ。 新興以外ね。
問題はバカみたいに心霊番組を流すメディア。
いつまで経っても霊の存在を本気で信じる大人はキモイね。
サンタのように居ないと気付かないと。

487 :名無しさん@3周年:04/08/18 17:44 ID:GS2QnWsb
>人が死んだら、いろんな汁が出るから体重減るよ

それが死に際しての体重減少の原因であることを証明できますか?



488 :バモイドオキ神:04/08/18 18:11 ID:B82huZ/r
>>486
君はスジが良いね・・・。

489 :名無しさん@3周年:04/08/18 18:35 ID:x3Hxvywv
1907年、
アメリカのマサチューセッツ州の医師ダンカン・マクドゥーガルは
死の瞬間に魂の失われた分だけ体重が軽くなるはずだと推論し、
秤に乗せたベッドで六人の患者を看取ったところ、
体重変化を測定し平均4分の3オンス(約21.3g)の減少が観察された。
同じ実験を15匹の犬を使って行ったところ、
体重変化は確認されず、犬に魂は無いと結論付けた。
この研究結果は医学雑誌「アメリカン・メディスン」に掲載され、
「ニューヨークタイムズ」などにも広く紹介され激論となった。
結局、計測方法などのずさんさを指摘され、
現在ではほとんど省みられることが無い説である。

490 :名無しさん@3周年:04/08/18 18:46 ID:gLy2KVfP
>>489
そういう‘杜撰な’記事だけでは回答になっていません。

491 :名無しさん@3周年:04/08/18 19:02 ID:r7KfzXdY
死後の世界なんてありえません
エネルギー保存の法則に反します

492 :ちとし:04/08/18 19:08 ID:AMGottYK

まぁその時代では考えられなかった事が、未来当たり前になる事なんて
いくらでも あるからね、、
宇宙だって昔は空想の空間だったんだし

493 :名無しさん@3周年:04/08/18 19:15 ID:4p5XjUcU
>>491
あり得ませんなどと言う断定的な言葉を使う人間には要注意です。
それは宗教の世界の人たちの使う言葉だからです。
「あり得ない」ではなく
「今までのところそういう可能性は考え難い、が、将来どうなるかわからない」
というのが正しい言葉遣いというものです。

494 :ちとし:04/08/18 19:22 ID:AMGottYK
>>493の言う通りだ
ありえない事を追い求めるのが科学だろ
最初から決め付けるのは科学者としてイクナイ















ぬるぽ

495 :名無しさん@3周年:04/08/18 19:27 ID:2AU6wdgm
死後の生はないが、死後は別の世界だから
死後の世界では死が生なのかもしれないし、
生に代わる状態があるのかもしれないし、
死後の世界は死んだままでも少しも寂しくないのかもしれないし、
いろいろなパターンが考えられる。

496 :名無しさん@3周年:04/08/18 20:09 ID:cKSpmFkQ
種族保存の為に私たちが産まれてきてるのは分かってるんですが、
ただ、その種族保存って一体誰の為に・・・?地球?宇宙??
で、もしかしたらって考えると、自分がいつか生まれ変わる為のどれかのカラダを
確保する為に必死になって子孫繁栄させてるんじゃないか?。。。と

だったら。。。いいな・・・と思います・・・

497 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/08/18 20:11 ID:B82huZ/r
俺は死んだらもうこの世に来るのは面倒だなぁ。

498 :名無しさん@3周年:04/08/18 21:08 ID:a2uIW4jJ
>>496
誰のために、などという理由などないと思うのですがいかがでしょうか?

500円玉を投げてみて表が出たとします。なぜ表が出たのか。理由などありますか?


499 :実存:04/08/18 21:12 ID:0yVBuFSy
死後世界の証明は世界的に観れば社会的地位の高い人(医学者等、科学者)が行っ
ている。一つ例を上げておこう。@米国精神科医ブライアン・L・ワイス 
山川紘子・亜希子訳 PHP研究所 A魂の体外旅行【米国モンロー研究所】坂場
順子訳 日本経文社 B死後体験 (モンロー研究所の体験)坂本政道 ハート出
版 ほか多数有るが省略。これは単なる死後世界の願望ではく現実だ。否定したい
人はその人個人の問題でその人の自由です。私も宗教団体には無縁で、その必要も
感じない。読んだ後の人は、死後世界が在る事をが当たり前となり人生観が変わる
でしょう。死後世界の否定者も肯定者もあまりに多いものだから投稿しました。

い人は 

500 :名無しさん@3周年:04/08/18 21:27 ID:VB25U5Ci
>>498
しかしね、宇宙が出来て、単細胞生物が生まれ、それが今の人類のような高度な知性を持つに至る確率というのは・・・
腕時計を一度バラバラに分解して、それを全部プールにばら撒いて、プールの水をかき混ぜていたら、
いつの間にか再び元の腕時計に組み立てられていた、というくらいの確率らしいよ(誰が言ってたのか忘れたけど)。
そんな偶然の一致がはたして存在し得るのかな? 僕は、やはり背後に何かの「意図」を感じるな。

501 :名無しさん@3周年:04/08/18 21:32 ID:Gikvblw3
アンパンマン事件って知ってる?アメリカ・マサチューセッツ
州で起こったすごい珍しい事件なんだけど…
この事件のキーポイントは二つ。一つはそこに円盤投げで世界を
狙うグレゴリー=スミス氏がいたこと。彼は深夜に自分の家の
広大な庭で毎晩、円盤投げの練習をしていた。そして二つめ、
彼の父は人工知能を研究していて、それを試験的にピザに埋め
込んで試運転していた。なぜピザかというと、形が丸く、カメラ
などを埋め込むことにより顔の機能を果たすことができると考えたからだ。
ある晩、グレゴリーはいつものように庭で円盤を投げていた。
しかし彼が手にとったのは円盤ではなく、なぜかそこに置いて
あった人工知能が埋め込まれたピザだった。そうとは知らず彼が
それを投げると、その日たまたま遅くまで仕事をしていた庭師
の頭に当たってしまった。その瞬間、庭師の頭は吹っ飛び、代わりに
人工知能が埋め込まれたピザが首の上にくっついてしまった。
すぐ横に本物の首が転がっているのが不気味であった──

この様子はちょうど日本の子供向け番組『アンパンマン』の
頭が入れ替わる様子と似ているのでアンパンマン事件と呼ばれている。

今でもその庭師は生きており、世界的に注目されている。ピザが
腐ってくるとまた新しいピザを投げてもらって定期的に頭を交換しているそうだ。

502 :名無しさん@3周年:04/08/18 21:47 ID:5RD3RQai
全ての人間が一番怖い事とは、つまりは自分の「死」なのです。

これに例外は絶対に有りません。

人はその答えから目をそらし、忘れよう忘れようとして必死で生きています。
が、いずれその「死」が全ての人に間違いなくやってきます。
「死」から、のがれようのがれようと懸命に命を延ばす事を考えて生きていますがどれだけ命を延ばしてみても、
最後には間違い無く「死」がやってくるのです。
それがやってきた時に人は「死」に対して何の対処もしていなかった事に
「後悔」し、あわてふためき恐怖の中、みな死んでいきます。
これ以上の悲劇はありません。

しかし、この一大事を解決する唯一の道が今から2600年前にお釈迦様が説かれた「仏教」なのです。

その仏教を正しくひろめられたかたが、こんにち「世界の光」ともいわれております、「親鸞聖人」であります。

真実の仏教であります、親鸞聖人の教えを正しく学び、誰の人も1日も早く自分の「死」
の問題を解決していただきたく思います。
http://www.shinrankai.or.jp/qa/qa0108.htm
http://www.shinrankai.or.jp/qa/qa0106.htm




503 :名無しさん@3周年:04/08/18 22:00 ID:VB25U5Ci
>>502
あなたが何を信じていようとあなたの勝手だけど、ここで妙な布教活動はしないで貰いたいな。
親鸞が仏教を正しく伝えた?? 仏教を形骸化してしまった元凶の一人なんじゃないかな?

504 :名無しさん@3周年:04/08/18 22:05 ID:x3Hxvywv
>>500
誰に聞いたの?
ずいぶんいいかげんなたとえ話だよそれ

505 :名無しさん@3周年:04/08/18 22:12 ID:7qafPBS6
痴呆の老人を見ていると、だんだんサナギになっていくように見える。
しだいに、外界との関わりを少なくして硬いカラのなかに閉じこもって
いくようだ。
やがて、カラをやぶり羽を出し飛び去っていくのであろう。
幼虫のときは2次元空間しか移動できないが、羽をつけると3次元の
世界を移動する。その感動を2次元に生きている幼虫に想像させることは
難しいことなのだろう。

506 :名無しさん@3周年:04/08/18 22:18 ID:x3Hxvywv
>>499
挙げた本のどれだったかを読んだことあるけど、がっかりしたよ。
ヘミシンクとか言う機械を使って脳を特殊な状態におくと死後の世界を見れると言って、
あとはほとんどその見た光景の説明やそれに基づく思想の垂れ流し。
それが本当に死後の世界なのかという検証ほとんどなし。
単にその機械に幻影を見せる効果があるのではというつっこみをされたら
全く反論できなくなるような本だった

507 :名無しさん@3周年:04/08/18 22:19 ID:VB25U5Ci
>>504
じゃあ具体的にどこがどういい加減なのか教えて。

508 :名無しさん@3周年:04/08/18 22:27 ID:VB25U5Ci
>>506
モンロー研のヘミシンクは体外離脱体験を目的にしたものだからね。
あなたは、体外離脱体験が本当に死後の世界を垣間見たものなのかどうか、
ということを具体的にどうやって検証していけばいいと思ってるわけ?
批判する側としては、モンローの体験のこことここがお互いに矛盾しているじゃないか、
とか、そういうアプローチじゃないと、そこで議論がストップしてしまうと思うけどね。
尤も、議論をしたくない(自信がない)ために敢えてそういう難癖の付け方しかできないのなら、
こちらとしてもそれ以上あなたを追い詰めようとは思わないけど。

509 :496=434:04/08/18 23:02 ID:cKSpmFkQ
私も死後の意識を望む者ですが、
検索で引っ掛かり坂本政道さんのモンロー研究所の事は知ってます
坂本氏の理論がどうとかじゃなく、
なんかモンロー研究所で多額のお金を取るセミナー?みたいなコースがあって
ちょっと引きました

どっちかとゆうと、飯田史彦氏の、「生きがいの創造」などの著書の理論が
個人的には好きです
沢山の学者の論説や研究を基にしてるし、
宗教も一切絡んでなく結構信じたくなる内容だったので・・
でもやっぱり恐竜時代からの事を考えると辻褄は合わないんですが・・・

510 :名無しさん@3周年:04/08/18 23:57 ID:H7Gl2CRX
>>507
君におすすめの本
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4152085576/249-4719208-0152342

511 :名無しさん@3周年:04/08/19 00:50 ID:ay39Gqg/
生命が種族保存をするのは、そうする生命が生き残ってきたからだ
生命の唯一の存在目的は生きること、存在し続けることである
生きる為に生きてきた生命が、理性の獲得によりあらゆる個体及び種が
死及び絶滅を免れ得ぬ事を知っても尚生きようとするのはある意味
滑稽である、とともに、生きるという本能がどれ程強いかの証左である

生命は確かに間近で見るほど、素晴らしい芸術品であって、
学者も所謂someting greatって奴を感じて変な方向にいっちゃう
奴もいるが、その本質は36億年というdでもない長さの時間である

512 :名無しさん@3周年:04/08/19 01:04 ID:+lsVUwe2
>>500
>「意図」を感じる。

<そもそもビッグバンにより複雑化が始まったわけで
(現在も途上だが)確立といっても
人間の考える値で宇宙は語れないのでは。

それにしても、細木のばあさんが最近よく
「地獄へおちるよ!」って脅かしてますね。
麻原のおやじが昔
「無間地獄へおちる」って脅かしてましたね。
どこそこの教祖様たちも大昔から・・・

513 :名無しさん@3周年:04/08/19 01:20 ID:XvMEtZDW
>>510
ハッハッハッ どんな本かと思ったら…。博物館行きのような古色蒼然とした本だねw

514 :名無しさん@3周年:04/08/19 01:23 ID:XvMEtZDW
>>511
それをどう証明するんだね? 君も同じ穴のムジナじゃないか。


515 :名無しさん@3周年:04/08/19 01:26 ID:XvMEtZDW
>>512
ほらほら、またそういう姑息な詭弁を使う。細木和子? 麻原? 
そういう犯罪者たちと死後世界肯定派を無理矢理結びつけて、
貶めることでしか、議論に打ち勝つことができないのかね?
もっと正攻法で堂々と突破してみろよw
だから、同じ穴のムジナだとバカにされるんだw

516 :名無しさん@3周年:04/08/19 04:08 ID:x6Qt6m1c
>>513
まぁ、君にはお似合いの本ってこった。

517 :名無しさん@3周年:04/08/19 09:33 ID:+gk0C1mN
>>516
こんなトンデモ本を知ってること自体、喪前は肯定派を揶揄するような資格はないってことだw

518 :名無しさん@3周年:04/08/19 11:18 ID:K5KealU8
>517
最新のまともな進化論における進化って、今どんな原理なんですか?

519 :名無しさん@3周年:04/08/19 11:45 ID:qJxy/V3q
道可道非常道
名可名非常名

520 :名無しさん@3周年:04/08/19 12:13 ID:oFfeSwdV
>>517
ブラインド・ウォッチメーカーがトンデモ本……?どこが?

521 :名無しさん@3周年:04/08/19 12:23 ID:+lsVUwe2
>>517
>こんなトンデモ本を知ってること自体、喪前は肯定派を揶揄するような資格はないってことだw

<↑この理論、世間一般に通りませんよ。
壮大なテーマですから
感情に流されずに物事を俯瞰で見てください。

522 :名無しさん@3周年:04/08/19 14:57 ID:V7lp/IV5
たぶん人間以上の知性体って宇宙に存在しないんじゃないか?
だってありえない確率で生まれたんだろ。
んで他の動物と同じで、後も前も無く今を生きて死ぬだけ。
その短さを悲観して死後の世界を作ったと思うんだが(脳内で)
でも個人個人で考えたから、世界中で死後の世界が噛み合わないんじゃ?

523 :名無しさん@3周年:04/08/19 16:47 ID:fjwYOyrP
仮に動物に魂がないと仮定する。

そうすると、人間は進化の段階で、どこかで魂が注入された
わけだ。ある親は魂がなく、その子供に魂が宿った。その
瞬間があるはずだ。それはいつですか?進化は徐々に徐々に、
時間をかけてゆっくりと進んでいくのに、あるとき突然、子供に
魂が宿る、そういう瞬間があったのでしょうか?

また、仮に動物にも魂があるとすると、単細胞生物のような
細菌類にも魂があるということでしょうか。


524 :名無しさん@3周年:04/08/19 16:54 ID:fjwYOyrP
動物には魂はあるが、単細胞生物には魂はない、とすると、
その動物も進化の過程で魂を獲得したことになるはずですが、
その境目はいつでしょうか?多細胞生物になった瞬間?

進化のスピードから考えても、魂のない親、魂のない子を
比較すると、DNA的にはほとんど変化がないと思うのですが、
そのとき子供に初めて魂が入った、とすると、その理由はいったい
何なのでしょうか?

魂肯定派の方は、以上の問題をどのように考えますか?

人間にだけ魂はある派→進化において魂の注入された瞬間は?
動物にも魂はある派 →   〃
全生物にも魂はある派→私には単細胞生物にまで魂があるとは思えないが、
                やはりそういう生物にも魂があるとお考えでしょうか?

別に理論などいりませんから、上記の疑問にあなたのお考えをお聞かせください。


525 :名無しさん@3周年:04/08/19 17:16 ID:qJxy/V3q
植物はどうなん?

526 :名無しさん@3周年:04/08/19 17:23 ID:/9iY18uD
魂は元々、それだけで独立した存在だったわけです。
魂の一群が、あるとき地球を訪れたとき、そこに原始的な類人猿を発見しました。
魂の一群は、その類人猿に興味を示し、彼らの脳に少しずつ働きかけ、
彼らを進化させました。その類人猿を魂の乗り物として使い壮大な実験を開始するためです。
この時、魂の一群は、他の惑星の知性体の協力も仰ぎ、遺伝子操作を施しました。
こうして誕生したのが人類です(神は自らの姿に似せて人類を創った)。
魂の一群の一部は、類人猿から進化させたこの人間という生き物の松果体に
焦点を合わせることで肉体と一体化することに成功しました(天孫降臨、エデンの園追放)。
初期の人類は大変な長命でしたが、文明・文化をより速やかに発達させるため、
一個体毎の寿命をもっと短くし、転生というシステムをつくることで効率化を図ることにしました。

527 :合いの手さん:04/08/19 17:29 ID:qJxy/V3q
それは2001年。

528 :434:04/08/19 20:54 ID:6IgqzXCz
たまたまつけたテレビ見てびっくり!
次回のフジテレビのアンビリバボーで、「人類と恐竜は共存していた」というテーマです
>>509のレスなどで、生まれ変わり説に関して恐竜時代の事が引っかかっていた
私には凄い興味深い内容なんですが、アンビリバボーってどうなんでしょうか・・・;;;

529 :名無しさん@3周年:04/08/19 20:59 ID:oFfeSwdV
心霊写真スペシャルとかやる番組だからなぁ…信憑性低いよあの番組。
スカイフィッシュも実在するみたいに語ったし。

530 :名無しさん@3周年:04/08/19 21:06 ID:S7ArAbRP
>>529
心霊写真スペシャルをやる番組は信憑性が低い、という命題を証明してください。

531 :434:04/08/19 23:57 ID:6IgqzXCz
やっぱ霊もヤラセかなぁ?
何年か前に私の友達とかもたまたま心霊写真みたいなのが写って
(・・・指が一本多かった)
中には本物の偽造なしの心霊写真もあると私は実体験から思ったのですが
ただ何かの偶然でそうなったのか、霊の仕業なのかは私には分かりませんけど;;;

・・スレずれしちゃってごめんなさい・・

532 :名無しさん@3周年:04/08/20 00:17 ID:CQbneJkR
わしも写真持ってるよ。白く発光してるの。

533 :名無しさん@3周年:04/08/20 01:37 ID:RvA7XKs3
集合写真レベルでの光学現象はかなり緩いです。
もともと人間は見たいものを見る下地があるし。
景色の中で変形したものはあまり気にならず
人間像だと過剰に反応します。
柳が幽霊に見えると、もう他の物にはみえなくなるし
娯楽としては許せる範囲で検証としてはチョット

534 :名無しさん@3周年:04/08/20 09:12 ID:B+LQGG2j
>>523-524
肯定派が答えに窮するような質問をしてやるなよw


535 :名無しさん@3周年:04/08/20 12:07 ID:RvA7XKs3
>>526
>初期の人類は大変な長命でしたが、文明・文化をより速やかに発達させるため、
一個体毎の寿命をもっと短くし、転生というシステムをつくることで効率化を図ることにしました。

↑長命が可能だったなら、そのほうが文明・文化の発達の効率いいのでは?
なにしろ転生などしたら、また知識の焼き直しだし。ムー大陸の文明はどうした
のでしょう?すっかり忘れちゃうでしょう。もったいない。
死のシステムはウイルス等に対しての多様な対応が出来るための戦略です。



536 :名無しさん@3周年:04/08/20 12:40 ID:TCuQNOd0
>>534
>>526で魂と肉体は、そもそものルーツが異なると書いてありますが。

>>535
長命だとだんだん固定観念が強くなっていって(このスレでの科学教信者のようにw)、
新しい発想、新しい視点でものごとを見ていくことが出来なくなってしまうからでしょう。
肉体による束縛は、それほど強固なものだからこそ、死というシステムが必要なわけです。
知識や技術は伝達可能ですが、物理法則に支配される肉体そのものを完全に若返らせることは
様々な障害も伴い、至難の業だからでしょう。


537 :名無しさん@3周年:04/08/20 13:05 ID:slfWpqV0
>>536
その独立した存在である「魂」と「肉体」の「ルーツ」は何ですか?
いきなりポンと魂が出てきたんですか?

538 :名無しさん@3周年:04/08/20 13:33 ID:RvA7XKs3
>>536
となると、現代人は高度な精神性を持ってるはずでは?
大昔の人間に比べ現代人がそうだと、私には到底言えない。
むしろ能力的に劣ってきている。(感受性)
固定観念が強くなるというのも、いくら入れ物をかえても
(自我の構造の性質上)限定され、ある以上の進歩は望めない。
ところで、君の言う魂は意識と言い換えられるの?
魂という響きが、ちょっと、おどろおどろしくてw

539 :名無しさん@3周年:04/08/20 15:17 ID:iaE/ZFm+
こういうスレじゃ仕方ないんだろうけど、電波には正直
ウンザリだな

540 :名無しさん@3周年:04/08/20 16:59 ID:3JYP5nls
>>537
肉体のルーツは進化論でおなじみのような説ということになるでしょう。
ただし、自然淘汰ではなく、人為的に操作が加えられた結果ですが。
ミッシングリングというところに人為的な操作が当て嵌まるわけです。
さて、魂です。 終わりのないものに始まりはありません。
時空間によって形成されるこの宇宙以前の領域に「有る」ということです。
そこから一瞬(永遠)にしてスパークし無数の魂がすでにそこに「有った」「有る」「有るだろう」。

>>538
魂は創造と経験を繰り返すことで「それ」に漸近的に一体化しつつあります。
現代的な道徳性や精神性という言葉のニュアンスでそれを捉えることは無意味です。
魂=意識? もちろん、お好みとあれば。

>>539
どこがどう電波であるのかを具体的に指摘しなければね。
気に入らない意見や主張はすべて「電波」のレッテル貼りですか?
それこそ「電波」と呼ぶに相応しい思考の怠惰ということになるでしょう。

541 :名無しさん@3周年:04/08/20 17:13 ID:JM1lMXQe
根拠と言うか、>>540がそういう考えを持つ理由は?

542 :名無しさん@3周年:04/08/20 17:32 ID:fjsLpmK/
>>540
ではその「魂」とやらが、なぜ類人猿だけに入りこんだんでしょうか?
なぜ植物や昆虫ではなくヒトだったんでしょう?
人為的ならば尚更理由はありますよね?

また、鼠や犬などにも条件反射・学習の能力があることが明らかになっているわけですが、
こいつらには「魂」はないんですか?
チンパンジーなんて道具を使えるわけで、「肉体」だけでなく「魂」もヒトに酷似していますが、
これはどういったわけですか?

543 :名無しさん@3周年:04/08/20 17:37 ID:N5Nu32ma
死後の世界は存在しないと思う。

544 :名無しさん@3周年:04/08/20 17:39 ID:5IcfXPqA
>>540
未だにミッシングリンクとか言ってる時点で時代遅れ。

545 :名無しさん@3周年:04/08/20 18:28 ID:bMwGm2j4
ゴリラも学習させれば言葉を理解できるらしいじゃないの。
理由はやっぱり脳が小動物より人間に近いからかね?
という事は脳>魂なんだね。 魂イラネ。

アンビリバボって番組は糞だね。
霊を煽ってばっかでつまらんね。 
ああいうの見てるから霊離れが出来ない大人が多いんじゃないか?

546 :名無しさん@3周年:04/08/20 18:55 ID:B+LQGG2j
>>540
動物にも魂はあるのかどうか教えろ。
ルーツが違うとかごちゃごちゃ言ってないで、人間が進化の段階で
いつ魂を獲得したのかも教えろ。


547 :名無しさん@3周年:04/08/20 19:03 ID:nzfxUC0y
>>526は転生の成り立ち、いや、見てきたように書いているが、そういう確信にいたったのは
どのような体験、あるいは見聞によってか?

また、「独立した魂」であった「我々」が、類人猿に取り付いて転生のシステムを作ったとのことですが、
なぜをそれを覚えていないのか?覚えてなけりゃ実験も何もないだろ。


それを知りたい。
ぜひ教えてくれ。

548 :名無しさん@3周年:04/08/20 19:10 ID:bMwGm2j4
http://www.ntv.co.jp/FERC/research/20021103/f1105.html
気配の正体ってのがあった

549 :名無しさん@3周年:04/08/20 19:30 ID:5IcfXPqA
つーか、死後の世界とか霊肯定派って、
脳内妄想述べてるだけで何一つ現実的な意見が無いな。
科学(他人)には解き明かせないが私は理解してる。
私は特別だー!っていいたいだけちゃうんかと。

550 :名無しさん@3周年:04/08/20 20:50 ID:WBpZ3iv/
現実的ってどういう意味ですか?教えてください。

551 :名無しさん@3周年:04/08/20 20:54 ID:WBpZ3iv/
脳内妄想述って何ですか?教えてください。

552 :名無しさん@3周年:04/08/20 20:55 ID:WBpZ3iv/
なぜ覚えてなけりゃ実験にならないんですか?教えてください。

553 :名無しさん@3周年:04/08/20 20:58 ID:WBpZ3iv/
魂は獲得するものなのですか?教えてください。

554 :名無しさん@3周年:04/08/20 21:00 ID:WBpZ3iv/
言葉を理解するのは魂の機能なのですか?教えてください。

555 :名無しさん@3周年:04/08/20 21:02 ID:WBpZ3iv/
555ですか?教えてください。

556 :名無しさん@3周年:04/08/20 21:52 ID:RvA7XKs3
連投の君、大丈夫か?

557 :名無しさん@3周年:04/08/20 22:01 ID:WBpZ3iv/
大丈夫ですか?教えてください。

558 :434:04/08/20 22:52 ID:pLMmESw7
よく分からないケド・・
人間は前世の記憶は無いけど、前世で発見や発明された事は
生きている人間によって後世に受け継がれている・・・
それって、生まれ変わる為の次世代の体の為にやってる事なのかな?
ナンにせよ死ななきゃ分からないですよね、
だから私的には否定も肯定もどっちもするのはおかしいし無いと思うんですが
でも、魂の存在については皆さんは望まれてないですか?
私は強く望みたいです・・・

559 :名無しさん@3周年:04/08/20 23:08 ID:fjsLpmK/
「あったらいいな」と「絶対ある」じゃ主張として全然違いますよ。
ドラえもんのひみつ道具について「あったらいいな」と言う人がいても
「絶対ある、作れる」と根拠もなく確信してる人はいないでしょう。

560 :名無しさん@3周年:04/08/20 23:15 ID:a7DlfqQ2
「なかったらいいな」と「絶対ない」じゃ主張として全然違いますよ。
大地震の可能性について「なければいいのに」と言う人がいても
「絶対ない、有り得ない」と根拠もなく確信している人はいないでしょう。

561 :名無しさん@3周年:04/08/20 23:42 ID:JM1lMXQe
大地震はこれまでにあったという確かな前例があるし起こるメカニズムも解明されてるけどな

562 :名無しさん@3周年:04/08/21 00:27 ID:KheS0OAc
>>526は転生の成り立ち、いや、見てきたように書いているが、そういう確信にいたったのは
どのような体験、あるいは見聞によってか?
         ↑
     これの答え聞きたい

563 :名無しさん@3周年:04/08/21 00:35 ID:nXNW3sgS
>>551
述べるって言葉を知らないのか。悲惨だな…

564 :名無しさん@3周年:04/08/21 01:24 ID:vtgRsXWM
>大地震はこれまでにあったという確かな前例があるし起こるメカニズムも解明されてるけどな

死後の世界のメカニズムもかなり解明されています。
そういう事実をあなたが認めたくないだけです。




565 :名無しさん@3周年:04/08/21 01:38 ID:RX59WeWj
506 :名無しさん@3周年 :04/08/18 22:18 ID:x3Hxvywv
>>499
挙げた本のどれだったかを読んだことあるけど、がっかりしたよ。
ヘミシンクとか言う機械を使って脳を特殊な状態におくと死後の世界を見れると言って、
あとはほとんどその見た光景の説明やそれに基づく思想の垂れ流し。
それが本当に死後の世界なのかという検証ほとんどなし。
単にその機械に幻影を見せる効果があるのではというつっこみをされたら
全く反論できなくなるような本だった


508 :名無しさん@3周年 :04/08/18 22:27 ID:VB25U5Ci
>>506
モンロー研のヘミシンクは体外離脱体験を目的にしたものだからね。
あなたは、体外離脱体験が本当に死後の世界を垣間見たものなのかどうか、
ということを具体的にどうやって検証していけばいいと思ってるわけ?
批判する側としては、モンローの体験のこことここがお互いに矛盾しているじゃないか、
とか、そういうアプローチじゃないと、そこで議論がストップしてしまうと思うけどね。
尤も、議論をしたくない(自信がない)ために敢えてそういう難癖の付け方しかできないのなら、
こちらとしてもそれ以上あなたを追い詰めようとは思わないけど。


566 :名無しさん@3周年:04/08/21 01:56 ID:Xps8sFE4
死後の世界のメカニズムってどんなの?
どうやって解明したの?

567 :434:04/08/21 02:06 ID:zVFPQRfD
>>526の文章を読んで、ちょっと思ったんですが
原始人から人間に変化する過程の化石ってまだ発見されてないんですよね?
だから、人間を作ったのはまさに神じゃないのかって
もしそうだったら凄いですね
日本の古事記のイザナミとイザナギの話と、アダムとイヴの話が何か似てる気がするのも
私は気になってるんですが・・・
ナンにせよ、私には否定も肯定も出来ないんだけど
もし死後の世界について、宗教絡みでもなくオカルト絡みでもない根拠が分かれば
「死」への恐怖が無くなるのにな・・・と思います
でも「死」への恐怖を人間から奪ってしまえば、犯罪に関する罪悪感さえ無くなって
世の中の「生」の大切さが無くなって破滅になって大変な事になりそう・・・
だから永遠の謎にしてるんでしょうか?誰かが意図的に・・・?
よく細木数子とかも「私たちは生かされてる」ってゆうけど
そうなのかな・・・ でも宗教ぽい感じもしますが

568 :名無しさん@3周年:04/08/21 02:13 ID:ce9Ir9as
霊とか死後の世界ってファンタジーなんだよぅ
あれこれ想像するのが楽しいんだよねぇ♪

569 :名無しさん@3周年:04/08/21 02:38 ID:KheS0OAc
死後世界をファンタジーとして楽しむ分にはいい。
問題はこのスレの主旨である
悪用されることにある。
現前の恐怖の解決にファンタジーでは非力だ。
そして恐怖が解決されないうちは
ホントの自由も愛もないのだ。
何を信じようが人それぞれの自由かもしれないが
私はそれによって悲しい事件など見たくない。

570 :名無しさん@3周年:04/08/21 03:30 ID:2f4IP7F7
臨死体験とかいってる人って、
「ベッドに寝てるけど体が動かない夢」を金縛りだと言い張ってそうだな…


死後の世界とやらの解明が進んでるとのお言葉だが、
その具体的な根拠を出してください。
どのぐらいまで進んでるんですかね?

571 :名無しさん@3周年:04/08/21 04:19 ID:KheS0OAc
この世界、科学的に計測できて、再現性のないものは
根拠にはならないからね。
無いものをあると言うなら、そのルール守ってね。

572 :名無しさん@3周年:04/08/21 04:21 ID:KheS0OAc
スマソ、科学的に計測出来ない、でした。↑

573 :434:04/08/21 04:27 ID:wQaxmB97
(098)
でも、三途の川って日本の考えだから、外国の人の臨死体験では川を歩いたとかってのはないんだって。
生きてる時、(死ぬ前後)に見た脳の光を思い込みで見てるものらしいよ。
[匿名さん]-08/21 02:43
--------------------------------------------------------------------------------


とあるサイトのスレを添付しましたが、これって本当なのかな・・
日本人だけが臨死体験で三途の川を見るのは分かるけど、
脳が見る幻覚だとしても、世界各国の人が見る臨死体験で、
何故、それぞれ国によって見るものが違うんだろう
ちょっと謎じゃないかな・・・?

574 :無宗教 ◆1F5mpkB4HQ :04/08/21 06:15 ID:bBvf4sYG
ほとんどの宗教って、信じれば死んでも幸せが待っている、
信じない人間や他宗教の信者は、死後苦しむとか地獄が待っているとか
言いますよね。今生きるのも大変なのに、死後も心配する人達って
なんか大変だなぁと思います。

575 :名無しさん@3周年:04/08/21 09:30 ID:iGxdlNXc
死後の世界など絶対にあり得ない。科学的・常識的に考えてそうだし様々な本にもそう書いてある。
死後の世界があるなどと言っている馬鹿どもは、あたかも自分が経験しているかのような口調で
偉そうに書き込んでいるが、そんなものは妄想か幻覚に決まってるじゃないか。
死後の世界の可能性などということを主張する連中はえてして特定のカルト教団に感化されていることがほとんどだ。
だからそういう連中を徹底的に監視し糾弾し続けることでカルト教団も追い詰めることができる。
死後の世界などということを口にする者は世の中から一人残らず撲滅してしまおう。

576 :名無しさん@3周年:04/08/21 09:50 ID:OG4/I5OR
>ほとんどの宗教って、信じれば死んでも幸せが待っている、
>信じない人間や他宗教の信者は、死後苦しむとか地獄が待っているとか
>言いますよね。

そうなんですか? その根拠を示してください。

577 :名無しさん@3周年:04/08/21 12:08 ID:KheS0OAc
>>574
>今生きるのも大変なのに、死後も心配する人達って
なんか大変だなぁと思います。

今と直面する大変さを未来に投影して、何とかごまかしてるんです。
逃げる口実、時間稼ぎですよ。

>>576 おはよう!
根拠?って変じゃない?574さんは、
ただ一般的な事がらを述べてるだけでは?噛み付くとこじゃないよw

578 :名無しさん@3周年:04/08/21 13:12 ID:Ubu0ZKCp
>>577
なぜ噛み付くと思うのですか? その根拠はどこにあるのですか?
一般的な事柄とは、どういうことですか?

579 :名無しさん@3周年:04/08/21 13:16 ID:Ubu0ZKCp
噛み付いている、と受け取ってしまうということは、
否定派の人たちが根拠は?証明できますか?と執拗に質問してくるのも、
単に噛み付いているだけなんでしょうか?
人は自分の中に無いものを他人の中に見出すことはできません。
だからきっとそうなのでしょう。

580 :434:04/08/21 13:21 ID:vR8JRWyb
>>577
>今と直面する大変さを未来に投影して、何とかごまかしてるんです。
逃げる口実、時間稼ぎですよ。

私の場合、現実に何かとんでもない悩みがある時は
あまり死後の恐怖を考える事はないんですが、
何もない時に限って怖くて仕方なくなります
もっとも死後の世界を肯定も否定も出来ないけど、死後の世界があって欲しいと強く望みます
何度も同じことを書きますが、「死」を恐れているヘタレ人間なんです
でも、これも何度もガイシュツですが、、かといって利益目的の新興宗教だとかは大嫌いだから
入る気もあしません・・・

ごめんなさい、文章へタッ糞で、ナニが言いたいのか伝わらないかもしれませんが、
要するに私の場合は現実逃避ではなくて、死後の世界があればいいな!と
強く望みながら、根拠を求めて色々な検索をかけて文章を見てみたり・・・
と無駄な事やってる浅はかな人間です
でも、そうやってたどり着いた宗教系のHPだけは決して見ませんが・・

581 :環・道:04/08/21 13:47 ID:YE784gEF
何もかも信じてはいけない。但し、探求は必要だ。究極の道は自らの内奥の道であ
る。外界の論争からは何も見つけることは出来ない。どんな大宗教でも、最後は1人
で進む時が来る(何者の偉大な教祖の姿でも消しさって進む・・・これが道だ。)
此処に自らが追求した科学者の本を紹介しよう。「意識の中心」ジョン・C・リリー
著  菅 靖彦訳 平河出版 著者は米国国立精神衛生研究所で脳の神経生理学の研
究に従事した人物である。彼いわく、「−いかなる人物も、集団も、空間も、リア
リティーを崇拝したり、崇めたり、その逆に恐れたりしてはならない。研究者や探
求者にはそうしたお荷物を抱え込む余地はない。」  
 普通人ができる方法は「瞑想」であろう。唯、心の観照を続けるのである。まず、
静かになれない自分を発見するはずである。静かになる必要はなく、唯、否定も肯
定もなく観照し続ける。毎日、気が向いた時、数分でも。何年、何十年続けると、
「それ、あれ、」・・・環【光】に乗るだろう。人は一人一人の道がある。他の誰
かの道を辿る事はできない。それが気付きだ。自らの道。


582 :名無しさん@3周年:04/08/21 14:27 ID:KheS0OAc
>>578・なぜ噛み付くと思うのですか? その根拠はどこにあるのですか?
一般的な事柄とは、どういうことですか?

それは君が常識に対し否定の態度をとるからで
その場合むしろ反対の意見の根拠を提示するのは君の方だからです。
一般的名事柄とは、ある人がいくら認めなくても
国に納税する義務がある、のと同じレベルのことです。
社会に参加し議論するにはルールや共通認識の場があり、
それから逸脱したものを他者は受け入れられない。
君の立場をその場にふさわしい形にする努力を、
今君は求められている。

>>580
まだ若いからかもしれませんが
ホントノ死の恐怖を体験されてないと思います。
いやでもその内来ますけど。今は大いに楽しんでください。



583 :名無しさん@3周年:04/08/21 15:56 ID:CjrHoT/Y
沢口靖子としりとりできます
http://www.soutokuhu.com/bbs/test/read.cgi?bbs=psy&key=1087641088&ls=50

584 :名無しさん@3周年:04/08/21 16:25 ID:2f4IP7F7
おい、>>540(=526)のレスはまだか?

585 :無宗教 ◆1F5mpkB4HQ :04/08/21 16:59 ID:NmVNPGxw
>>576
書いた事は、かなり一般的なものだと思うのですが、どうでしょうか。

>>577
今自分が置かれている状態を、宗教を借りてうやむやにして、
現実逃避しているだけって事でしょうか?

>>580
死後の世界があって欲しいと強く望んでいるみたいですが、なぜでしょうか?
私は、死を恐れている人間がヘタレ、とも思いませんし、死を恐れない事が
よい事だとも思いません。


586 :434:04/08/21 17:55 ID:vR8JRWyb
>死後の世界があって欲しいと強く望んでいるみたいですが、なぜでしょうか?

死んで「無」の状態になるのが恐ろしくて恐ろしくてたまらないです。。。
この「心」って死後無くなる?と思うととても怖いです

587 :名無しさん@3周年:04/08/21 18:02 ID:nXNW3sgS
永遠になくならないほうが怖いだろ。
死んだら恐怖も何も無い完全な無。
眠ってる時は(夢は別として)何も感じないだろ。
あの状態が永遠に続くんだよ。ある意味最高に天国。

588 :名無しさん@3周年:04/08/21 18:06 ID:enqIU/qw
死後の世界が存在するか、来世が存在するかは厳密には科学の領域で
宗教じゃないな。

>>586
死んで心が無くなるとしてもそれ自体は恐れる事はない。あなたはきっと
別なことを恐れている。例えば何かが出来なくなるとか。コミュニケーションとかね。

589 :名無しさん@3周年:04/08/21 18:13 ID:OwJs+W5z
>>588
え?反対でしょ?
死後の世界が存在するかは厳密には宗教の領域でしょ。
神の存在と同じような話じゃないの?

590 :名無しさん@3周年:04/08/21 18:32 ID:MtrdtOW3
宗教でも科学でもいいけど現実問題だろ神はともかくオレ様は実在。イェーイ
by金メダリスト

591 :名無しさん@3周年:04/08/21 19:41 ID:HebnPwcj
>>587
全くだ、人類が居る数千年はいいとして、その後は話も出来ぬ
知性もない奇怪な生物ばかりの世界が数億年続くかもしれんのだぞ

しかも50億年くらい経って太陽系が滅んだらやることもなし希望も無し
永遠の意識なんて絶対に御免だ。
引き受けるなら、億年単位の退屈、完全な希望の消滅を苦痛と感じない
ように精神構造を根本的に変更する必要があるな。そんなの人間じゃねーケド。

あれ?それとも死後の世界というのは宇宙消滅までの数百億年間
ずーーーっと退屈しないような超エキサイティングな世界なのか?
それもいやだな。

592 :名無しさん@3周年:04/08/21 20:33 ID:KheS0OAc
少なくとも死があるから
ドラマティックな感動があるんでは
死という陰なしに
生の輝きなし。

593 :名無しさん@3周年:04/08/21 20:50 ID:KheS0OAc
>>586
1歳の時のこと思い出してください。と言っても無理か。
その時恐怖が続くことはなかったのでは。
自我(この場合は記憶)をもったから失うのが怖いのです。
お金持ちが銀行残高減るのがこわいように。
無の状態では恐怖という状態がありえないのでは。

594 :名無しさん@3周年:04/08/21 22:45 ID:bw1SN/Kw
肉体は借り物でやがて土にかえすことになる。
しかし、心は誰のものだろう。
心は自分のものなのだろうか、否、自分で作った覚えは無い。
心ももしかしたら、借り物ではないだろうか、
借り物なら、返さなくてはならない。
いずれ、返すのならきれいにして返さなくてはならないのだろう。
あの世があってもなくても、きれいな心でいたいものだ。


595 :名無しさん@3周年:04/08/21 23:24 ID:Ubu0ZKCp
ああ言えば、こう言う。ホントに冷静な議論の出来ないガキどもの巣窟だな、ここは(笑)。

596 :434:04/08/21 23:36 ID:ZEyXkc49
>あれ?それとも死後の世界というのは宇宙消滅までの数百億年間
ずーーーっと退屈しないような超エキサイティングな世界なのか?
それもいやだな。

だから、うまいこと記憶なくして生まれ変わるんじゃないな?なんて思ったりして・・・

でも587、588、591、592、593、594さん、
「死」を受け入れられてるって事が私からしたら凄いと思う
確かに「無」になればもう、怖くもなんともないんだけど
その「無」になるのが恐ろしい私は、やはり人として欠陥だしヘタレ以外の何者でもないですよね
でも、たまーーーに、私と同じ考えの人もいるみたいですが
でもビビった所で何の解決にもならないです・・・・・

597 :名無しさん@3周年:04/08/21 23:42 ID:Ubu0ZKCp
「死」を受け入れてなんかないよ、この連中は。
「死」ねばすべて終わりさ、などとここで冷静さを装って嘯いている人間に限って、
いざ本当に自分自身のリアルな「死」に直面した途端、
絶望感に慌てふためき見苦しく右往左往することは火を見るよりも明らかだ。


598 :名無しさん@3周年:04/08/22 00:04 ID:DTJCSCYe
死ねばすべて終わりだと思ってる。だから死が嫌。
こんなに楽しいのにそれが終わるのはかなり嫌。

599 :434:04/08/22 00:36 ID:k3zEqJw6
>>597
私も怖くて怖くて取り乱すと思います
>>598
自分と同じ考えの人が居てくれて嬉しいです
私も死にたくない
でも死ぬのは仕方ないから、生まれ変わりがあって欲しい
飯田史彦の著書知ってますか?私は、あれが現実であればいいと思ってます。

600 :名無しさん@3周年:04/08/22 00:44 ID:QIOHFOxq
>>598
なんて素直なんだろう。
君はきっと普通のひとだ。
なんでこんなとこで遊んでいるのだ。
早くお家に帰りなさい。

601 :名無しさん@3周年:04/08/22 01:22 ID:jm4P0K1R
>>597
そのとうり!絶望感に慌てふためき見苦しく右往左往しました。
もうこのままでは自分が壊れる、と感じました。
いろいろ逃れる方法を試みましたが
いわゆる神も仏も無力でした。
その一方状況は淡々と進みます。
「なぜこんなに苦しむんだ?」を問い続けていくと
自我に執着する自己がありました。
絶望の底で真正面から恐怖と取り組んでいくうちに
気が付くと恐怖は消え去っていました。





602 :名無しさん@3周年:04/08/22 02:43 ID:MfC/wPaw
ログみてましたが、みなさん同じことおもってるんですね…
この死への恐怖って時々きますよね、しかも不意に。
忘れてるときはいいのですが一度思い出すともうどうにもなりません。
現在この状況に陥ってるのですが、大体2〜3年周期でくるような気もします。
あぁ、ストレスで胃がいたい…

603 :名無しさん@3周年:04/08/22 07:05 ID:EWEpZRiF
ってか死後の世界を確信してる人はちゃんと研究してくれよ。
ある!って言ってるだけじゃ、そりゃ妄想っていわれるよ。

オレは死後の世界があってほしいよ。
だって死んだら終わりってなんか悲しいやんか。
でもさ、どこの宗教でもカルトでも心霊研究家も理論立てて証明しない。
胡散臭いものを信じることはできねーよ。
だから一日一日を精一杯生きなきゃならない。
正直しんどい。ねむい。

肯定派はちゃんと研究して論文書いて発表してくれ。
頑張れ。

604 :名無しさん@3周年:04/08/22 07:15 ID:ueU+PNyi
やっぱり科学の領域だろうが。

605 :名無しさん@3周年:04/08/22 11:08 ID:UCwUHZoO
ほんとにその通りだな。科学者のほうは「人間の脳なんて、
生命の仕組みなんてわかんない」などとボヤかずに
脳科学、生物学をどんどん果敢に研究して一定の成果を
出してきたのに、肯定派の体たらくと来たら・・・。


606 :名無しさん@3周年:04/08/22 11:21 ID:7fLgfLAe
死んだら終わりでしょう?

死後生きるってのは
「○×は死んでもわたしたちの心に生き続ける」
みたいに生きてるヒトに影響を与えたり
発明とかの業績を残したら、尊敬の意味で
死後生きるっていうんでしょ

607 :名無しさん@3周年:04/08/22 11:31 ID:7fLgfLAe
きれいさっぱり忘れ去られて
誰からも思い出されないってのも
乙じゃないか
墓とか要らないよ
薄ら汚い

608 :名無しさん@3周年:04/08/22 12:58 ID:NBrgKYhB
>ってか死後の世界を確信してる人はちゃんと研究してくれよ。
>ある!って言ってるだけじゃ、そりゃ妄想っていわれるよ。

馬鹿なヤツだなw
お前が勝手に肯定派は「ある、とおもいこんでいるだけ」
と思い込んでいるだけのことじゃん。
具体的にお前は肯定派のどういう文献のことを指して、
肯定派はあると思い込んでいるだけ、と主張しているのか、
説明してみろよw
実際には文献ひとつ読んだこともないんだろうがwwww

609 :名無しさん@3周年:04/08/22 13:03 ID:jm4P0K1R
死後に関心もってた人って過去にも大勢いたと思うけど
何の連絡もしてこない。おれだったら何とかして連絡するがな。
すごい霊力持つんでしょ。
かりに連絡があっても微弱すぎ。
その程度のものが、今の人生に影響与えられないと思う。
今だって寝るときは明日生きてるか、地獄に行ってるか、
絶対の保障なしに皆、結局眠りに落ちてるよね。
だから来世があろうがなかろうが
今の生活にかわりなし。

>>607
現実として芸能人とか5年で忘れられてる。
それくらい世の中淡々として清々しい。
流れない水は腐る


610 :名無しさん@3周年:04/08/22 13:25 ID:0iaN6FAG
>>608
お前が勝手に文献が『ある、と思い込んでるだけ』じゃないの?
本当にあるっていうなら具体的に名前出してみてよ。
少なくとも、科学的検証に耐えてる文献なんて、
今のところ一つも存在しないと俺は思うが。

611 :名無しさん@3周年:04/08/22 13:54 ID:NBrgKYhB
>>610
>少なくとも、科学的検証に耐えてる文献なんて、
>今のところ一つも存在しないと俺は思うが。

だから、それが思い込みだっていうのw 救いようのない馬鹿だなw



612 :名無しさん@3周年:04/08/22 13:56 ID:NBrgKYhB
>>610
科学的検証に耐えうる、というのは具体的にどういうことなのか、説明してみろよw

613 :名無しさん@3周年:04/08/22 14:11 ID:0iaN6FAG
>>611-612
で、具体的な文献は?
あるあるいうだけか、結局。


614 :名無しさん@3周年:04/08/22 14:28 ID:UCwUHZoO
>>612
追試可能とか、そういうことじゃないのかな?
何出したって叩く奴は叩くだろうから、とりあえず俺も文献名挙げてみてほしいです。


615 :名無しさん@3周年:04/08/22 14:30 ID:UCwUHZoO
あ、それと、>>523-524についても、あなたの考えを聞かせてもらえませんか?
煽るつもりはないです。別に、あーだこーだとぐだぐだ批判しませんから。
あの質問はなかなか鋭いと思ったので。


616 :名無しさん@3周年:04/08/22 14:38 ID:jm4P0K1R
>>612
少なくとも万人の目で見て
計測され、再現可能なこと。


617 :608:04/08/22 14:41 ID:s8YZ1h0V
あのなあ、俺は肯定派じゃなくて否定派なの。
だけどお前たちの論法っていうのがあまりにも稚拙なんだよ。
だから指摘してやってるわけ。
具体的に、肯定派のどこがどうダメなのか、お前の言葉で説明してみろよw
批判するからには当然敵の信奉する文献に当たってる訳だろう?
だからお前が具体的に当たってみたその文献の名前をここに公表して、
その本のどの部分がどうおかしいのか、説明してみろと言ってるわけ。
わかったなら、はやく答えを寄越せよ、厨房w


618 :名無しさん@3周年:04/08/22 14:50 ID:QE9AfYsc
科学的検証とは、人が血のにじむような努力してつかんだことを
本を読んだだけで、簡単に理解してしまえることをいうのか。

619 :名無しさん@3周年:04/08/22 14:54 ID:Q4j2KujY
>>618
その通り 真実は単純なり

620 :608:04/08/22 14:57 ID:s8YZ1h0V
抽象論はいいから、「具体的に」指摘してみろ あ?
できないのか? だったら肯定派と同じ穴のムジナだなwww

621 :名無しさん@3周年:04/08/22 15:00 ID:UCwUHZoO
ホント、どっちもどっちだな。
そもそも現代の科学レベルでは答えが出ないようなテーマを
議論してみても時間の無駄ですな。
ないことも証明できないし、あることも証明できないのだから。


622 :名無しさん@3周年:04/08/22 15:01 ID:yFNPeES5
>>617
肯定派のだめなところをかわりにいってやろう。
そうやって根拠を具体的に示せ、というところだ。

否定する根拠を一言一句漏らさず、文献の名前や著者、
内容の文章を丸写しの状態でここに全部書くと言うことが、
おまえには頭だけでできるというのか?


623 :名無しさん@3周年:04/08/22 15:04 ID:yFNPeES5
>>622
肯定派→否定派

624 :名無しさん@3周年:04/08/22 15:16 ID:0iaN6FAG
死後の世界の存在の有無について議論するなら、
あるという側が、まずあるという根拠を具体的に示さないと議論にすらならんのだよ。
逆に、まず最初に無いという根拠を示せば良いじゃないかというかもしれんが、
無いことの証明は事実上どんな議論であっても不可能な以上(悪魔の証明)、
議論のルールとして存在を示す証拠を示すのが先。

625 :608:04/08/22 15:49 ID:s8YZ1h0V
無いことの証明は出来ない。その通りだ。
しかし、肯定派を自認する連中が自らの主張を証明しなければならない責務を負うものでもない。
逆に、そのような肯定派の主張を退けたいという意図をもって否定派が論戦を挑もうとするのなら、
具体的に批判すべき具体的な箇所を指摘すべきだ、ということを言ってるんだ。
それが出来ないのなら、自らの主張をただ闇雲に繰り返すだけの肯定派と同じ穴のムジナに過ぎない、
ということだ。どうだ、論旨明快だろうwww

626 :名無しさん@3周年:04/08/22 15:52 ID:DTJCSCYe
>>624
あー、論理学かなんかの講義で習った気がするな、それ。

627 :名無しさん@3周年:04/08/22 15:58 ID:0iaN6FAG
>>625
肯定派って言っても、別にある具体的な体系にそって肯定してるんでなく、
なんとなく今まで見聞きや体験したことから、あるんじゃないのかなぁ。
って言ってるだけだからなぁ…
具体的で無いものに対して、具体的な批判はできんだろ。

628 :亀仙人:04/08/22 16:01 ID:ClgWQX0n
完全に議論行き詰ったようです。
存在するという科学的な証拠があれば、
すべての人はあの世を信じているでしょう。
また、ないという証明もできませんね。
あの世の存在は、演繹的議論からは堂々巡り
するだけのようですね。

629 :名無しさん@3周年:04/08/22 16:01 ID:UCwUHZoO
>>627
そういう人たちなら、丁寧に理で説けば転向する可能性はあるだろう。
厄介なのはむしろ「具体的な体系」をもって肯定している人たちだ。
宗教の教義上肯定しているとか。


630 :名無しさん@3周年:04/08/22 16:26 ID:jm4P0K1R
>>629
そうだな

631 :名無しさん@3周年:04/08/22 16:28 ID:7fLgfLAe
yakamasiiya...
shindemirya sumukotojane-ka...

632 :名無しさん@3周年:04/08/22 16:33 ID:yOiFysq5
電波がいなくなって良い感じの流れだね

633 :名無しさん@3周年:04/08/22 16:39 ID:jm4P0K1R
そもそも、学会に出せる論文、文献ないだろ。
あるのは著書だけでは。
幾冊か読んでるが面白いが信じるには弱い。
それに信じてるとしても
愛する人が目の前で死んで、もうコミュニケート出来ないことの
さみしさを克服できるの?そこんとこどうなの?

634 :無宗教 ◆1F5mpkB4HQ :04/08/22 17:33 ID:w0jX73g4
仮に、死後の世界があると考えている人は、死後には
またこの世界に戻ってくると考えているのでしょうか?

635 :608:04/08/22 18:21 ID:UZTb/Itl
>>633
学会に出せる出せないなんて関係ないの。
彼らが信奉している文献であることが重要なわけ。
それを理詰めで問い詰めていってこそ効果があるんでしょうが。
それが出来ないんなら、ネチネチネチネチ女が腐ったみたいに
イジメるなと言ってるわけ。
誰が何を信じようとそれはその人の自由なんだからな。

636 :名無しさん@3周年:04/08/22 18:23 ID:ueU+PNyi
かなり興味深い報告もあるし、ユングでは系統だった考えもあるが
今の学会がそれを拒んでいる。

637 :名無しさん@3周年:04/08/22 18:30 ID:0iaN6FAG
>>636
>かなり興味深い報告
詳細キボンヌ。

638 :名無しさん@3周年:04/08/22 18:41 ID:ueU+PNyi
宗教的になるがダライラマの話だな。前世に使っていた物をテキパキと当てるんだとか。
同じようにインドには前世の記憶を持って生まれてくる人がかなりいるとか。

639 :名無しさん@3周年:04/08/22 19:00 ID:DTJCSCYe
それって疑いの目でイジワルく検証されることがなさそうだからなぁ…

640 :ネオネチ:04/08/22 21:14 ID:jm4P0K1R
勇気ある皇帝派のひとは
霊界からここにレスください。
なーに死んでもまた戻ってこられますよ。
私が保証します。

641 :dds.astral1969-223@mysteer.pic.heaven:04/08/22 21:30 ID:UCwUHZoO
>>640
この板は以前よく来ていたのですが3ヶ月前に事故で死にました。何とか書込みできたかな?


642 :名無しさん@3周年:04/08/22 21:52 ID:k5u9fRd0
夏になってからあっというまにスレ進んでんな・・・

643 :名無しさん@3周年:04/08/22 22:07 ID:jm4P0K1R
>>641
そちらの様子どんなですか?
神に会いましたか?いつ生まれ変わる予定ですか?
詳細キボンぬw

644 :434:04/08/23 02:52 ID:wB4RLIJc
死後の世界について、コレだ!!!っていうソースが欲しい。。。
無いですかね??宗教も何も混じりッけのない納得できるソース。。。
今の所、自分の最高は飯田氏ぐらいです、
でも「納得できるソース」じゃなく「信じたいと思えるソース」の域ですが

645 :名無しさん@3周年:04/08/23 03:32 ID:WHR1RUgZ
死ぬほど知りたいですか?
それくらいの覚悟、集中力がないと
知れない領域かもね。
そうでないと人間って結局自分の好きな結果を
探しだすんですよ。
悟りを開いた人達は
命がけで知りたいと思ったそうですよ。

646 :名無しさん@3周年:04/08/23 03:42 ID:CaDYGz/P
死ぬまで生きてりゃいいじゃんか、死んだら分かるだろ

647 :名無しさん@3周年:04/08/23 04:33 ID:bRpBITBh
氏んだ後のことなんか氏んでみんとわからん罠
そんなこと考えるより明日の飯のオカズを考える方がはるかに有益

648 :名無しさん@3周年:04/08/23 09:17 ID:zHxtDXzZ
あの世を直接的に証明した人はいない。これからも
証明されるこはないであろう。
あの世のことや神の領域は一人ひとりの問題であり
個人が努力してつかむしかないのだよ。
あの世に行っても神のことは判らない霊はいるのだ。



649 :434:04/08/23 09:51 ID:TsksO8Bd
>>643
>あの世に行っても神のことは判らない霊はいるのだ。

小学生みたいな事聞いてハズカシい(今更か。。)んですが、やっぱ霊はいるんでしょうか?
あの世に逝けずこの世に未練や恨みを残した方が霊だとしたら、あの世はありますよね・・

>>645-647
死んだ後しか分からない事なんですが、死ぬ前に少しでも分かれば恐怖も少しは和らぐ。。
私が死を恐れながら生きてる馬鹿だからこんなクダラナイ事いつまでもやってるんですよね。。

650 :名無しさん@3周年:04/08/23 10:15 ID:3N9bzmp5
人間は生まれてから成長していくあいだに
廻りからの情報によって「死後の世界」っていう
考えを持ってしまう(植え付けられる)のでは?。
例えば昔狼に育てられた少女っていたけど、
そういう人がもし他にもいて、一生人間に発見されず
にいたら死後の世界と言う認識は生まれたでしょうか?。

651 :名無しさん@3周年:04/08/23 14:23 ID:WHR1RUgZ
>>648
>あの世のことや神の領域は一人ひとりの問題であり
個人が努力してつかむしかないのだよ。
あの世に行っても神のことは判らない霊はいるのだ。

↑このように言える根拠は?


652 :434:04/08/23 16:32 ID:aSCBMOYx
>>650
動物の気持ちも謎ですよね
もしかしたら動物の方がそうゆう世界がもしあったなら、知ってるかもしれないし
ナンにせよワカラナイですよね
分かってるのは、
肯定派と否定派に分かれたり、私みたいに肯定したくて根拠求めたりするのって、
人間だけですね。。。

653 :名無しさん@3周年:04/08/23 16:37 ID:yrvdo4bZ
自分を客観視できるのは人間だけだからな
それ(メタ認知)が意識の本質であって死後の世界を求める理由でもある

654 :名無しさん@3周年:04/08/23 18:53 ID:WHR1RUgZ
>>653
その調子でもっと話してくれ
求める先に何かあるのかないのか

655 :434:04/08/23 19:15 ID:aSCBMOYx
>>653
確かに自分を客観視出来ますよね、唯一人間だけは・・・
という事は、、、この体は借り物?って考えられもしないかな
でもしょせんこれだって精神世界ですよね、水掛け論にしか成り得ない・・

656 :名無しさん@3周年:04/08/23 20:42 ID:6m1gEfKf
>>651
根拠があると思っている根拠は? 
本当に根拠があると思って質問しているのか、
それとも他の意味があるのか、
詳しく説明せよ。

657 :名無しさん@3周年:04/08/23 22:30 ID:VzUpD5De
そもそも「人間だけ心・精神がある」とは断定できないけどな。
我々から見てそうみえるだけで、実はイルカにも自我があるかもしれない。(ないとは思うけど。)

話を戻すか。
基本的に「人間は他の動物と同じように生まれ、同じように死ぬ」だけ。人間と動物の違いなど、発達した大脳があるかどうかだけだ。
人生も「生まれて、成長して、子供を残して、死ぬ」だけのものだ。そこに意義も目的も特別な価値もない。ただそれだけのもの。

しかし、それが受け入れられないという気持ちもわからなくはない。虚しいものね。
日頃の人間社会では「意義、目的」がありふれてるけど、自然界の中での人間を見るとそこには「結果」しかないんだもの。
だから人々は後付で色々なことを想像したりしたくなる。死後の世界もその類。

>>655
まぁ、人間自体遺伝子の入れ物だし。

658 :434:04/08/23 23:33 ID:aSCBMOYx
遺伝子って一体何者なんだろう・・
遺伝子の入れ物かぁ
てっきり「魂」の入れ物?って思ってたけど、新境地です、アリガトデス>>657
そういえばどっかのHPで遺伝子に輪廻転生の素材?か何かがあるって書いてあった
それゎよく訳わかんないけど(汗

659 :名無しさん@3周年:04/08/24 00:22 ID:jKKGYpiU
生き物(人含む)って死んだら終わることを本能で知ってるから
頑張って生きようとしてるんちゃう?あの世が有るって確定したら
死への恐怖て無くなっちゃうし、生への執着もいらないわなぁ

660 :名無しさん@3周年:04/08/24 01:05 ID:jW0jfOKT
>>656
>あの世に行っても神のことは判らない霊はいるのだ。
           ↑
根拠といった理由。この表現は霊の存在を確信してると思えるし、
確信するにはそれなりの確証を何かつかんでると思われたから

661 :434:04/08/24 12:57 ID:Z9Qzn4xn
>>659
遺伝子ってある種本能かな・・??
「本能」=「遺伝子」??


662 :名無しさん@3周年:04/08/24 13:09 ID:kXlp1qLM
>>>>>>>基本的に「人間は他の動物と同じように生まれ、同じように死ぬ」だけ。人間と動物の違いなど、発達した大脳があるかどうかだけだ。
人生も「生まれて、成長して、子供を残して、死ぬ」だけのものだ。そこに意義も目的も特別な価値もない。ただそれだけのもの。


根拠を説明できますか?

663 :名無しさん@3周年:04/08/24 13:35 ID:jW0jfOKT
横スレすまそ
>「本能」=「遺伝子」??

厳密に言えば、違うのでは。
無意識の欲望は本能と同一視しやすいけど
後天的に条件付けされたものの場合もある。
そしてそれらは脳に記憶された情報が元である。
本能は遺伝子に記憶された情報かと。
434さんは
自分の希望してる結果を求めてますね。
これは死の恐怖が元にあるため
自由な思考ができず、無意識に情報を欲する結論(安心、保障)へと
導くクセがついてるためでしょう。
恐怖にかられた脳はある意味機能障害を起こしています。
来世より自由をめざすのも一案かと。


664 :名無しさん@3周年:04/08/24 13:45 ID:IVWrt5ym
>>663
同意。
保証を過剰に求めても得られませんよ。

665 :生物屋:04/08/24 13:45 ID:HkWPj5oP
遺伝子なんてただの物資ですよ。
フツーに試験管の中で組み替えとかしてますがな。

666 :名無しさん@3周年:04/08/24 14:15 ID:UxqcQlF6
>>659
それだから宗教があるんですよ。自分が死んだらどうなるか
わからない。わからないから死への恐怖がある。でも死んでも
天国とか極楽浄土とかがあると信じさせれば死への恐怖も
なくなるわけだ。ただそれにはある程度の条件付けもある。
善行をつまなければ地獄へ落ちるとか、自殺したら成仏しない
とかのね。まあこれが宗教の求めてる全てではないけど。

667 :名無しさん@3周年:04/08/24 14:38 ID:ozDUlaSK
>まあこれが宗教の求めてる全てではないけど。

全てではないどころか、ほんの一部でしかないと思うよ。
人間とは何か、人はなぜ生きるのか、いかに生きるべきか、
そういう考察から哲学が生まれ、その哲学と祭儀が結びついて宗教が誕生した。
確かに宗教のほとんどはろくでもないものばかりだが、
だからと言って、‘人間存在’に対するこの哲学的問題提起を、
すべて死への恐怖心というところに単純化・矮小化してしまうような、
短絡的発想は、あらゆる学問の基礎である哲学から派生し発展していった、
自然科学そのものまでも否定してしまうことになる。

668 :名無しさん@3周年:04/08/24 15:04 ID:jW0jfOKT
>>667
まってくれ、「死の恐怖」という文句は短い文で投稿する上でしかたなく使ってるレトリックで、
それだけ取り上げると抵抗感があるかもしれないが、その意味の底辺は哲学から派生し発展していった、自然科学まで
広がってるよ。思考の大元で「死の恐怖」のバイアスがかかると導き出されるものが
変形するということです。当然、哲学、自然科学の否定にはならない。

669 :名無しさん@3周年:04/08/24 15:15 ID:UxqcQlF6
>>667
ほんの一部にすぎないと言う意味で全てではないと書いたつもりでした。
ただ大昔の一般の人たちにそれを理解させるのは難しいところがあったから
最初のとっかかりとしてわかりやすく単純化させたんでしょう。
平均寿命も短く、病気に対する治療もろくに出来ない
大昔の一般人たちにとって死というものが自分にちかいところで
日常的におこっている時代では死後どうなるかは最大の
関心事だったことでしょう。

いろんな情報が手に入れられ、自然科学や医学もずいぶんと発展し、
死と言う物へ直面する機会も少なくなってきている現代では
短絡的で単純化は出来なくなってます。

670 :名無しさん@3周年:04/08/24 23:37 ID:3TfRwSHy
>平均寿命も短く、病気に対する治療もろくに出来ない
>大昔の一般人たちにとって死というものが自分にちかいところで
>日常的におこっている時代では死後どうなるかは最大の
>関心事だったことでしょう。

現代の価値観で、過去の人間如きはこうだっただろうなどと勝手に結論づけていいんですか?
あなたはそれを証明できるんですか? 
そういう不遜で傲慢な態度こそ、カルト信者のメンタリティに通じるものがあるんですよ。

671 :657:04/08/25 00:04 ID:3quH9cts
>>434
学校の生物の教科書(IIまで)や「利己的な遺伝子」を読んでみるといいよ。
新たな価値観をGETできると思います。

>>662
すまん、自然科学を色々学んできての総合的な個人の感想だから、根拠を語れと言われると厳しい。
このへんは議論しても泥沼化しそうだからやめとこうか。

>>665
そこがまたツラいとこなんだよね。キーとなる遺伝子も、所詮は偶然生まれた ただの物質。
そこに本能やなんらかの意志・意図があるわけではないし。(あるようには見えるが)

672 :名無しさん@3周年:04/08/25 01:13 ID:xIyZgFO9
あのさ、死後の世界を信じることで
例えば、自分の死、最愛の人の死をわりきれる?
信じるって、例えば崖の先を歩いていっても平気だよってことでしょ。
他人にそう言われて歩いていくことだよね。
それが出来る人は全然OKだけど。みんなはどう?

673 :名無しさん@3周年:04/08/25 11:46 ID:SPGBaRvz
 

死亡体験談

http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1093097727/


 

674 :名無しさん@3周年:04/08/25 11:56 ID:0hau0DkW
死後の世界を信じるのは、サンタを信じることと変わらんな。

675 :名無しさん@3周年:04/08/25 13:13 ID:qkp2KXAz
>>674
その根拠を教えてください。そしてそれを証明してください。

676 :名無しさん@3周年:04/08/25 13:27 ID:xIyZgFO9
>>673
否定派ですが正直、面白い!

ただ、父親に入ったとき、父親の意識はどうだったのか?
一つの意識が世界を見渡しているように書いてあるが
その時に同時に他人の意識も存在してる点が矛盾かと。

677 :名無しさん@3周年:04/08/25 15:18 ID:0/Li5IHj
死後といえば、極楽浄土。しかし、それを肯定しながら否定もしていて現存する教団がある。それが浄土真宗である。基地外の巣窟か?

678 :名無しさん@3周年:04/08/25 15:42 ID:IeT+it0m
>>675
サンタもあの世も一緒だろ
子供の時は皆信じてたろ?
ただ、あの世とかは大人になっても誰も教えてくれないだけ
自分で気付くしかないな

679 :名無しさん@3周年:04/08/25 16:41 ID:xIyZgFO9
ここで根拠たん、もう一押し
       ↓

680 :名無しさん@3周年:04/08/25 17:18 ID:dRHHIoIO
↑はい、わかりました。

>>サンタもあの世も一緒だろ

その根拠を教えてください。それを証明してください。
できるんでしょ? そんなに偉そうなんだから(プゲラ


681 :名無しさん@3周年:04/08/25 17:33 ID:A1oAC6Dj
サンタとあの世の共通性:根拠の欠如

「証明」とか言ってるヤツは言語とか論理が分かってないよね。

682 :名無しさん@3周年:04/08/25 19:06 ID:HOP8tqtv
あると信じてる人が求めてる死後の世界ってモノは
自意識と思考の上に成り立ってるでしょ、当然と言えば当然だよね、
結局人間社会の主観でしか成り立たないわけよ、
意識ある者の上にしか成り立たない世界って事。良く言えば人間文化、悪く言えばエゴ。
だから死んだら自然に還る予定。意識なき者になっちゃうからね。

683 :名無しさん@3周年:04/08/25 19:56 ID:LCYXXXxb
>あると信じている人

この断定の仕方にすでに作為が紛れ込んでいる。
死後の世界の可能性について論じている人間はすべて「信じている」人間であるかのようだw

684 :名無しさん@3周年:04/08/25 19:58 ID:LCYXXXxb
>「証明」とか言ってるヤツは言語とか論理が分かってないよね。

じゃ、お前さんの言葉で言語とか論理とやらがどんなものか説明してみろよw


685 :名無しさん@3周年:04/08/25 20:04 ID:QvL7+liK
>死後の世界の可能性について論じている人間はすべて「信じている」人間であるかのようだ

俺はそうは感じないな
普通に「あると信じている人の場合は」、という感じに見える
しかしあんたのIDかっこいいね

686 :名無しさん@3周年:04/08/25 20:12 ID:YQbn6bcV
>>684
ひたすら揚げ足取るだけか、見苦しい。
ここはお前が勉強するための場じゃないんだ。辞書でも引いてろ、なっ?

687 :名無しさん@3周年:04/08/25 20:17 ID:0qBufUTG
>>686
答えられなくなると相手を揚げ足取り扱いか。。。
それこそ本当の揚げ足取りって言うんだよw

688 :名無しさん@3周年:04/08/25 20:36 ID:xIyZgFO9
まてまて、そんなに言い争ってると地獄に落ちるぞw

689 :名無しさん@3周年:04/08/25 20:37 ID:W5B8eIVR
>>688
わかりやすい嘘をつくな。

690 :434:04/08/25 20:43 ID:3jR7m2oM
動物って、生き延びる為にそれぞれ身体に特技?みたいなのがありますよね
例えば、ライオンは強いとかシマウマは走るの速いとか、鳥は飛べるとか

人間は「脳」を与えられて生き延びて来たんだろうけど
でもね、、、あの、、よく考えてみたら・・・
人間に「脳」が無ければ弱いだけでナンの取り得も無くとっくに殺され絶滅してたはず
猿(猿人類)から脳をじょじょに発達させて生き延びてる間に絶滅してると思うんです

て事は、やっぱり人間って不思議じゃないでしょうか?
神様が創ったゎ考えられないでしょうか??

あぁゴメンナサイ、久々にレスして、
私はこんなにまだ死後の世界を肯定する根拠欲しさに書いてしまって
もし良ければ誰か、この内容に関してどうか、反論レスください。。
「死」が受け入れられなくてノイローゼです、病気だと思います
でも、精神科には行きたくないし、宗教にも絶対入りません。

691 :名無しさん@3周年:04/08/25 20:44 ID:HOP8tqtv
オレもなりて
揚げ足取り取り取りくらいまで

692 :名無しさん@3周年:04/08/25 20:46 ID:W5B8eIVR
>>690
http://life6.2ch.net/test/read.cgi/psy/1093169437/l50
よかったらここへ来て下さい

693 :名無しさん@3周年:04/08/25 20:48 ID:rTqpl5eG
死者のことは死者にまかせましょう。われわれはとりあえず生きていて、生を
きわめていないのだから。

694 :名無しさん@3周年:04/08/25 20:56 ID:B3PRS/S+
>>692
全然流行っていないですね。寂れたスレだこと。


695 :名無しさん@3周年:04/08/25 20:59 ID:W5B8eIVR
>>694
哀れんでくれても結構ですが、せめて私のスレでは反論を減らしたい。
基本的に人に逆らう2cherですが、どうすれば過剰な反論が減るのか
考えています。

696 :名無しさん@3周年:04/08/25 21:17 ID:kDnmsO99
>>690
合理的推論として、猿のDNAの脳をコードする部分を人間のそれで
上書きして誕生させれば一定時間経過後に自意識が生まれるだろう

で、猿の脳のDNAと人の脳のDNAは大して違わない。
脳の持つ観測機能が向上すれば、脳が脳自体の活動を意識するようになり、
自意識が生まれる。
DNAの配列に於いても、機能面に於いても人間とサル仲間に神の関与を
以てしなければ説明できないような断崖は無いように思うが?

697 :名無しさん@3周年:04/08/25 21:37 ID:gdPH+hgs
>>690
ちょいと考えてみた。
生物にはあまり詳しくないので穴があってもご容赦を。

まず、サルとヒトの共通祖先。
この時点で、脳は他の動物よりもかなり発達している上に、
サル並の敏捷さもあったと考えられる。
で、もともと樹上生活者だった彼らの一部は地上で生活しはじめる。
このときはそこそこ身体能力もあり、賢いので絶滅は免れる。
そのうち二足歩行するやつが出てくる。
二足歩行すると、当然身体能力は四足歩行の獣に劣るようになる。
が、自由になった前肢を使うことで脳が発達、二足歩行のハンディキャップを
空いた前肢と知能でカバーできるようになるので、絶滅せずに済んだ。

こんなところか。
つまり、「知能」と「自由な前肢」という長所が、極めて汎用性の高いものだったと。
あと、人間に天敵がいたとしても、捕食者が被食者を滅ぼすことは自然では稀なんじゃないかな。
ドードーなんかも人間が天敵を外から持ち込んだせいだし。
大抵は需給のバランスでうまく保たれるんじゃないかと。

698 :名無しさん@3周年:04/08/25 23:37 ID:QZU/enbS
死を恐れるときは小さな自分にこだわっているときだよ。
人の為に自分を殺して差し出してごらんよ。
そのとき一番生きている自分に気がつくよ。
さらに、隣に誰かがいて、決して一人で歩いているのでは
ないことを知るよ。はげめ。



699 :名無しさん@3周年:04/08/25 23:57 ID:PHo+GVYo
死後はどこへ行くのでしょうか?
http://www.mormon.org/learn/0,8672,1144-5,00.html


700 :名無しさん@3周年:04/08/26 01:13 ID:bVJtIf27
>>697
補足させてくれ。
アテネ五輪の100メートル男子9.85秒だったかな?
これって、ソウル五輪の時、便ジョンソンがドーピングで出した記録。
当時クスリ無しでは絶対出ない記録だった。
人間のポテンシャル侮る無かれだよ。
あと、テレビで見たチンパンジーの知力、意外とすごいね。
環境に適応していく早さにびっくり。
言いたいのは、脳の進化は決してのろくないということ。
サル程度なら、みすみす絶滅しないと思う。まして命がけの背景だからね。
それと、ニュースでみたが、ある動物園の一匹のサルが高熱出した後
2足歩行しだしたそうだ。


701 :434:04/08/26 02:06 ID:lODrQrPa
>696、697、700
ありがとうです、死後(生まれ変わり)を信じたいのは今も(コレは病気なので・・)変わらないけど、
猿→人間の件に関しては納得してしまったかもデス。。。
後はヤラセかもしれないですが、今日やるアンビリバボーの「恐竜時代に人類が生存していた」
を見てみたいと思います。。。。。

>692さんも誘導ありがとうデス、今の所、私は飯田氏の論説が気に入ってますが、
そちらのスレもゆっくり拝見してみたいと思います。

702 :名無しさん@3周年:04/08/26 09:30 ID:JSWTR1/P
アンビリは80%ウソです

703 :名無しさん@3周年:04/08/26 10:24 ID:Ag67cLLK
>>701
結局お前の確信なんてその程度のものだったんだ。
所詮は「今病気なので『信じたいから』」だろ。


704 :名無しさん@3周年:04/08/26 13:52 ID:bVJtIf27
>>703
まあまあ、そういってやるなよ。
宗教やってる人とか、ほとんどの人が同じような感覚で生活してると思うよ。
この問題は意外と手ごわい。
彼女?は弱さを認めてるだけ偉い


705 :名無しさん@3周年:04/08/26 15:51 ID:ucvVpOi4
>>704
まあまあ、そういってやるなよ。
自称無神論者とか、自称自然科学信奉者が同じような感覚で生活してると思うよ。
この問題は意外と根強い。
彼?は弱さを認めてないだけに偉い



706 :名無しさん@3周年:04/08/26 16:17 ID:dQ49BXIO
>>434
方向としては(・∀・)イイヨイイヨー

でもそんな不思議がることはないよ。
現に人間にならなかった類人猿も現在ちゃんと生き残ってる。
これが何よりもの証拠。猿は強かった。


君が言ってる脳ってのは大脳のことだね。

類人猿の中に二足歩行する奴出現
→重い頭を背骨でまっすぐに支えられるようになった
→さらに脳を発達させることができた
→“自我”が誕生し、道具を使うようにもなった
と言われてる。697と被るけど。

んでね、こういう進化を辿った猿は一種類ではなかったわけ。
当初は同じような「ヒト系動物」がいくつもいた。
我々が「猿人」「原人」「旧人」とか呼んでいるものだ。
ネアンデルタール人とか北京原人などは有名だと思う。

それが、なぜかは知らないが我々の祖先だけ生き延びて、繁栄した。
他の「ヒト」は淘汰され、絶滅してしまった。(だって今いないじゃん)
裏を返せば、我々ホモ・サピエンスの方が太古の昔に滅んでいた可能性もある。いくらでもあるんだ。

では、なんで生き残ったか?…そんなの誰も知らない。
我々の祖先がたまたま自然に適応できた、ぐらいにしか想像できないね。
とにかく、我々は今ここにいる。これは事実。

それをただの現実としてドライに受けとめるか、
いや「そんなの嫌だ」と宗教的な思考に逃げるかは、貴方の自由。
死後の世界についてもまた同じ。

707 :434:04/08/26 17:35 ID:LCHUky6N
703サン、、私、別にマジにそんなヤバい病気とかじゃなぃです。。。(汗;;
私は新興宗教が大嫌いなので、宗教にも救いを求めれない、ただ「死」が怖いヘタレです
でも死ぬのが怖いなんて日常考えてるなんてイッちゃってるのも分かるんで、、、、やっぱある種の病気ですね
「死」が怖いのは人類平等だと思いますが、ソレを受け止めれてる皆さんが凄い人だなと私は思います。

>>703サン
>結局お前の確信なんてその程度のものだったんだ。

飯田氏の論説は、前レスにも書きましたが、私は確信なんて出来てないです、
ただ飯田氏の論説は宗教絡みでは無さそうで、
坂本政道氏みたいに高額な金額をとられるセミナーみたいなのも飯田氏のモノにはナイので
個人的には、今私が見つけた中でゎ好感の持てる信じたい論説というだけで。。
むしろ私は飯田氏の論説にも、好きではあるにせよ疑問や辻褄の合わない矛盾点も感じていて
「生まれ変わり」があるのなら、人類の居ない恐竜時代に関してはどう説明つくの?と感じてました。
でもって、そんな疑問を持っていたある日、今日のアンビリバボーで「恐
テレビなんでヤラセだとゎ思うんですが、興味はあるので、見てみたいと思ったんです。

何度も同じ内容の書き込みスミマセン、ある種病んでるのは確かなんでゴメンナサイ。。。

708 :434:04/08/26 17:45 ID:LCHUky6N
>>706
要するに人間に進化したものと、猿として進化せず残ったものと・・etcという事ですよね
その説も、前に何かの映画で(スイマセン映画なんてチンケなもんで。。)見てたので706サンの説明も納得です。
でも、進化過程の化石はまだ発見されてないものもあるって聞いたんで、
『人間は神様が創ったんじゃないか!!!』なんて思ったんですが、
発見されたからこそ「ネアンデルタール人」だとか色々名前が付いてるんですよね。。
途中過程で何個か発見されてない化石があったとしても、マダラに見付かってるんだから、
別段不思議でもないですよね・・・
考えたら分かる事なんですよね。。ありがとうございました>>707さんm(__)m
あと、704,705さんもありがとデス。。

>>702
アンビリバボーが80%が嘘という事は、20%は本当のものもあるのかな??
でもどれが本当で嘘でどうなんて無知な私には何ら分からなぃです(汗
でも霊関連とかゎ嘘ぽぃのかな?と思ったりもします。

709 :名無しさん@3周年:04/08/26 18:43 ID:KLwPz/ol
臨死体験を超える『死後体験』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-form/249-7936671-0967547

否定派、肯定派の意見求む。
死後について薀蓄を垂れている諸君は当然読んでるよな!

710 :訃報:04/08/26 19:18 ID:bVJtIf27
キューブらロス死す。
誰かまだ電波受けてませんか?

711 :名無しさん@3周年:04/08/26 23:37 ID:KPoaHoH5
坂本政道さんの新刊『死の「壁」を超える SUPER LOVE』〜本物の幸福、愛とは?〜(ハート出版)は中々の圧巻。
ロバート・モンローシリーズのちょっとした抄録にもなっている。『死後体験V』も近々出版予定とのこと。


712 :名無しさん@3周年:04/08/27 00:49 ID:UbffYhLA
ここで、434のビリ場ボーの感想です
      ↓

713 :名無しさん@3周年:04/08/27 07:28 ID:bTJgbjzL
>>707
飯田史彦って人のHP見たけど、完全にやばいよ。
科学科学とたくさん書いてあるので、一見宗教と関係なさそうだが、
根拠が催眠術で前世らしい話をした人がいたというだけだじゃないか?

前世の話をする例をたくさん集めたらしいが、
その前世の話が、本当にその人の知らないことで、かつ曖昧な部分は全く無く、
完全に確認された例は、いったい何例あるんだろうか。


俺はもう死んで消えてしまいたいとおもっているので、
あなたがなぜそこまで死ぬのが怖いと思っているかが理解できないな・・・
でも、自分も地獄怖いと思ってた頃もあったけど。

お待たせしました。ここで、434のビリ場ボーの感想です
      ↓


714 :名無しさん@3周年:04/08/27 07:35 ID:bTJgbjzL
>例えば、50人の被験者に「空中に浮かんでください」と指示したところ、49人は失敗したが、
>1人だけは地上1メートルの所に浮かんだとする。
>この結果を見て、「50人中49人も失敗したのだから、人間が空中に浮かぶことができるとは言えない」
>(略)などと結論づけようとするのが、現在の否定論者の論法だという。
「いきがい」の夜明け(http://www.nnet.ne.jp/~edison/mylife/Lifeindex.html)より

まず、浮いたことを完全に確認してからにしろと言いたい。
上記の例えを使うなら、
「浮いた!!!!今、ものすごく一瞬、科学的な装置とかで確認できないけど、1億分の1秒間くらい、
1兆分の1ミリほど浮いた。完全に確認はできていない。でも俺は見た。」
・・・みたいなかんじか。


715 :名無しさん@3周年:04/08/27 07:37 ID:bTJgbjzL
大変長らくお待たせしました!ついに!ついに!ここで、434のビリ場ボーの感想です
      ↓


716 :名無しさん@3周年:04/08/27 11:30 ID:JIdgGVSS
>>713-714
お前の妄想も相当あぶないと思うが

717 :433:04/08/27 12:02 ID:UbffYhLA
>>713>俺はもう死んで消えてしまいたいとおもっているので、
あなたがなぜそこまで死ぬのが怖いと思っているかが理解できないな・・・

人生良いときと悪い時を経験してくると、
713風にも思えてくるな、プラマイゼロでもう良いやって感じ?
大変長らくお待たせしました!ついに!ついに!ここで、434のビリ場ボーの感想です
      ↓

718 :名無しさん@3周年:04/08/27 17:14 ID:eSU/5Ll3
目も見えず、耳も聞こえず、味もなく、匂いもない。
声も出ず、触れることもできず、動くこともできない。
考えることしか出来ない中で、自分というのは存在できない。
自分は自分のことを、家族、友人、そうした周りの人がいるからこそ。
道ですれ違うだけの人も、声しか聞こえない人も、自分の存在を
確かにしてくれる大切な人。

死後の世界っていうのは、自分が死んで残った人たちの記憶にあって
生前の行いで、その記憶の中の自分は、天国にも地獄にもいるんです。
生前の行いがよければ天国へ。悪ければ、地獄へ。

小学生の時、中野 新井薬師寺の和尚に言われた言葉です。

私にとっての死後の世界って、こういうことで、これはある。

719 :名無しさん@3周年:04/08/27 17:45 ID:zn8/uN5K
前世?
私には3日前の記憶くらいしかないのですが・・・
転生?
私は3日位先の予定で手一杯なのですが・・・

しっかりとした人生設計をしていないもので・・・

720 :名無しさん@3周年:04/08/27 20:40 ID:UbffYhLA
私は昨日の夢も思い打線よ・・・

721 :名無しさん@3周年:04/08/27 21:21 ID:sNdcpNKG
厳密には生まれ変わりということはない。
自己が統合していくということ。
だから死後の世界というより本源の世界。
そこからのミッション。
各ミッションで派遣されるパーツはそれぞれ違う。
だから生まれ変わりということは「ない」。
しかし、それは私自身の一部だ。
それらが分離と統合を繰り返す。

722 :名無しさん@3周年:04/08/27 21:23 ID:Sg73+gXB
死語の世界は(自然界には存在しないが)、信じている人の頭の中には存在する。
↑これ結構、結論に近いんじゃない?


>>718
そういう考え方好きだな。

まぁ殆どの場合、その残った人達も死んだら記憶の中の自分も消えてしまうわけだが。
だからこそ人は音楽・文学・スポーツ等の記録・研究論文などで自分が生きたという物的証拠を残そうとするんだよね。

723 :名無しさん@3周年:04/08/27 23:20 ID:gKLvaO+/
とりあえず...まぁアレだ...

後先考えてる前にシャバダバになるまで動けってこった...

724 :名無しさん@3周年:04/08/27 23:21 ID:1z6/pOW0
>だからこそ人は音楽・文学・スポーツ等の記録・研究論文などで
>自分が生きたという物的証拠を残そうとするんだよね。

研究論文をさ、音楽や文学、スポーツと同列に並べるってーのは、
音楽や文学、スポーツ等の芸術・文化に対して失礼だろ。
日本の大学の研究論文なんて学位のための・・・だし。
学位なんて、足の裏についたご飯粒。
その心は・・・取らないと気持ち悪いけど、取っても食えない。


725 :名無しさん@3周年:04/08/27 23:55 ID:sWQCMZhJ
>>724
その言い方もいい加減失礼だと思うのだが...
本当にその分野に関心を持って研究してる人に失礼だ。

726 :名無しさん@3周年:04/08/28 00:02 ID:PFL5BL8i
>>725
本当にその分野に関心を持って研究しているような人間が、
今の日本の大学にいったい何人いると思う?
俺は何で今の講座に籍を置いてるのか、つくづく嫌になるときがあるよ。
それとも研究費のための研究、学位のための研究って医学部だけなのか!?
他の学部はもっとマシなのか!?

727 :名無しさん@3周年:04/08/28 00:24 ID:rhXTlis7
>>726
医学系は知らないけど、理工系は結構そういう人多いよ。
物理が好きでしょうがない、みたいな感じで。
少なくとも俺の周りには多い。
なんとなく研究職に就いちゃう、なんて人もかなりの数いるんだろうけど。

文系の研究者なんかは本当に研究に従事したい人ばかりだと思う。
文系は院に行ったら学者になる人がほとんどだろうし。
そのせいで文系の院進学率が低いんだろうな。

728 :名無しさん@3周年:04/08/28 00:27 ID:54b67yV1
>>726
農学部でもあるよ。貧乏すぎて農水省からの補助金目当ての研究でも
やらないと、科研費だけではとても足らんらすぃ。
貧乏なのは役に立たない研究してるからだよ、と突っ込みたかったが
教授が怖い人だったのでやめといた。。
って思いっきり板違いだな⊂⌒~⊃。Д。)⊃

729 :名無しさん@3周年:04/08/28 00:42 ID:PFL5BL8i
>>727-728
サンクス。マジで道を間違えたかも知れないよ。

730 :名無しさん@3周年:04/08/28 00:48 ID:oRjO0FJA
>>726 728
それを聞いていたら、大学院やめなかったかもな〜。

731 :名無しさん@3周年:04/08/28 10:57 ID:xyhKdkDV
>>726
まぁその通りだな。国内の大学生は一部を除いてレベル低い。
…でも別に国内に話を限ってるわけでもないから。

その内容が優秀かヘタレかに係わらず、
とにかく物凄い数の論文が出されて歴史に刻まれてるというのは事実だ。

732 :名無しさん@3周年:04/08/28 12:57 ID:UmHfaivq

【海外】死者同士が結婚へ 「幸せな夫婦に」と遺族 南ア
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1093648820/


733 :名無しさん@3周年:04/08/28 13:36 ID:q/Bwm5k4
現実からの逃避

734 :名無しさん@3周年:04/08/28 14:43 ID:TVUxQ5Tc
話がズレてない?
結局、死後を信じる人の反論も何もないね

735 :名無しさん@3周年:04/08/28 15:02 ID:q/Bwm5k4
撲滅か?改宗か?目が覚めたか?

736 :名無しさん@3周年:04/08/28 15:10 ID:3D08OCGc
http://life6.2ch.net/test/read.cgi/psy/1093169437/l50
に逃げたんだよw

737 :名無しさん@3周年:04/08/28 16:23 ID:+a34i2yU
>>736
証明不可能なことを証明しろ証明しろの一点張りでイジメたからだよ。
証明可能な現象は物質として存在しているものに限られる。
死後の世界が物質以外の世界だとすると当然証明なんか出来るわけがない。
勝手知ったる自分の土俵に相手を引きずりこんで、
そこでコテンパンに叩きのめしてやろう、という意図がミエミエなのに、
あえてそんな火中の栗を拾うような物好きはいないということでもある。
結局、お前たちの戦略ミス。お前たちも連中同様、逃げてるんだよ。
何度も繰り返される言葉→同じ穴のムジナ、このひと言に尽きる。

738 :名無しさん@3周年:04/08/28 17:04 ID:q/Bwm5k4
勝利宣言

739 :名無しさん@3周年:04/08/28 17:12 ID:cAK8RS6C
>>718
寺へ出向いていって尋ねると皆そろって輪廻転生とか三途の川原とか
否定するんだよね。あれは方便だったって。

740 :名無しさん@3周年:04/08/28 17:19 ID:54b67yV1
時代に合わせて救済方法や信仰内容は変化するが、
それを担う宗教組織は一体性を保つ訳か お笑いだナ

741 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/08/28 17:20 ID:UtbnGkZR
>>718
それはそれで深い見方ではあるな。その人の心というのは何なのか、
と言う点が大事だが。

742 :名無しさん@3周年:04/08/28 18:13 ID:wCrf3EEO
>>741
>その人の心というのは何なのか、
>と言う点が大事だが。

そんなことを問題にしてるのではないよ。個は他との関連においてしか存在できない
という自明の理(縁起)を述べたに過ぎない。キリスト教徒には思いつかないことだ
ろうが。


743 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/08/28 19:04 ID:UtbnGkZR
だからウチは浄土真宗だってw 俺にとっては重要なポイントだな。

744 :名無しさん@3周年:04/08/28 19:27 ID:wCrf3EEO
>>743
あなたは他人の心が判る(説明できる)のか。自分の心さえ判らないだろう。
自分の心を判断するためには、別の自分が必要であり、その別の自分を判断
するためには、さらに別の自分が必要、と無限に連続するからだ。そもそも
自分の心を覗きこんで一体どんな社会的に有用な結果が得られる?

745 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/08/28 19:29 ID:UtbnGkZR
>>744
お前が「一人ぼっちは嫌だなぁ」って考えてるのは分かるw

746 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/08/28 19:33 ID:UtbnGkZR
>>744
そうだなぁ、禅語録や「バガヴァット・ギーター」、シャンカラの
「ウパデーシャ・サーハスリー」、とか。全部、カイシュツだけどw

747 :名無しさん@3周年:04/08/28 19:37 ID:wCrf3EEO
>>746
すぐに本に頼らずに、少しは現実に立脚して自分の頭で考える訓練をしたら
どうか。

748 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/08/28 19:39 ID:UtbnGkZR
一々書くの面倒だから、俺の考えに通じる著作を挙げてやってんのw

あと、ハイデガーの存在論的現象学、それからフロムの
「自由からの逃走」、えーと、レインの「引き裂かれた
自己」も挙げとこうかな。あれもそうだな、偽デゥオニュ
ソス・アレオパギタの「神秘神学」も結構、参考になる。
その他、諸々。

749 :名無しさん@3周年:04/08/28 19:46 ID:wCrf3EEO
>>748
あなたの考えはそれらの本からの借り物ではないのか。2chでは借り物の
考えは不用。

750 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/08/28 19:49 ID:UtbnGkZR
だから借り物じゃないってw

751 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/08/28 19:53 ID:UtbnGkZR
>>wCrf3EEO
>そもそも自分の心を覗きこんで一体どんな社会的に有用な結果が得られる?

>すぐに本に頼らずに、少しは現実に立脚して自分の頭で考える訓練をしたら
どうか。

は、矛盾してるだろ?w ようするに余り考えずに右倣えで家畜みたいに
大人しく暮らせって言いたいんだろ?w

752 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/08/28 19:59 ID:UtbnGkZR
>>wCrf3EEO
足りないアタマで幾ら考えても大した知恵は出ないぞ。
勉強しろ、勉強。

753 :名無しさん@3周年:04/08/28 20:01 ID:l1XreVXy
>>744
743ではないですが、西山浄土宗の檀家になると聞いた極一般的な日本人です。
他人の心は分からないが自分の心は分かる。
今こうして書き込みをしようとし思っているのが自分の心だ。
心は考える(思っている)ことその物でしょ。
知らずに涙が出るのは「心」というよりは「感情」。心とは少し違うと思われ。

754 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/08/28 20:06 ID:UtbnGkZR
そうだなぁ、敗戦後まもなく、禅学者の鈴木大拙が昭和天皇夫妻への
(説諭)公演で使った原稿を元に書き直した本でも挙げとくか。禅の心得
がないと、そんな簡単な本でもないが。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4831871117/


755 :名無しさん@3周年:04/08/28 21:50 ID:wCrf3EEO
>>752
勉強しろと言われるが(W)、

(1)「勉強=本を読むこと」ではない。
(2)本を読む場合には、常に現実と照合しながら、批判して読むべき。現実に
立脚しない思想や理論は、現実を突きつけられれば一発で吹っ飛ぶ砂上の楼閣に
過ぎない。
(3)日本人が大層あり難がる西洋の学者の殆どは、既にキリスト教の影響を受け
ている。このような一定の人為的観念を前提とした本を読んでも、あまり意味が無い。

756 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/08/28 23:25 ID:UtbnGkZR
「愚か者は経験から学び、賢者は歴史から学ぶ」、だそうだぞ。

757 :名無しさん@3周年:04/08/29 00:08 ID:Sxd5uSWu
スレ違いの議論してるように見えるんだが

758 :名無しさん@3周年:04/08/29 00:16 ID:HFD08tpI
もう、そろそろ・・・w
この件に関しては755のが分が良いね。
ライダー君は自身で消化した意見たのむよ。

759 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/08/29 06:21 ID:sNmeb4yH
>>757
世界観の問題さ。向こう三軒両隣の精神的視野狭窄では、
人生観も陳腐なものになりかねない。井戸の中の殿様蛙
ちゃんが増えるわけで。

760 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/08/29 06:37 ID:sNmeb4yH
それはもちろん、空間的な広がりについてだけではなしに、
時間的なそれについてもね。

761 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/08/29 06:39 ID:sNmeb4yH
ああ、エマーソンが懐かしくなって来る、、、

762 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/08/29 06:53 ID:sNmeb4yH
「学者は歴史を積極的に読むべきで消極的に読むべきでない。自分自身
の生涯を本文とし、書物はその注釈と見なすべきである。このように強
いられて、歴史の神ミューズは神託を告げるものである。しかしこれは、
自分自身を尊ばない者の絶対に聞くことのできないものである。とうの
昔、はるかにその名をとどろかせた人のしたことは、今日自分のしてい
ることより深い意義を持っているなどと考える人では、歴史を正しく読
もうとは私には期待できない」。(精神について・日本教文社)

763 :名無しさん@3周年:04/08/29 08:35 ID:Sxd5uSWu
>>759
人生観のスレじゃないのに。
せめて死後の世界にからめて話そうという姿勢を見せてくれよ

764 :名無しさん@3周年:04/08/29 10:11 ID:tuXWVQyD
牛のしりだけでは死後の世界を語るのは無理なのさ。

765 :名無しさん@3周年:04/08/29 14:01 ID:HFD08tpI
牛のしりって、どんな意味?

766 :名無しさん@3周年:04/08/29 14:06 ID:yFq4zXfx
>>763
死生観を知ることは人生観を知ることだよ

767 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/08/29 14:39 ID:sNmeb4yH
>>763
くれくれ君を発見しますた!

768 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/08/29 14:41 ID:sNmeb4yH
>>765
尻尾で払われるハエが文句言ってるんだと思うけど、

769 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/08/29 15:08 ID:sNmeb4yH
あーきらめましょう、あっきらっめまっしょう♪

770 :メルヘン犬男:04/08/29 18:40 ID:1G7Wq9NF
いやー,死後の世界に逝ってきました.けど,還ってきて思うのですが
『やっぱり,我が家が一番だね』

771 :名無しさん@3周年:04/08/29 21:57 ID:HFD08tpI
思考で理論を構築していく方法に対し、直観の閃きがあるよね。
閃きは思考でコントロール出来ない。
古くから瞑想というアプローチがある。瞑想で得られたビジョンを
思考で後追い証明出来るのだろうか。
西欧型に対する東洋型の脳の使い方で死後の世界を
検証するのもいい。どうだろう。

772 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/08/29 21:58 ID:sNmeb4yH
近代化するまで、日本人は輪廻やら極楽地獄を
普通に引き受けてたわけだが。

773 :名無しさん@3周年:04/08/29 22:28 ID:Sxd5uSWu
直感で得られた閃きや瞑想で得たビジョンっていかにも間違ってそうだなあ

774 :名無しさん@3周年:04/08/29 23:18 ID:tuXWVQyD
牛のしり=も(う)のしり

775 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/08/29 23:21 ID:sNmeb4yH
>>773
信じなくなければ、どうぞ。世界の共有はしません。


776 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/08/29 23:24 ID:sNmeb4yH
甘えてんじゃねえの?w

777 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/08/29 23:56 ID:sNmeb4yH
テメエがだらしなく生きたいからって、他人まで
だらしなくさせようとするのやめれ。

778 :771:04/08/30 01:40 ID:Uco0RBAf
死後の世界と言うわけではないが
瞑想状態で得られる世界観は興味深い。(教義宗教とはちがうもの)
そこに生きるのと理論思考で構築した世界観に生きるのと違う気もする。
例えばお金に執着した人生と楽しく生きる人生は違ってくるように。
脳の使い方で精神的には実質違う世界に生きられるのでは。

779 :名無しさん@3周年:04/08/30 10:37 ID:aRyfxxx+
>756
愚か者は経験から学び、賢者は歴史から学ぶのか。なるほど。
2chの歴史から学ぶに、君は夏厨であると思われ。
氏んどけ。

780 :名無しさん@3周年:04/08/30 14:22 ID:jEK6r1Iq
死後の世界に関係ない口論は他スレでやりなさい

781 :名無しさん@3周年:04/08/30 14:29 ID:uU4gemed
>>755
本を読まなかったら、物事の名前をどうやって知るんだろ。
死後の世界の本もしかり。

782 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/08/30 15:07 ID:tLW5tXv+
>>779
俺はこの板に丸二年いるんだが、お前こそ失せろw

783 :名無しさん@3周年:04/08/30 16:04 ID:jEK6r1Iq
死後の世界に関係ない口論は他のスレでやりなさい

784 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/08/30 16:21 ID:tLW5tXv+
分かり易く言えば、俺にとって死後の世界を否定するということは、
我々の生が永遠なるものとは何のかかわりもないものになる、とい
うことだな。

785 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/08/30 16:24 ID:tLW5tXv+
死ねば何もかも消えてしまうものを、わざわざ長生きしなければ
ならない程、俺にとって人生ってのは魅力的なもんじゃないのさ。

786 :名無しさん@3周年:04/08/30 16:34 ID:Uco0RBAf
なんかあったのか?

787 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/08/30 16:36 ID:tLW5tXv+
カミュの『異邦人』の最後の主人公の激白、知ってる?w
俺はあれそのままだった。

788 :名無しさん@3周年:04/08/30 16:37 ID:Uco0RBAf
忘れた。どうだった?

789 :名無しさん@3周年:04/08/30 18:31 ID:aRyfxxx+
>782ウザー
2年いるから何だと?
2年も引きこもってるんで、同情してくださいってことか?
>785ウザー
魅力ないなら、氏んどけ。
いいんじゃないか?無理に長生きしなくても。

そんなに自分のことを語りたいなら、livedoorでblogでもどーぞ。

790 :名無しさん@3周年:04/08/31 12:15 ID:WStY9q1W
窪図化って神なんですか?

791 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/08/31 12:38 ID:zTz9Vctc
ネ申かもなぁ。

792 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/08/31 12:40 ID:zTz9Vctc
>>788
うるせえよ。

>>789
>そんなに自分のことを語りたいなら、livedoorでblogでもどーぞ。

机上論で語るか、体験から語るかってことだろ。

793 :名無しさん@3周年:04/08/31 13:36 ID:RhoJfnYg
>792
体験は経験だよな・・・。
学んだからこそ、自分の言葉として語ってるんだよな・・・。
経験から学ぶのは >756


794 :名無しさん@3周年:04/08/31 13:38 ID:RhoJfnYg
なんつーか。
カミュでもサルトルでも何でもいいけど。
大昔のナルシストや引き篭りに、自分を重ねてる時点で
あなた結構、世間から浮いてまっせ。

死んでも失わずにいられるなら、今死んでも同じだろうよ。
死後の世界っつーのは永遠なるものなのか?
したら輪廻もクソもねーな。
死んですべて失うかもしれねーからこそ、
今この人生に価値があるんだろうが。
死後にこそ価値を求めてるんなら、今すぐ死ね。本望だろ。

死を美化して、そこに嘘の価値を求め、価値を見出した自分に酔って。
耽美派が泣いて喜びそうなセリフで自分を演出して。
バカだろ?
たしかにおまえにはムルソーがお似合いかもな。

死後の世界を夢見る前に、ドアを開けて出て来い。
おまえにとっては死ぬよりツライ世界だろうが、大丈夫だ。
怖くなったら、またドアに鍵をかければいいんだ。

つか長文だな。
逝ってきます orz

795 :名無しさん@3周年:04/08/31 13:47 ID:RLvNolv7
違うな。
死を直視してこそ、生は初めて意義あるものになる。
死を禁忌する生き方は、延期された自殺に過ぎない。

796 :名無しさん@3周年:04/08/31 15:03 ID:WStY9q1W
待ってました、K!

797 :718=779=789=794:04/08/31 15:16 ID:RhoJfnYg
>795
何が違うのかわからんが・・・(マジレス

死を直視するのと、死後を夢見るのは同じこと?
死は美化するもの?そのものに価値があるの?
それは、生を美化して、そのものに価値があると同じ意味だ。

いづれ来る現実として直視して、今を生きる。
それだけのことじゃないの?


798 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/08/31 16:25 ID:zTz9Vctc
>>794
今朝は朝一でバイクで飛び出して濃霧の中をぐしょぬれになって帰って
来ましたが?w

799 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/08/31 16:31 ID:zTz9Vctc
>>793
あー、はいはい。体験も大事にしますし、読書もしますよ。
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1079746414/95

800 :718:04/08/31 16:53 ID:RhoJfnYg
>798
せっかく逝くほど長文書いたのに、そんなレスかい・・・orz
想像以上にツマラン香具師だねえ。

死後云々よりも、さっさと学校に復帰してください。
深夜早朝にしか出かけないのは、けっこー重度の引き篭りらしいぞ。


801 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/08/31 17:06 ID:zTz9Vctc
>>800
お前、殆ど見ず知らずの他人のこと、適当にどうこう言うなよ。


802 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/08/31 17:10 ID:zTz9Vctc
ああ、それに俺は肉体労働者だ。今年で37になった(涙

803 :434:04/08/31 17:23 ID:7Miq5OQa
ここのトコ体調を崩し寝込んでた間にレスも急激に増え何か流れが分からなくなっててビックリ。。。
アンビリバボーはビデオ取ってますが、高熱で寝込んでた為まだ見てませんゴメンナサイ
意味ないレス付けてしまいました、ちょっとここ最近のレスの流れを読んでみます。。

804 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/08/31 17:45 ID:zTz9Vctc
>>800
そうやって、相手を良く見極めずに幾ら長文書いても無駄だよなぁ。
いつ、どこから迷い込んで来たのか知らないが。

>>803
君はもう、これ読んだ?
http://www.paperbirch.com/webber/webber26.html

805 :718:04/08/31 18:35 ID:RhoJfnYg
>801
殆どじゃないぞ、まったく知らない。
コワイコトイウナヨ.ドコカデミテルノカ?

>802
肉体労働者の割には、ほぼ毎日妙な時間にいますな。
ン?日雇いも肉体労働者か・・・?
アタシャ暇〜なWEB屋(31才)。ヨロスコ。

>804
>相手を良く見極めずに幾ら長文書いても無駄
禿同。勉強になりますた。
つか、いまさら自分を卑下なさらずに。そんな中途半端な。

人がスレタイを(少しは)絡めて書いてるっつーのに
その労力に多少は報いてくれよ orz


806 :メルヘン犬男:04/08/31 22:52 ID:1LgP9ms3
>>790
久保図化は 超合金戦士クボズカンです.

807 :名無しさん@3周年:04/08/31 23:59 ID:MIRy48Mr
もう、そろそろ・・・w
この件に関しては718のが分が良いね。
ライダー君は自身で消化した意見たのむよ。

808 :名無しさん@3周年:04/09/01 00:16 ID:9AXnTRew
>>804
あんまりにも難しい文章で、読んでも馬鹿な私には
一回じゃ理解し切れなかったので、
何回か読む必要があると思うんですが、
この知識?が頭に入っていれば相当なものだと思います。
これってどうゆう方向の文章なのか、もし良かったら教えて下さい。
生まれ変わりを肯定する方向の文章なのでしょうか?
処刑ライダーさんは、死後の世界肯定派ですか?否定派ですか?
ゴメンナサイ私が理解力に欠けてるんだと思いますが、
レス読み返しても意味があまり分からなかったので、
もし、面倒じゃなければ教えて下さい。。。

809 :758:04/09/01 00:27 ID:w+iONu5I
>>807
こら〜〜〜、おれの文体使ったな〜〜〜w

810 :名無しさん@3周年:04/09/01 00:49 ID:0OA8uxqC
そうするとこれも全部ネット上の事になるんだね。
経験とはどういう事か。まず死になさい。
それでわかるんじゃない?
昔死後の世界がどんなもんなのか知りたくて自殺したのいたじゃん。
彼は俺を含めたここにいる誰よりも生と死の事に
興味があったんだろうね。
怖いっていう気持ちももちろんあったんじゃないかな。
それ以上に興味があったっていうほうが強かったんだろうね。
私は死後の世界は肯定も否定もしない。
わからないが私の答えだと思われます。

811 :名無しさん@3周年:04/09/01 02:40 ID:w+iONu5I
>>434
皆でまってたぞw

>810は死後無になるのは怖いか?




812 :434:04/09/01 09:18 ID:HTwdnM4T
>>810
>経験とはどういう事か。まず死になさい。
>それでわかるんじゃない?
>昔死後の世界がどんなもんなのか知りたくて自殺したのいたじゃん。
>彼は俺を含めたここにいる誰よりも生と死の事に
>興味があったんだろうね。

生意気言って本当にゴメンナサイ>810
それって、「死」への興味を単純に持って病まない人と、
「死」がどうゆう物か分からない故に怖くて「死」を恐れて病まない人とは、
また別の様な気がします・・単に私が自殺も出来ないヘタレと言われればそれまでですが。。
811さんが書かれてる、まさしく「無」の状態(痛みも恐怖もない状態)に恐れています
ただ自分でも本当に闘病生活している方達からしたら何て贅沢物だと思われるのも分かってます
それでもやはり「無」自分の心がどうなるのかという事に関する恐怖は消えないです
体の衰えや病気への不安等とは別として・・・

813 :810:04/09/01 13:17 ID:ZnHYuixk
>>811
僕は死後の事を考えると楽しみだよ。
「無になる」ではなく無になるかもしれないだろうからね。
心霊を信じるわけではないけど実際カメラっていうフィルターを
通して色んなモン見ちゃってるから、そういうのもあるのかなとか考えたり。
友達にわざと絞め落としてもらったり。
恐怖はないって言ったら嘘かもしれないけど、僕はその恐怖も入れて楽しもうと
思ってるんだよ。生きてる物の最後のトリップとしてね。
そんな感じ。
>>812
無になるっていうのも確証じゃないでしょ?
そういう一つの考えとしてそこにあるっていうだけだと僕は思うんだよ。
医学的に死を考えてみたり、芸術的に死を考えたり、哲学的に死を考えたり、
宗教的に考えてみるのも僕は楽しくてしょうがないよ。もちろん、怖いのもあるけどね。
死ぬという事も考え方次第でどうにでも変わるような気がするよ。
そこに気持ちがどういくかはわからないけどね。
楽しくできたらいいよね。

814 :名無しさん@3周年:04/09/01 13:19 ID:pE2mJXfm
猿介

815 :名無しさん@3周年:04/09/01 14:30 ID:o00B2jVC
>>813
寿命で死ぬ場合、やはり「死ぬのが恐いー」と言って死ぬ人がいるらしいよ。
でも、全然恐くなくて死ぬ人もいるという。

816 :名無しさん@3周年:04/09/01 15:19 ID:w+iONu5I
死は実際よりもイメージの怖さかも
失う、一人ぼっち、閉塞感、闇、苦痛・・・

817 :434:04/09/02 15:56 ID:t/AbROGu
>>813
>死ぬという事も考え方次第でどうにでも変わるような気がするよ。
>そこに気持ちがどういくかはわからないけどね。

そうゆう風に楽観的な考え方羨ましいし、
そうゆう自己の考え方次第で死後の世界が変わったらいいですよね

>心霊を信じるわけではないけど実際カメラっていうフィルターを
>通して色んなモン見ちゃってるから、

そのお話、凄く面白そうですね!興味あります、良かったら聞きたいです
そうゆう物を実際に見ちゃったら、多分私も死後の世界はあるんだろうとゆう
自己確証的な気持ちになれると思う!
残念ながら霊的と思える様なことを今までに自分自身が体験した事が無いんだけど・・
何となく心霊スポットじゃないけど、前に京都に旅行に行き、「ウシノコクマイリ」←漢字ワカラナイ・・
の名所に観光で行った事があって、その時は物凄い寒気がして、奥まで入れませんでした
しかも、うっすら木に打ち付けられた藁人形とかも見えました
でも幽霊は怖いけど、体験してみたい様な気がします


818 :名無しさん@3周年:04/09/02 16:54 ID:StKNFP6n
あんた、どうしてもそーゆーの好きなんだねw

819 :434:04/09/02 22:55 ID:xQXHsRHs
>818
でも幽霊はやっぱ怖いです・・(汗;
でも居るかどうかの確証は持ちたいかな(汗汗;;

820 :名無しさん@3周年:04/09/03 08:37 ID:2J5L+NFs
怖い幽霊に出会うことを願うより
立派な幽霊に出会えることを考えた方がいいよ。

821 :718:04/09/03 10:52 ID:5URMFI0E
>434
「死」と「死後の世界」を同じに考えるのはどうかと思うんですけど・・・。
つか、死ぬのなんて誰でも怖いって。
怖い時期は誰でもあるって。普通だってそれが。

>810
あー、ちょっと親近感。
死後の世界否定派で、心霊現象否定派ですが、
目の前で女性が突然消えたり@神保町・東京とか
誰も乗ってない施錠済み車3台から同時に同じ曲が流れたり@中野・東京とか
ヘッドライトしかない珍走俗風味に囲まれたりとか@横浜横須賀自動車道とか
(名前忘れた)岬で足元が崩れる幻覚に男7人同時に号泣@北海道とか
いやもう、否定派です。

822 :718:04/09/03 11:00 ID:5URMFI0E
あ、死後の世界って考え方自体は否定しません。>718
いわゆる「死んだ後の人生(?)」みたいな死後の世界は否定。>丹波哲郎
つことで。

823 :名無しさん@3周年:04/09/03 12:53 ID:bE9fonHD
先日の「シックスセンス」見た?
なかなかでしたね。見事やられました。
あの感覚、アメリカなんかだと受け入れられそうな感じ

824 :名無しさん@3周年:04/09/03 14:13 ID:xEWbvMWX
にぽんでわうけいれられないといふことでつか?


825 :名無しさん@3周年:04/09/04 03:51 ID:yMdvvu1m
http://www.geocities.co.jp/Hollywood/1387/walkingtour.html

826 :名無しさん@3周年:04/09/07 22:27 ID:W+kxiOPD
2chで最も有名な末期癌患者、その名はいげろう。
http://etc3.2ch.net/test/read.cgi/intro/1093683672/

827 :434:04/09/08 17:30 ID:Y9LA2EhX
>>825
泣けた・・・これが本当だったらいいのにと思うました・・

828 :名無しさん@3周年:04/09/08 17:35 ID:98sSe74/
死んでそれで終わりだと、悲しいけれど
その続きがあると信じたい。
それから人間は進化するのだと・・。
こちらではそう言う話ばかり書かれて有る。
http://airw.net/newage/rank.cgi?id=marilyn

829 :名無しさん@3周年:04/09/08 17:47 ID:4I2xLWVk
文章がへんだぞ

830 :名無しさん@3周年:04/09/08 20:23 ID:v5w1KQ+E
個体としては終わりでも、種や文化は続いて行くべ。


831 :名無しさん@3周年:04/09/08 21:42 ID:w3vvQaMg
意識も残るべ。

832 :名無しさん@3周年:04/09/08 22:19 ID:kWcrbw78
死んだあとも生きていきたくはないので、死後の世界なんて無いほうがいいと思う。

833 :名無しさん@3周年:04/09/09 04:26 ID:vVseQ72v
それほど魅力ないものw

834 :ジロー:04/09/09 20:38 ID:5tv1b6Jf
いいかすべては 神 なんだ。
すべては神の作り出したRPGなんだ。
生も -死- も時間も宇宙もわれわれ個人の心で上演されてるゲームなんだ。
われわれはこのゲームをクリア(本当の愛とすべての至福を体験する)まで
幾千もの輪廻を繰り返すんだ。
だから死ぬと、また続きから始まるんだ、死んだときと同じような悩める環境に
また生まれるのさ。
そして、何千年もかけてこのゲームをクリアーしたとき、そういえば自分は神で
暇つぶしのために、このゲームをはじめたことに気づくんだ。

835 :名無しさん@3周年:04/09/09 22:09 ID:zGBULU/H
>>834
本来、宗教とはそのRPGの謎解きのための攻略本であるべきなんだが、
攻略どころかますますRPGを複雑怪奇なものにしてしまっているね。
RPGを一度もクリアーしたことのない人間が教祖をやっていたりしてね。

836 :名無しさん@3周年:04/09/10 01:29 ID:qwDwFV95
>>834
神の表現があまりにギリシャ神話的なのが気に食わんが
全体の流れとしてはいいだろう。

837 :名無しさん@3周年:04/09/10 01:43 ID:pka9hzsN
その攻略に呪文と紙切れが必要とほざく層化のような連中もいるわけだし、
まぁ、何でもありだな。むしろ、原始仏教のように、「何かが必要ではなく、
何がいらないかを考え、必要の無いものを徹底的に取り去る。実は宗教も、
神も、名誉もいらない・・・」というのが、神が与えた世の中の
攻略法のような気がする。

838 :名無しさん@3周年:04/09/10 01:53 ID:qwDwFV95
>>837
素敵!それ正解です。

839 :名無しさん@3周年:04/09/10 10:39 ID:lSSYSsQU
神が与えたとは限らんがな

840 :名無しさん@3周年:04/09/10 11:52 ID:zoSD/HfT
>>834
んだねw
神の定義が難しいけどコアのところでは分かってらっしゃるようだ。

ゲームなんだけどゲームのように冷たくてはいけなくて、
本気で優しさに目覚めなければ終わらないという難しいゲーム。
自分自身に対しては究極的に開き直んなくちゃなんないと。

>>835
低次元の宗教観(観念=執着)を高次元の宗教で何度も段階的に破壊して行くと。
全てはそうだと思ってるから私にとっては全てOK
これに当てはまらないことは何も無いと。

全ての理解。
全知全能。

841 :名無しさん@3周年:04/09/10 12:51 ID:qwDwFV95
まるでゲームと気付かぬほどのリアルなゲーム。
目が覚めるまで、まるで夢と気付かぬほどリアルな夢。



842 :ジロー:04/09/10 21:29:38 ID:tAswKJpN
でも、世の中に出ると、怒ったり、ビビったり、調子にのったりしてしまい
これが神のRPGだってことをすぐ忘れてしまう。
家になかでスピリチュアルな良書を読んでいるときのような心で、
仕事や人間関係をこなせたらなー・・
と、いつも思う。

843 :434:04/09/11 02:37:07 ID:GYX0buhz
みんな素晴らしい想像力ですね
なんか、トム・ハンクスの映画思い出した・・
題名忘れましたゴメンナサイ
自分の事は世界中の皆が観てて実はリアルなドラマだったという
でもこれって皆の主観からズレてます
・・・逝きます・・・

844 :名無しさん@3周年:04/09/11 02:44:52 ID:UYdubVlF
昔、満員電車でうんこ女がいました。
人身事故で停車してたとき,顔は真っ青でやばい汗ダラダラたらした女がいるんで、
気分が悪いのかなと思った。

その女,突然しゃがんでカバンに入っていたコンビニ袋を取り出したんで
ゲロを吐くと思ったよ。
そしたらなんのタメライもなくズボンとパンツを下げ、尻丸出しで
そのビニール袋に発射。。。

「ビチビチ ビチビチ ビチ〜」とその女の尻から
「ボサッ ボサッ ボサッ」と袋へ落ちる
悪臭と周りの人達の驚きの眼差し・・・そして罵声・・・。

その女は顔をあげずに・・・尻をポケットティッシュで拭き、
しゃがん だまま,約1時間そのままだった・・・
やっと電車が動いた時、
「よかったな、はやくうち帰って風呂入れよ^^」
ってやさしく声をかけてた人がいた。

その女は顔を真っ赤にして泣いてたよ。


845 :名無しさん@3周年:04/09/11 04:18:47 ID:MSqYrmZY
ええはなしや

846 :名無しさん@3周年:04/09/11 04:36:25 ID:XXIGTGmA
自分らにもない話じゃないよな
コンビに袋持ってなかったらどしたろ{{{{(+_+)}}}}

847 :名無しさん@3周年:04/09/11 05:39:14 ID:gmZ/0sYc
今は神経性の下痢で困ってる人が多くて
即効性の下痢止めがバカ売れしてる時代

人事じゃない
常に万全の備えが必要ってことだな

規則正しく時間に余裕を持って常に一歩先を読んだ生活を送らないとだめだな



848 :名無しさん@3周年:04/09/11 10:52:36 ID:fYNt16zJ
>843
それはtrueman showのことか?
だとしたらJim Carreyだぞ。

849 :名無しさん@3周年:04/09/11 13:09:37 ID:XXIGTGmA
そうだな

850 :名無しさん@3周年:04/09/11 13:12:14 ID:XXIGTGmA
>>844
そこから電車男?だっけ、あんな風には進まないのか?w

851 :名無しさん@3周年:04/09/11 23:49:54 ID:yUqP3Z+L
死は誕生と同じように,成長する過程で必要な段階なのです。

852 :名無しさん@3周年:04/09/13 01:06:31 ID:FzDUbVyU
何のための成長?

853 :名無しさん@3周年:04/09/13 10:40:54 ID:LGG9H1+Q
>>834
神→自然に読み替えるといい感じ。

自然は意志を持たないから暇つぶしも何もないけどな。

854 :名無しさん@3周年:04/09/13 12:44:45 ID:Etofbact
犬牛ゴキなんかにも、死後の世界があるのか?
そういう理屈で考えてるんだよな?
人間様なわけじゃないよな?

855 :名無しさん@3周年:04/09/13 12:51:24 ID:FzDUbVyU
イマジネーションで遊べないものに
現実以外の世界があるわけないでしょw

856 :名無しさん@3周年:04/09/13 18:00:21 ID:Etofbact
死後の世界はイマジネーションの産物ってことね。

857 :ジロー:04/09/13 21:12:02 ID:Bed5POYi
個人は神同様に永遠の存在何だってよ!
あなたも永遠の存在なんだ。

858 :名無しさん@3周年:04/09/14 01:08:36 ID:Udb4GlB+
子供を亡くした私にそんなこと言っても
現に目の前に不在じゃ、たわごとだわね。現実知らずの絵空事

859 :ジロー:04/09/14 17:38:57 ID:hXzCfDwT
>>858
大丈夫、その子には必ずまた会える。
魂はある程度のグループでかかわり会ってゆく、同じ魂と来世で友人や家族となる
可能性は高いらしいよ。

860 :名無しさん@3周年:04/09/14 18:56:17 ID:pnDsObjI
根拠がないことを言うな

861 :名無しさん@3周年:04/09/14 19:36:44 ID:EZeQRx2l
>859
あんた、自分で何言ってるかわかってんのか?


862 :名無しさん@3周年:04/09/14 21:08:08 ID:QbzK6plA
死後,ある時期になると,あなたの霊と肉体は再び合わされ,二度と離れないようになります。
これは復活と呼ばれています。
イエス・キリストの死と復活によって,復活が可能になりました

863 :ジロー:04/09/14 21:53:07 ID:hXzCfDwT
死後の世界を信じない人は死後の世界の認識もなく魂という感覚もなくまた輪廻するみたいです。
だから、死ねば解るよってわけではないのです。
頑固者は死んでも生きていると勘違いを続けるらしいです。

ある意味、個人は尊重され続けるのです。

864 :名無しさん@3周年:04/09/14 22:31:22 ID:9YUAv1vO
〜みたいですって誰から聞いたんだよ・・・。
ああ、聞きたくない教えてくれなくていい。
壁に向かって呟いててくれ。

865 :ジロー:04/09/14 22:34:46 ID:hXzCfDwT
解りました。私はこれからは壁に呟くことにするみたいです。さようなら

866 :名無しさん@3周年:04/09/15 03:38:45 ID:pPTbJUBR
なんか壁のむこうで呟き声がするんですが・・・

867 :名無しさん@3周年:04/09/15 08:26:00 ID:bQpzCito
そういえば、死んで終わりだと思うのが不安で、死んでも生きているのが
安心しますよね。
なのに、なんで終わりだと思いたがるんでしょうか。
みんな不安になりたいんですか?

868 :名無しさん@3周年:04/09/15 08:51:20 ID:sChDqQgE
>>863
だから、死ねば解るよってわけではないのです。
頑固者は死んでも生きていると勘違いを続けるらしいです。

夢をみているときに、自分は夢を見ているんだと分からないよね。
死後の世界なんて逝ったらなおさら分かるわけはないだろうなぁ。
無駄な知識かもしれないが知っていれば、役に立つこともある。
夢で自分の考え以外の知識を得ることは皆無のことからそう思う。



869 :名無しさん@3周年:04/09/15 08:56:30 ID:bQpzCito
あの世を見た、神仏と話したという夢がありますよね。
意味を色んな本で見たことがあるのですが、私が見た本では
全部「実際にあの世を見てきた」という内容なんです。

870 :名無しさん@3周年:04/09/15 11:43:43 ID:u5BbCtkm
>867
死ぬのは不安でも、死んだ後の自分については何も思わないが。
むしろ、自分が死んだ後、残った奴のことを考えると心配だ。
不安の意味がおかしいぞ。

>868
死んでから役立つ知識ってなんだよ(w
つか、あなたのそれは知識じゃないよ。

>869
ヒバゴンを見たとか、ツチノコを見たとか、UFOにさらわれたとか
実際に見たって本は大量にあるな。それが全部真実なのか?
まあ、信じちゃうのがいるから、出版されるんだろうしな。


死後の世界を語るにしても、宗教観とか倫理とか、そういうのは守れや。
単なるトンデモとかデムパは逝ってろ。

871 :名無しさん@3周年:04/09/15 11:45:22 ID:u5BbCtkm
>866
ワラタ


872 :名無しさん@3周年:04/09/15 13:01:04 ID:hpxDC6+0
何歳になっても、死は怖いもの
自分にとっては世界の終わりと同じように思える。
実際は種の継続・連鎖の途中のほんの一瞬の自分の時代にすぎないのに
この怖さが宗教や科学技術を発展させたのだろうが
自分を無くせないかぎり、やはり怖いものだろう
しかし自然に全てまかせれば良いだけなのだ。
自然に生まれてきたのだから
宗教とかカルトは信じられないが、
自分を無に出来れば怖さを超えられるのかと・・思案中
耐えられない人は宗教に行っても良いし、
耐えられる人は無と直面しつつ、楽しく人生を送れれば良い
私は苦しくても、後者でありたいと思っています。
そんなこと悩むのは人間の特権だと思うからです。

873 :名無しさん@3周年:04/09/15 13:06:28 ID:BBnjhPA5
死よりもネットで拾ったエロ動画、画像を死んでから見られるのが怖い。
あとは長期にわたって痛みで苦しんで死ぬのもいやだ。
死んで悲しく思ってくれる人がいなさそうなのもいやだ。

874 :名無しさん@3周年:04/09/15 15:24:59 ID:t1zOWYeJ
>>870
悪いが、いまは否定していたら永久に語れないことを話している。
批判しているわけじゃない。使う知識が違いすぎるんだ。
死んでからきっと役に立つ。死んだら終わりだと思っていては
語れないと思うが。

875 :名無しさん@3周年:04/09/15 15:27:52 ID:t1zOWYeJ
>>874補足
いいかたが悪かったかな。あなたを排除しようとしているのではありません。
死んだら終わりと思っていたら、この話は全部否定されてしまうので
語りようがないのです。
「数字なんて実在しない。数字という実体を見た分けじゃないから
かってに作るな」といっているのと同じです。


876 :名無しさん@3周年:04/09/15 19:17:45 ID:Lc9gSk/0
死後の世界が存在するか否かを語りたいんじゃなくて
存在するという前提で何か語りたいなら他にスレを立てなよ
スレタイをよく見てみな

877 :名無しさん@3周年:04/09/15 19:43:30 ID:O45Gsxao
>>876
クエスチョンマークですよ。
存在しないともいっていない。
まあ存在するつもりで語るのがいけないならここなんかいいかも。

あなたの信じる宗教の何処がいいか教えて
http://life6.2ch.net/test/read.cgi/psy/1095229813/l50

もしかして、結論を出してはいけないと言うんじゃないでしょうね。

878 :名無しさん@3周年:04/09/15 20:02:01 ID:u5BbCtkm
>874
言いたいことを曲解している。
死後の世界を否定してるわけじゃない。
語るなとも書いていない。

ジローみたいに、子供を亡くされた(かもしれない)方へ
配慮も何もないセリフを書くのはどうなんだ?
867みたいに、死ぬことの不安を1人称でしか考えることが
できないのは、どうなんだ?
869みたいに、トンデモ本をそのまま信じて語るのはどうなんだ?
868だって、夢の中で「これは夢だ」と認識することはあるし、
夢は自分の記憶の範囲での世界だ。その記憶を認識するから知識となる。
知識を得てるわけじゃない。

そもそも、死んだら終わりじゃない。
死んだ後も、いろんな形で残る。
記憶として、記録として、史実として、残る。
コレだって、死後の世界だ。

死後の世界を「自分が死んでから行く世界」と
「死んだ後も続いてる世界」と、どちらで捉えるかだ。

あんたらのは、単なるオカルトだよ。デンパだよ。

>877
ハァ?結論なんか出るわけねーだろ。


879 :名無しさん@3周年:04/09/15 20:59:34 ID:YqTGgtXw
もし、もしもだよ、このなかに真実を明確に語る人がいたとする・・
でも信じれるだろうか・・本当だと確信できるだろうか・・
所詮知識は知識だよね。心を研ぎ澄ます必要がありそうだ。
インドのエライ人がいっていた「真の宗教は体験である」と・・

880 :名無しさん@3周年:04/09/15 21:08:06 ID:YqTGgtXw
>>859
ブライアン・L・ワイズの本の受け売り。

881 :名無しさん@3周年:04/09/15 21:21:32 ID:9GYLoUw9
結論!!

死んでみなけりゃ解からない。

882 :名無しさん@3周年:04/09/16 00:24:03 ID:IIUphFv/
夢のなかでは、夢見ているとは解らないように
死んでみても解らないだろうとおもうぞ。

883 :名無しさん@3周年:04/09/16 00:30:46 ID:VGZZhFNz
>>882
夢は生命活動の一部です。
死は生命活動の終焉です。
死んだら何もわかりません。
死の向こう側は、無です。
こちら側から見えることは、それだけです。

それ以上のことは生きている人間に語ることは出来ません。

884 :名無しさん@3周年:04/09/16 01:00:29 ID:TYUrH4lM
>>883
肉体だけではなく霊体にも意識のメカニズムがあれば何もわからないということはない。

885 :名無しさん@3周年:04/09/16 01:51:00 ID:pPImgnK9
ということは皆過去に死んだことあるはずなのに
憶えてない。これは大して意味あることでない証拠。

886 :名無しさん@3周年:04/09/16 02:52:18 ID:BWuTZprq
>>872
禿しく同意。
同じ考え方の人がいてうれしい。…つーか全く同じだ。
普段は考えないようにしてるが、死について考えるときはいつだって怖いよ。


…おまいらは意識を失ったことがあるか?

漏れは昔、頭を強打して意識を失い、気が付いたらベッドに寝かされていたことがある。
寝てたわけじゃないから夢なんて見られるはずがない。
ただ、意識を失う直前までの記憶と気が付いてからの記憶があるのみ。
その間の数時間が自分の中で空白なんだ。(何度も言うが睡眠とは違う)
感覚、意志、時間、記憶…すべてがスパっと途切れている、まさに「無」。
自分の中にその数時間分の世界が存在しないんだ。(睡眠は「寝る」行為として自分が続いている)
これは怖い。

死は、この「無」の状態が永遠に続くということなんだよね。
気を失っただけなら、意識が戻ったあとに
「ああ、こことここの間は無だったな」とふり返ることができる。
しかし、一旦死んでしまえばそれもできない。無のまま。
「今、俺無だ!」と悟ることもできない。闇?闇を感じることもない。

あー怖ぇー

887 :名無しさん@3周年:04/09/16 04:04:40 ID:pPImgnK9
だって怖いって思うこともないじゃん。
恐怖ってイメージだよ。

888 :名無しさん@3周年:04/09/16 04:27:25 ID:ZMv4R74L
>>886
それは単に夢見ないで寝てただけなんだよ

悪いけど

あとは君の主観





889 :名無しさん@3周年:04/09/16 10:06:24 ID:4AsQQWSd
>>877
>ハァ?結論なんか出るわけねーだろ。

じゃあなんのために語ってるの

890 :全能神:04/09/16 10:27:44 ID:gWb7MYWe
あの世なんてないよ
はい終了

891 :名無しさん@3周年:04/09/16 10:34:20 ID:8QENlwOj
>889
ハァ?オマエほんとに>1読めやボケ

輪廻転生 先祖霊、カルマ 因縁 解脱 etc 全て金儲け主義といわれる宗教のよりどころ。
矛盾でいっぱいな事ばかり。こんなものに騙されない為にも 皆で一緒に考えましょう。

人生の不安を煽り、純粋な人達を取り込もうとする カルト、似非主教などにだまされるな。
またそんな 宗教の手先になって、信者勧誘などやめれ。。こんな気持ちでこのスレ立てました。

似非宗教、カルトに 取り込まれない人間を作ろう。 これがコンセプトです。
皆さんのいろんな知恵を貸してください。


意味を理解できたか?
大丈夫か?日本語上手か?英語がいいか?


892 :名無しさん@3周年:04/09/16 10:36:02 ID:sMVUDuNI
>>884
> >>883
> 肉体だけではなく霊体にも意識のメカニズムがあれば何もわからないということはない。

「霊体」も「霊体の意識のメカニズム」も「あれば」ですよね。

893 :名無しさん@3周年:04/09/16 10:38:05 ID:4AsQQWSd
>>879
そう、それが困ったところですよ。
体験が良いからって知識だけだとバカにしているひとがおおい。
体験と言っても、基礎知識がなかったら何が起こっているかもわからないのに。
体験するまで知識ゼロってわけにもいかないと思います。
信じるのが難しいんじゃなくて、理解するのが難しいんじゃないのか?
体験しなきゃわからないことが、なんでいますぐ理解できるんですか?

私には利害関係などにあわせてうなずいたり反論したりしていると言うより
ただ人に逆らっているようにしか見えません。

一方で体験しないとわからないからといって、全く考えないのもどうかと。
一生考えないで居られるわけがない。つまりお互いを繋げようと無理をしないことです。
繋がるとは限らないんですから。
>>882
寝ているときと死んでいるときは全く違う。
>>885
共通していること「今まで死んだことは覚えていない。」
覚えているほうがちょっと道を逸れたと言うことになっている。
覚えていない人はちゃんと道をすすんでいるという。



894 :名無しさん@3周年:04/09/16 10:43:14 ID:sMVUDuNI
>>886
たしかにそれは怖いよね。でも怖いと思うってことは
今生きているからなんですよね。永遠に意識が
戻らなければ怖いともなんとも思うこと無いしね。

895 :名無しさん@3周年:04/09/16 10:46:11 ID:4AsQQWSd
>>888に同意。
私も>>886と同じ経験があるよ。気がついたら病院にいたけど、
覚えていなくても全然こわくなかった。
覚えていないあいだに何かあるというのでしょうか?
あなた(>>886)のような人は何が恐いのでしょうか?
普通に考えたら、覚えていない間にあんなことやこんなことをされているとでも
思ってしまうのでしょうか。

あなたが気を失った人の目撃者だと仮定しましょう。
誰かが事故で気を失ったようだ。周囲はあなたしかいません。どうしますか?

896 :名無しさん@3周年:04/09/16 10:47:22 ID:8QENlwOj
俺も昔、池袋で後頭部を強打されて意識を失い、
気が付いたら身包みはがされて路上に倒れてたことがある。

服も財布もなんもなくて、「オレ今、無じゃん!」と思った。
いや、ネタでも煽りでもなく。思い出したので。

それ以来、池袋はガクガクブルブル

897 :名無しさん@3周年:04/09/16 10:53:26 ID:kzM7n1jd
俺は死後の世界は無いと思う。
天国など無い。あれは死ぬ前に脳内麻薬が見せる幻想。
だから人によって見えるものが変わる。
ドラッグキメてるのと一緒。地獄だの見えるのはBADと同じ。

でも生まれ変わりはあると思う。
否定派だったんだが否定出来なくなった・・・
スレ違いっぽいから書かないけど。

でもやっぱり無なんじゃないかって不安。
どう考えても死は怖いよ。何でここに居るのかも自分には
分からないのに。自分で死ねるほどの知能を持ったのは
人間にとっては失敗だと思う。

現世ってのはPCのフォルダみたいな物なのかもしれんな。
神様なる物体の生物育成ゲームの・・・

898 :名無しさん@3周年:04/09/16 11:03:10 ID:8QENlwOj
>897
死後の世界も、生まれ変わりも、誰かの不安や悲しみを
和らげたりできることもあるだろうから、その考え方自体は
イイ!と思うんですけどね。
盲信したり、オカルトやデムパの領域まで踏み入れちゃうとorz

自殺も選択肢の1つ。それは否定したくないです。
ただ経験上、その選択をしたことへの責任と、影響を考えてから
行動に移って欲しいです。
逃げの手段で自殺されると、ああもうorz

899 :名無しさん@3周年:04/09/16 11:06:47 ID:sMVUDuNI
>>897
死後の世界は無いと思っているのに生まれ変わりは
あると思うっていうのは矛盾してない?。生まれ変わりも
ある意味死後の世界のひとつだと思う。死後の世界があるとすればね。

自分の死後がどうなるか解らなくて怖いと思ったり
不安がある人は多いですよね。そういう不安や恐怖を
取り除くのが宗教の役割の一つでしょう。(あくまでも
役割の一つです。全てではありません。別に宗教を
薦めているわけでもありませんので、念のため)


900 :名無しさん@3周年:04/09/16 12:26:22 ID:kzM7n1jd
>>898
俺は生まれ変わりはオカルト電波の類だと思ってたよ。
でも俺自身に信じざるを得ない出来事があった。

裏が取れる前世の記憶は、何があるのか怖いよ・・・
多分これ以上踏み込んではいけない世界なんだろう。

今を一生懸命生きなければいけないって事なんだろうな。
今より過去が充実してたからこんな記憶を見るんだろう・・・
過去の記憶は甘美だから。

激しく電波スマソ。

>>899
まあ、そう言う考え方もあるか・・・
ただ宗教で言う天国なんて物は無いと思う。

実際俺は合ドラ関係で自分だけポツンと居る変な世界とか
肉体から魂が抜けた感じとか体験してるし。
臨死体験の天国談話の類は幻と思うよ。

901 :名無しさん@3周年:04/09/16 12:54:20 ID:pPImgnK9
>>900
あたしも研究のため試してみたい。合ドラ何使うのですか?
恐怖は記憶とかと連動して存在出来る物だと思う。
>>896
池袋ってドラマみたいですね。
ホントノことですか?

902 :名無しさん@3周年:04/09/16 16:57:34 ID:8QENlwOj
>900
過去+時間=現在だぞ。
過去より充実していないって考え方はネガチブ。
人生なんでも積み重ね。

合ドラ(w
良質MMの大量摂取か?(w
窪塚印のタバコの方が、体には優しいぞ。

>901
会えれば後頭部を見せたいくらいだよ。
殴られたところが、ちょびっとハゲてる(w

903 :886:04/09/16 17:46:27 ID:BWuTZprq
漏れの死への考え方は872とほぼ同じ。
気絶…の話は単なるおまけだから。
(>>888の指摘はその通りだと思うけど、
人間の意識という点ではその「夢を見ないで寝ている」状態がまさに死とほぼ同じ状態では?)

>>887
死んでしまえば怖い怖くないを感じることはないのはわかってる。
その何もない状態を今現在の「みんなある」状態から見ると、
そうなってしまうのが「怖い」。
まぁこれは個人の価値感の問題だ。

>>895
別に何かされるとかじゃなくて、
単純に今の自分が何にもなくなることが怖いだけさ。
いわゆる「生」への執着って奴だ。

904 :名無しさん@3周年:04/09/16 18:28:09 ID:8QENlwOj
死に対しての恐怖と死後に対しての恐怖は別物だと思いまぷ。

905 :名無しさん@3周年:04/09/16 21:27:12 ID:+N222E4S
時間、空間、に制限を受けるのは現世の肉体レベルのハナシでは?

もし、魂のレベル、そして解脱のレベルでハナシをするならば、
時間も空間も超越するのでは?

ゲームのキャラから、プログラマーになるのだから。

906 :名無しさん@3周年:04/09/16 22:30:46 ID:tEvmp7xK
>>901
止めておけ。
変な深みにはまる可能性あるから。
怪しげな宗教にハマっても知らんぞ。
宗教板住人は一般人よりその素質があるんだから・・・

>>902
リアルで空が飛びたくなる罠(w

907 :名無しさん@3周年:04/09/17 01:00:26 ID:GqLMiyD+
>>903
私の死生観に共感してくれて、ありがとう。
同じように感じてくれている人がいるだけで、とても安心します。
自分が無くなることって、やっぱり怖い、これは何が怖いのだろう
家族や友と会えなくなることか
おいしい食事も愛しい人とのなにも、すべて出来ないことか
そのレベルより大きなもののようだ
なぜなら、世界中の人がすべて死んで、自分だけがとり残された状態と
比べても、自分がいなくなる方がやはり怖いからだ
きっと本能レベルの恐怖があるのだろう。
生まれ出でたと同時に与えられたもののようで、
怖いのが当たり前・・なのでしょうね。
結局、当たり前のことに悩んでも仕方のない事
忘れて、元気よく生きて行きましょう。
お迎えが来たら、まあ、ちょっと考えるとして・・

908 :名無しさん@3周年:04/09/17 02:25:44 ID:ZJlj4A6j
>>907
434さんおひさしぶり!
すこしは元気でてきましたか?
皆心配してました。

909 :名無しさん@3周年:04/09/17 02:46:07 ID:GqLMiyD+
>>908
907(872)だが、
おいおい 人違いすんなよ
何のこっちゃ?

でも自分が無くなることを怖がらない人って、居るのかな?
なにが怖いの?なんて聞いてた人いたけど
そっちの方がよっぽど不思議だねぇ 903さん
この怖さは逆にいえば生きる願望の強さとも言えそうだし、
満たされない人生ゆえの未練ともいえるが
そのへんの差なのか、それとも
みんな宗教やってるのか、
自分は神の意志で召されるので怖くないとか
教えてくれ〜


910 :名無しさん@3周年:04/09/17 10:57:35 ID:praxyni1
死ぬのは、ま、しょうがないよね。
死ぬ間際になれば、こんな死に方いやずらぁとか思うかもしれないけど。
死にのはイヤだし、怖いけど、諦めてるというか。
歯医者に行くよりは、抵抗ないかな。程度の怖さ。

ただ、いつ逝くのかわからないのが、怖さ+1P
いつがわからないから、まぁできるだけ楽しく生きてようと思うです。

911 :名無しさん@3周年:04/09/17 12:40:07 ID:ZJlj4A6j
ホントノ恐怖ってのは一時が万事で、それまでにどんないい思いして来てても
関係ない。そんなものは夢のようなものだった、と気付かせてくれる位強烈なんだよ。
はっきり言うと、人生はその一瞬の恐怖のための待ち時間に思えるくらい。
時間的なものでなく、質(深さ、強烈度)的なもの。
その時ににアタフタしても遅い。よし来たか、ぐらいに受け止める準備がないとダメだ。
執着が強すぎれば底なしの地獄に思えるだろう。日ごろから執着を断ち切る練習するべし。
執着と恐怖はセットメニューです。

912 :名無しさん@3周年:04/09/17 12:52:45 ID:praxyni1
だとしたら、どんなに準備しても、そんなのは夢だったと思えるくらいのが
ほんとの恐怖なんじゃないかと。

執着と恐怖はセットメニューは同意。
つか、政治家みてると、つくづくそう思うね。

913 :名無しさん@3周年:04/09/17 13:24:44 ID:aC1LanrS
>>909
生物が死を怖がるのは、意味があってそうなっているのではなく、
たまたま「死を怖がる生物」が、自然淘汰によって生き残っているということだ。

これを逆に考えようとすると、死に意味を見つけなければならないが、
当然見つけることなどできず、適当にでっち上げることになる。

人間はパソコンと同じだ。
脳がCPUとメモリ、身体はマザーボードや各種のカード(ビデオやサウンド)と考えられる。

身体の一部が壊れてもその機能が使えなくなるだけで生き延びる可能性もある。
しかし、たとえば、脳が破壊されてしまったり、心臓や食べたものを取り込む機能などが壊れると、
生き延びることはできないだろう。
脳でも、一部使ってないところや、身体機能に影響のない部分なら破壊されても生き延びることもある。

このように考えれば、死後がうんぬんは出てこないだろう。
それとも、パソコンやテレビは、死んだら死後の世界に逝くのだろうか?


914 :名無しさん@3周年:04/09/17 14:03:59 ID:ZJlj4A6j
リサイクルで復活ヽ(´∞`)ノ 転生成功

915 :名無しさん@3周年:04/09/17 14:22:34 ID:sNATqlGz
おかたのキリスト教では死後の世界(いわゆる死者がいく霊界)はないことになっている
はず。

復活して肉体をもちこの世もかわる、という考えだから、死んだ状況ではないんだ。

916 :名無しさん@3周年:04/09/17 16:23:35 ID:praxyni1
リサイクルできるのは仮死状態と思われとか言ってみる。

>915
おかたって何?お方?

917 :XYZ(正教徒):04/09/17 16:41:23 ID:STUL1tMu
 正教会は脅迫などしない、正教会の考えは…

 ま、野暮だからいいや、訊かれたら答えよう。今は私の体験について。
死んでもおかしくない緊急手術と精密検査を一回ずつやったことあるけど、
前者は全く怖くなかったけど、後者はすごく怖かった。
前者のとき:「主よ、このまま永眠しちゃうんすね…」
後者のとき:「死にたくねぇ!…未練がある…」

 死ぬ時が怖い時と死ぬことが怖くない時があるということ、信仰のあるなしは
あまり関係ないのかもしれんと思った体験だった(よく聞く聖人の話とかは、
だからこそ聖人の話なんだなぁとつくづく感じもした)。

918 :名無しさん@3周年:04/09/18 13:35:18 ID:irf3pOxp
>>915
大方のキリスト教は「天国と煉獄」という形で存在することになっている。
(「霊界」という言い方はしない)
死後の世界を否定するのはエホバの証人だろう。

919 :名無しさん@3周年:04/09/18 14:22:38 ID:icXOTNch
>>913
頭の中だけでわかったつもりになっている典型的な・・・ってやつだな。

920 :名無しさん@3周年:04/09/18 16:24:42 ID:gjvUxyTE
>>919
でも、とりあえず基本的に物事を冷静に受け取る基礎は
出来てる人。
そうでない基礎的にふにゃふにゃが結構多くて困る

921 :名無しさん@3周年:04/09/18 16:42:18 ID:3oTehfP8
>>918

キリスト教では、復活するんだから、死ではなく生。
一回死ぬのだから、死後とはいえるが、また生きるのだから
「死後の世界」というのは、あまりにも否定的なトーン
が強すぎて適切な表現ではない。

ちなみに、煉獄は主にカトリックで、大方とはいえない。

922 :XYZ(正教徒):04/09/18 17:25:00 ID:tyzJGv4S
>>921
 うん。ウチにも煉獄という考えはない。

923 :age:04/09/18 18:42:48 ID:gjvUxyTE
>>922,921
でその時は今の記憶とか持参でつか?

924 :名無しさん@3周年:04/09/18 18:51:54 ID:QnqFbH5Q
輪廻転生 先祖霊、カルマ 因縁 解脱 etc 

925 :名無しさん@3周年:04/09/18 19:57:56 ID:Qc6/JofE
なるほど。これでハッキリした。
‘必死’になって死後の世界を否定していたのはキリスト狂関係者だったわけだ。

926 :名無しさん@3周年:04/09/18 20:44:07 ID:wbUP0fAv
年老いた僧が山に籠もって下界との関係を断ち、修業しながら静かに死を待つ。
宗教的な教義などもろもろを抜きにすれば、生への執着を出来る限り減らして死の恐怖を和らげようという
至ってシンプルなことだったのかもしれないね。


>>925
(゚Д゚)ハァ?

927 :名無しさん@3周年:04/09/18 20:52:43 ID:uAsldheX
>>925
カルトが別のカルトを非難することで、自分たちへ批判の矛先を向けさせないようにするための常套手段。


928 :名無しさん@3周年:04/09/19 12:38:06 ID:eMIOa2p/
なんで自分と違うこと言うとムカつくのかね?
自分が信じてることが正しいのかね?
自分が自分がって結局自分が
気に入った神様しか認めないんだから
自分が神様なんだねプププ

929 :名無しさん@3周年:04/09/19 13:17:01 ID:3gZE8e35
あたかも自分は無神論者であるかのように振る舞い、“科学的”であることを装ってはいるが、
実は死後の世界を認めない教義を持つ宗教を信仰している工作員が監視し続けているわけか。

930 :名無しさん@3周年:04/09/19 15:06:48 ID:nNLu5l3a
>>929
(´,_ゝ`)

931 :名無しさん@3周年:04/09/19 18:19:41 ID:ZPk8jzcN
>>929
その通り。俺が前から指摘してただろ? だから連中は‘必死’なわけw

932 :名無しさん@3周年:04/09/20 00:48:56 ID:E+8+avyR
死後を認めないだけ立派じゃねえか、そこまでは

933 :名無しさん@3周年:04/09/20 02:16:21 ID:Adx15bXq


・どんなに不利な情報が出てきても、自分の主張が絶対に正しいと信じて疑わない
・科学も宗教の一つだ!と意味不明なこと言い張り宗教を正当化しようとする
・科学的根拠で何か否定されると「科学は万能ではない」と言いだして認めようとしない
・そもそも科学がどういう種類のものかわかっておらず、そこらの宗教と似たようなものだと勘違いしている

934 ::04/09/20 02:28:03 ID:nodkwsu7
とキリスト狂関係者が吼えておりますw

935 :名無しさん@3周年:04/09/20 02:31:26 ID:nodkwsu7

『レッテルを貼り、思考停止に陥る』

         ↑
カルトを端的に表現するとこのようになりますw

936 :名無しさん@3周年:04/09/22 00:24:15 ID:FVvmpH16
だれか燃料補給しろよ

937 :名無しさん@3周年:04/09/22 21:52:11 ID:70oYyGYR
>>921
「煉獄」という言い方はミスにしても、
大方のキリスト教が「天国」を肯定しているのは事実だろう。


938 :名無しさん@3周年:04/09/23 01:28:51 ID:l39E7kd3
そうだね

939 :名無しさん@3周年:04/09/24 02:35:05 ID:Pp+BPxdO

盛り上がらないな・・・
               そうだな・・・
      /ヽ  ,
    /´  `´ |      /ヽ_____/l 
    '、      ,l      /     '、
  / ̄  ,_,..ノ        l      l
  /    '、       _,ゝ    _,.ノ
 /    , ヽ     l´      `ヽ
 |    /`ヽ、`'‐‐-、 _|        |
 l   '`   ` ̄_,.' ヽl i     / l, 、
  ヽ、__,. -‐ '' ´   .ヽ`' |     l.,_,! /
              ヽ '      /
               `、.,____  ,. ′





940 :名無しさん@3周年:04/09/24 03:55:09 ID:8icdTR93
神はサルビアです

941 :名無しさん@3周年:04/09/25 22:42:28 ID:38Obg31s
まあ、なんだ。
幽霊がいると思ってる輩はめでたいやつだな。
いると思って逝ったはいいが、何もなかったらあぼん〜
で終わり。

「見た」と主張する人間は幽霊という実体のない存在を、ただ脳がそういった場所で
うっすらと浮かべた恐怖の概念によりイメージとして具現化しただけの存在なんだ。
幽霊が「いるいる」とちょっとでも思っているとちょっとした自然の動きでさえ
あたかもそこに現れたかのように錯覚してしまう。
それが、人間が言う幽霊の正体。
脳の齎すメカニズムが、そう見せているだけ。
つまり、人間は死ぬと無に帰り、幽霊という存在にはならない。これで解ったかな?

はい、―――――――――終了―――――――――!!
くだらないスレ立てるな

942 :名無しさん@3周年:04/09/25 23:18:24 ID:/9N1cMAX
某ブログより

カルト全面礼参と、科学万能主義は、同じですね。科学万能主義をひけらかす人々は、
よく、「現代科学で証明されていない」ことを理由に、ある特定の現象や論理、仮説を拒みます。
しかし、こういう考え方は、実は、オカルトを全面的に信奉する人間と、全く同じ視野しか
持っていないことに、気が付いていません。
ユングの「シンクロニシティ(意味のある偶然の一致)」や、量子論の仮説「多世界解釈」、
人類学における仮説や、進化論における「棲み分け理論」などは、「現代科学」では証明されていません。
しかし、論理的に考えた時、あるいは、現象を丹念に検証した時、それは「証明はされていないが、
存在を否定する理由も見つからない」ことがほとんどです。
現代科学で証明されないかぎり、それは認められない、というのは、一方の偏狭な「依存」的考え方であるので、
私は、こういう「科学の仮面をかぶった」依存も、どうかと思います。

 
>>941の馬鹿は燃料投下の投稿なんだろうが、昨日たまたま見た上記のブログを
思い出してしまった。


943 :名無しさん@3周年:04/09/25 23:30:13 ID:1VfFHsBa
どうでもいいがユングのシンクロニシティはもうオカルト畑の人間しか引き合いに出さない気が
丹念に検証して統計学的に有意かつ原因が不明と認められるシンクロニシティが
見つかったことはないらしいしな

「それが一番自然に説明できる」なら多世界解釈だろうと人類学の仮説だろうと
受け入れたるけど、シンクロニシティは他に自然な説明があるのに
これぞシンクロニシティ!と言い張ってるのくらいしか見たことねぇ

944 :名無しさん@3周年:04/09/26 00:12:20 ID:niYy6Kii
>…見つかったことはないらしいしな
>…と言い張ってるのくらいしか見たことねぇ

では説得力に欠けるな。

ところで>>942の文章はタカイチアラタっていう人のブログのものだが、
このスレに来る直前にそのブログサイトに俺が居て、まさにその文章を読んでいた、
というのは、シンクロニシティではないのかな? 
それに対してどんな説得力ある“自然な説明”ができるんだろうか。


945 :名無しさん@3周年:04/09/26 01:05:36 ID:SHvsYFsf
同じような時間帯に広い2chの数ある板の中でも心と宗教板に来て
数あるスレの中でも同じスレを覗くような人物たちは
趣味嗜好やネット上での行動傾向が酷似していると言える
その中に、また別の場所でそのスレと雰囲気や趣旨が似ているような
同じサイトを見る二人の人間がいたとしても、驚くにはあたらないのでは

946 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/09/26 02:26:56 ID:WNQGprMF
意図的に俺に敵対することの意味を、余り軽く考えない方がいいぞ。

947 :名無しさん@3周年:04/09/26 03:35:56 ID:hR/UPA2s
めずらしいじゃん、とにかく乙↑

948 :名無しさん@3周年:04/09/26 11:48:17 ID:CZr+3jp3
死後の世界があるかないかは分からないけど、日々の生活に多大な影響を与えてまで、死後の世界について
過度に意識する必要はないと思う。宗教団体の中には、カルマとかの概念でほとんど脅迫みたいな所も
あるみたいだし。死後の世界の存否に関わらず、特定の宗教を信じて特定の行為をしてないと地獄に落ちる
なんてことはナンセンスだから無視した方がいいと思うよ、じゃないとこれまでの人類のほとんどが地獄に落ちてる
計算になる(その宗教団体が発足する以前の死者たち分で)

949 :名無しさん@3周年:04/09/26 13:53:41 ID:A599HtEA
>>945
自然な説明ではないな。そういうのをこじつけというのだ。

950 :名無しさん@3周年:04/09/26 18:20:02 ID:SHvsYFsf
なぜ「自然な説明ではない」と結論できるのかな?

951 :名無しさん@3周年:04/09/26 19:31:02 ID:5SJkE6BW
>950
取ってつけたようなコジツケだからだろう。
さて、自然な説明とやらを聞かせて貰おうか。

952 :名無しさん@3周年:04/09/26 20:31:12 ID:SHvsYFsf
なんとなく取って付けたようなコジツケと感じるから、かい?
そんな主観的な理由で切り捨てるのは無理がある

953 :名無しさん@3周年:04/09/26 23:00:53 ID:gCtQ+VO5
>>952
主観的な理由と一方的に断定するあたり、充分に主観的ですな。
そんな主観的な理由をもって詭弁をなす人物に公平かつ客観的な意見など望むべくもない。
(という主観的な理由に基づく私の断定。)

954 :名無しさん@3周年:04/09/27 02:37:36 ID:AaFqqdiQ
結局>>950に回答していない。断定にいたる論理的かつ説得力のある
説明をしていない。それが主観的理由と断定するに十分な根拠だが?
その説明をすれば主観的のそしりを退けられるかもしれんよ。

もっとも死後の世界は科学的に説明できそうなもんじゃないし、
出来たとしても定説が無いので膨大な報告をまとめなきゃならん
どうせ結論はでない。議論が面白いんだけどね。
他の板でも罵り合いにしかなっとらん。

>>948の言う通り死後の世界が有るのか無いのかYesかNoか
はっきり答えるのは宗教ではない。科学の領域だ。宗教の求める物は
YesかNoかで答えられる物ではなく幸福に至る為の根本的な考え方だ。
これは以下の事と同意だが、ちょっと説明を加えた。

>特定の宗教を信じて特定の行為をしてないと地獄に落ちる
>なんてことはナンセンスだから無視した方がいいと思うよ

宗教は考え方であって科学的真実ではない。宗教的真実だ。
今の科学で扱えないのはアイデンティティに関するので有る事ないし無い事を
前提に理論展開する者が多すぎて議論にならんのだ。

955 :名無しさん@3周年:04/09/27 03:21:48 ID:AaFqqdiQ
>(という主観的な理由に基づく私の断定。)

しまった。余計な追い討ちをしたらしい。見落としてた。申し訳ない。

956 :718:04/09/29 19:43:57 ID:Z0CwcugI
また処刑ライダー出てきたよ。
夏休み終わって静かになったと思ったのに。
と、思ったら日曜日に書き込んでるね。

おまえに敵対することに、どの程度の意味もないわな。
自意識過剰なんじゃない?

957 :名無しさん@3周年:04/09/30 02:28:27 ID:8Phg8mSw
そこで処刑ライダーが反撃↓

958 :名無しさん@3周年:04/09/30 13:01:40 ID:bdx9X2RL

横浜300

も 66-47

↑当て逃げ犯です。

959 :名無しさん@3周年:04/09/30 13:07:45 ID:VXhmy/Ls
がんばれ処刑ライダー↓

960 :名無しさん@3周年:04/09/30 15:04:48 ID:6IkHME4R
>>942
死の世界とか幽霊とかは証明以前に有効な仮説すら出てないし。

宗教者の科学叩きって痛いすぎだな。

961 :名無しさん@3周年:04/09/30 16:14:01 ID:tvGChvyq
“宗教者”が叩いてると本気で思ってるんなら、そっちのほうが痛すぎだなw

962 :名無しさん@3周年:04/09/30 16:23:52 ID:Vm5JO9bH
「死後の世界は存在しない」って事が分かれば、もう世の中がめっちゃくちゃになるよ。
天国も地獄もないと知れば、悪い事やりたい放題だ罠。
なんせ悪い事しても地獄へ堕ちる心配がないだろw

よって、死後の世界は存在する!!

963 :名無しさん@3周年:04/09/30 17:05:36 ID:4TYgftI4
>死の世界とか幽霊とかは証明以前に有効な仮説すら出てないし。

では、有効な仮説すら出ていないということのソースを提示してみたまえ。
それとも、有効な仮説すら出ていないと思いたい、という君の願望に過ぎないのか?
もしも君の願望にしか過ぎないのであれば、それこそ非科学的な主張だ。
科学を舐めるんじゃないよ。正統な科学にとっては君のような人間こそ大迷惑だ。

964 :名無しさん@3周年:04/09/30 17:07:35 ID:4TYgftI4
ひと言で「有効な仮説」と言うが、この場合の「有効」とは何をもって
「有効」と定義するのか? あわせて提示せよ。

965 :名無しさん@3周年:04/09/30 19:10:15 ID:hp2xhQhF
>>962
「大地震が起こると街がメチャクチャになるから大地震は起こらない」

966 :434:04/09/30 23:29:49 ID:TlIlCnnE
本当に良スレなんでここにリンクするのかどうか迷ってるんですが、
赤ちゃんのいる母親が子供に、「産まれる前何処いたの?」
と聞くと、3歳までに聞くとみんな「お空の上」と答える所は共通してるんです
でも3歳を過ぎるとそういった記憶も話した記憶も消えるんだそう
そういった体験談の書き込みをしてるスレが2チャンにあります
みんな、お母さんを選んで来るんだそうです
いきなり変な話してごめんなさい
その板は電波な板でも宗教絡みの板でもないので、本当ぽくて

でも赤ちゃんが生まれる前だから、死後じゃなくて前世って事になるのかな?
皆さん、どう思われますか?ROM専ということでリンクした方がいいでしょうか?

967 :名無しさん@3周年:04/09/30 23:37:14 ID:6IkHME4R
>>963
異義の唱え方がおかしい。

「有効な仮説が出ていない」という主張に反論するならそっちが“有効な仮説”を持ってくるべき。
「有効な仮説が出てないソースを示せ」ってアホですか?
どんなソースだよ、それは…

968 :名無しさん@3周年:04/09/30 23:41:19 ID:EQymnxw9
是非リンクしてください。

969 :名無しさん@3周年:04/09/30 23:56:28 ID:6IkHME4R
例えば>>966の話だって、
「全国の3歳児2000人に公正なアンケートをとって*割がそう答えました」
ってのなら、十分に信頼に値するデータとなる。

しかし、熱心に存在を主張してるわりに、そんなことをする人がいない。
それは、調べると不利になるのがわかってるからだ。
だから、「体験談」とかいうあやふやなものを掻き集めて「存在してるかのように、ほのめかす」ことしかしない。

970 :名無しさん@3周年:04/10/01 01:03:07 ID:AVUjkwZz
てst

971 :434:04/10/01 01:36:59 ID:qC1x3MjJ

あの・・・リンクしてもいいんですが、一つだけ約束してくれますか
生意気言って申し訳ないんですが、絶対にそこは書き込んだり荒らしたりしないって約束してくれますか?
そこのスレは、オカルト的なことは嫌いながらも、説明できない不思議な現象に関して書き込まれてて
本来のスレ目的は、赤ちゃんが胎内に居た時の記憶を、3歳までに聞き出そうという趣向だったんですが、
何故か赤ちゃんは、胎内はおろか、産まれる前の記憶を話すという体験談なんです
でも2〜3才の間に話すチャンスがあるみたいです
それまでに話さないと駄目みたい
でも生前と言っても前世の記憶でも無くて、空の上からお母さんのお腹に降りてくる時の記憶なんです

972 :名無しさん@3周年:04/10/01 01:42:21 ID:jhRgfBtn
>それは、調べると不利になるのがわかってるからだ。

ほい来た。これもお前の願望。なんでそんなことがわかるんだ?ソースを示せよ。
でソースを示せないと、>>967のように詭弁を使って逃げる。アホですか?
「体験談」とかいうあやふやなもの? だったらどうやってデータを集めるんだよ(笑)
結局、始めに結論ありき、のお前のような馬鹿が「科学」「科学」と強調するんじゃないよ。
まともに「自然科学」に取り組んでいる人間にとって大迷惑なだけなんでね(冷笑)。

・・・このようにID:6IkHME4Rのような完全に論理破綻をきたしている自称・科学「的」な“僕ちゃん”こそ、
実はオカルト変態擬似科学を延命させている元凶なのであります。


973 :名無しさん@3周年:04/10/01 01:46:21 ID:AVUjkwZz
そのスレとかで相談した方がいいかも。
ここは一応議論にはなってて罵り合いまでにはなってないからマシだとは
思うけど。
心配だったら意味の有るレスをコピペするだけに留めるという手もある。

974 :名無しさん@3周年:04/10/01 02:09:57 ID:IsTLQo6D
三歳児まではアニミズムの世界だよね。
大雑把に言えば、自他が混ざっていて検証能力もない。
ぬいぐるみのクマさんだって話す世界だ。
夢の中にいるようなものだろ。
大人の世界で扱う証拠としては弱い気が。
薬物で誰かのお告げを受けたとか、臨死時に神を見たとかと
同じでないかな。

975 :名無しさん@3周年:04/10/01 02:12:27 ID:z7mv08Tc
b

976 :名無しさん@3周年:04/10/01 02:21:20 ID:l65+E2vK
>>974
では、まず、

>三歳児まではアニミズムの世界だよね。
>大雑把に言えば、自他が混ざっていて検証能力もない。
>ぬいぐるみのクマさんだって話す世界だ。
>夢の中にいるようなものだろ。

これを証明しなければならんな。どうして不用意にそんな断定の仕方ができるのか?
そこを時間をかけて丁寧に詰めていくのが科学というものだ。
性急に結論を下そうというあらゆる衝動はカルト宗教に通じるんだよ。

977 :名無しさん@3周年:04/10/01 03:21:50 ID:fk6P5Kvd
三歳児には検証能力があるかないかの他に、2chの書き込み内容が
信用できるのか否かという問題もある

978 :名無しさん@3周年:04/10/01 04:08:05 ID:D5upQrXG
二言目には、証拠を示せ、証明しろ、といつもながらのワンパターンだか、
どれだけのものを示したところで、はじめに結論ありきの馬鹿は納得などするはずもない。
あれこれへ理屈を捏ねてはケチをつけるに決まっている。
馬鹿は死ななきゃ治らんのだよw

979 :名無しさん@3周年:04/10/01 04:08:48 ID:D5upQrXG
さてと、そろそろ1000取りに取り掛かるか

980 :名無しさん@3周年:04/10/01 04:09:19 ID:D5upQrXG
980

981 :名無しさん@3周年:04/10/01 04:09:59 ID:D5upQrXG
屁理屈野郎はくたばれ

982 :名無しさん@3周年:04/10/01 04:12:12 ID:JiBn1KYf
本当はラエリアンなんだろうが。あ?

983 :名無しさん@3周年:04/10/01 04:12:51 ID:JiBn1KYf
てめえこそカルトのくせに

984 :名無しさん@3周年:04/10/01 04:13:29 ID:JiBn1KYf
生意気なんだよ

985 :名無しさん@3周年:04/10/01 04:14:07 ID:JiBn1KYf
ゴキブリ野郎!

986 :名無しさん@3周年:04/10/01 04:15:20 ID:ejmofT1z
986

987 :名無しさん@3周年:04/10/01 04:15:58 ID:ejmofT1z
987

988 :名無しさん@3周年:04/10/01 04:16:35 ID:ejmofT1z
988

989 :名無しさん@3周年:04/10/01 04:17:12 ID:ejmofT1z
989

990 :名無しさん@3周年:04/10/01 04:22:16 ID:IsTLQo6D
>>976
幼児については其れなりに学説也もそろってるのでは?
そこから始められないんじゃ、なんともな。
一言居士は嫌われるぞ


991 :名無しさん@3周年:04/10/01 04:22:41 ID:aHpOX8xm
1987.7.26.

992 :名無しさん@3周年:04/10/01 04:23:49 ID:aHpOX8xm
>>990
何が一言居士だ。ゴキブリ野郎はクダバレ!

993 :名無しさん@3周年:04/10/01 04:24:54 ID:aHpOX8xm
>>990
だったらその学説とやらを説明してみろ、ゴキブリ野郎

994 :名無しさん@3周年:04/10/01 04:25:38 ID:aHpOX8xm
1976.4.8.

995 :名無しさん@3周年:04/10/01 04:26:56 ID:pKOW/7Xp
468578^6373687

996 :名無しさん@3周年:04/10/01 04:27:34 ID:pKOW/7Xp
9425-45^486568365

997 :名無しさん@3周年:04/10/01 04:28:12 ID:pKOW/7Xp
9258-04^68536356

998 :名無しさん@3周年:04/10/01 04:29:23 ID:iENctIld
40592-40962-46942

999 :名無しさん@3周年:04/10/01 04:30:00 ID:iENctIld
294868^58^25892^46863983-36366

1000 :名無しさん@3周年:04/10/01 04:30:34 ID:iENctIld
くたばれ!

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

306 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)